Return to Video

チャネリングとチャネラーの真実

  • 0:01 - 0:02
    スピリチュアルの世界へようこそ
  • 0:02 - 0:05
    それは混沌とした世界です。
  • 0:05 - 0:07
    多くの人が異なる意見を持ち
  • 0:07 - 0:09
    それぞれが食い違っています。
  • 0:09 - 0:14
    何が正しくて間違っているか…見極めるのはほぼ不可能です。
  • 0:14 - 0:16
    異なった意見がたくさんありますからね。
  • 0:16 - 0:20
    チャネラーによって、異なる視点が持ち込まれると
  • 0:20 - 0:22
    この混乱はさらに複雑化します。
  • 0:22 - 0:24
    そういった理由もあり
  • 0:24 - 0:26
    私は、あなたが体験している混乱のいくつかを
  • 0:26 - 0:28
    取り除いてみたいと思います。
  • 0:28 - 0:32
    今回説明するのは、チャネリングとチャネラーについてです。
  • 0:36 - 0:40
    タイトル「チャネラーとチャネリングの真実」
  • 0:41 - 0:45
    この宇宙に存在するものすべては、意識(コンシャスネス)で成り立っています。
  • 0:46 - 0:48
    存在するものすべてがそうです。
  • 0:48 - 0:50
    それが意味することは興味深く、
  • 0:50 - 0:54
    技術的には、すべてをチャネリングすることが可能ということです。
  • 0:54 - 0:57
    メソッド俳優が知っていて、多くの人が知らないのは
  • 0:57 - 1:01
    彼らは個人の「ものの見方」に囚われていない…ということ。
  • 1:01 - 1:05
    他の意識にアクセスすることを邪魔しているのは
  • 1:05 - 1:06
    たったひとつであり
  • 1:06 - 1:09
    それは自分が自分であるという認識です。
  • 1:09 - 1:11
    メソッド俳優が知っているのは
  • 1:11 - 1:14
    実際に「意識」を取り込むことができる…
    ということ。
  • 1:14 - 1:17
    別の誰かや何か、
    まったく自分とは異なる意識です。
  • 1:17 - 1:19
    それには、自分自身の意識と視点を手放します。
  • 1:20 - 1:22
    キャラクターに深く入り込むことができるので
  • 1:22 - 1:24
    自分自身との結びつきがなくなります。
  • 1:25 - 1:27
    ひどく陰惨で悲劇的な役を引き受けた後
  • 1:27 - 1:31
    俳優が亡くなってしまうことがあるのは
  • 1:31 - 1:33
    そういった理由です。
  • 1:33 - 1:35
    この事象が起こるとき、
  • 1:35 - 1:38
    その人は役の振りをしている訳ではありません。
  • 1:38 - 1:41
    振りをしているというのは、頭を使って想像しています。
  • 1:41 - 1:44
    「他のものになるのはどういうことだろう」と。
  • 1:44 - 1:46
    何か別のものを体験している振りをする時は
  • 1:46 - 1:49
    自分自身の意識のフィルターを通しています。
  • 1:49 - 1:52
    メソッド俳優がするのは、このフィルターを完全に取り払うこと。
  • 1:52 - 1:56
    意識的に憑依されることを選択しています。
  • 1:56 - 1:59
    自発的な憑依という形をとります。
  • 1:59 - 2:01
    彼らがやっているのは、別の意識の流れに
  • 2:01 - 2:04
    自分の身体が乗っ取られることを
    許しているのです。
  • 2:04 - 2:07
    ラジオと同じように、ある周波数が流れる
  • 2:07 - 2:11
    チャンネルに自身を解放します。
  • 2:12 - 2:14
    メソッド俳優はそれをするのが上手いのですが、
  • 2:14 - 2:17
    なぜかというと、彼らは時として自分という認識を
  • 2:17 - 2:20
    掴むのが非常に下手だからです。
  • 2:20 - 2:23
    ある意味、彼らにとって
    損失となり得るのですが、
  • 2:23 - 2:27
    キャリアの点から言うと、大変な利点です。
  • 2:27 - 2:30
    彼らはこのプロセスが容易であると認識していますが、
  • 2:30 - 2:31
    ここで言っておきたいのは
  • 2:31 - 2:34
    誰もが実際にできるということです。
  • 2:34 - 2:38
    しかし、多くの人は自分と完全に一体感を持っているので
  • 2:38 - 2:40
    そのことが、できない理由となってしまいます。
  • 2:40 - 2:43
    意識的なチャネリングを別の言葉で言えば
  • 2:43 - 2:45
    意識的な憑依ということになります。
  • 2:45 - 2:47
    憑依なんて聞くと、人々は非常に
  • 2:47 - 2:49
    心地悪くなると知っていますし、
  • 2:49 - 2:52
    別に選んでいないのに、そういったことが起こる
  • 2:52 - 2:54
    という意味も含んでいますよね。
  • 2:54 - 2:57
    とはいえ、憑依とチャネリングには
  • 2:57 - 2:59
    明確な区分けはないのです。
  • 2:59 - 3:02
    チャネル/チャネラーと私たちが呼ぶ人の中には
  • 3:02 - 3:03
    メソッド俳優のように
  • 3:03 - 3:08
    自身としての認識を手放すプロセスに長けており、
  • 3:08 - 3:10
    完全にオープンな空間を作り、
  • 3:10 - 3:13
    自分の身体をラジオのように用いて
  • 3:13 - 3:17
    ある周波数に流れているチャンネルを受信します。
  • 3:17 - 3:21
    彼らは敢えて憑依されることに熟練しています。
  • 3:21 - 3:23
    厳密には、先ほども言ったように
  • 3:23 - 3:26
    この宇宙に存在するものは、すべて意識でできているので
  • 3:26 - 3:29
    存在するものすべてをチャネリングすることができるのですが、
  • 3:29 - 3:32
    スピリチュアルな分野で語る場合には
  • 3:32 - 3:35
    ある特定のことを意味しています。
  • 3:35 - 3:37
    アブラハム・ヒックスのようなチャネリングや
  • 3:37 - 3:39
    ジェーン・ロバーツ&セス
  • 3:39 - 3:41
    ジェイジー・ナイツ&ラムサ
  • 3:41 - 3:43
    リー・キャロライン・クライオンなどです。
  • 3:43 - 3:46
    このようにスピリチュアルな分野で、チャネリングについて語る場合
  • 3:46 - 3:48
    何を参照しているかということ
  • 3:48 - 3:52
    人類の目覚め(アウェイクニング)のため
  • 3:52 - 3:55
    特定の存在(エンティティ)や特定のグループ意識を
  • 3:55 - 3:58
    チャネリングしている人を指します。
  • 3:58 - 4:01
    お分かりの通り、彼らがチャネリングしている存在が
  • 4:01 - 4:05
    肉体を持たない存在または
    グループ意識であるならば
  • 4:05 - 4:08
    当然これらの意識の流れは
  • 4:08 - 4:11
    高次の次元に存在します。
  • 4:11 - 4:14
    であるならば、実際、物理的な時間と空間現実にいる私たちよりも
  • 4:14 - 4:17
    彼らはより客観的な視点を持っているということになります。
  • 4:17 - 4:21
    そう言った意味で、彼らは私たちに貢献できる
    大変貴重な視点を持っています。
  • 4:21 - 4:24
    彼らの意見やものの見方を知ることが
  • 4:24 - 4:27
    良いことだと言える理由は
  • 4:27 - 4:29
    高い波動の視点だからです。
  • 4:29 - 4:32
    さらに彼らが伝達してくる
  • 4:32 - 4:36
    波動を聞くだけで、
    心地がいい理由となります。
  • 4:37 - 4:40
    利点があるということだけでなく
  • 4:40 - 4:43
    チャネラーやチャネリングについては
  • 4:43 - 4:45
    いくつか理解しなければならないことがあります。
  • 4:45 - 4:48
    さもなければ、彼らの話を聞くたびに
  • 4:48 - 4:50
    混乱の世界に陥ってしまうでしょう。
  • 4:51 - 4:54
    1、チャネリングされた意識というのは
  • 4:54 - 4:58
    チャネリングしている人間の意識によって限界があります。
  • 4:58 - 5:01
    ある意識がある伝達経路(チャネル)を通る時は
  • 5:01 - 5:05
    必ず改変されます。というのも、翻訳機を通過するからです。
  • 5:05 - 5:07
    優秀なチャネラーというのはシンプルに
  • 5:07 - 5:09
    改変を最小限に抑える人です。
  • 5:09 - 5:12
    彼らはクリア・チャネルと呼ばれます。
  • 5:12 - 5:13
    考えてみてください、
  • 5:13 - 5:16
    時間と空間が存在する次元を
  • 5:16 - 5:19
    超えた場所には、言語が存在しません。
  • 5:19 - 5:22
    意味をなさないのです。
  • 5:22 - 5:25
    言語を通してコミニュケーションするには
  • 5:25 - 5:27
    自分を何かから切り離して、
    自分自身を認知する必要があります。
  • 5:27 - 5:32
    それだけでなく、この地球上にも言葉の問題があります。
  • 5:32 - 5:36
    何か別の言語を翻訳することを
    考えてみてください
  • 5:36 - 5:40
    スワヒリ語を英語に翻訳することにしましょうか?
  • 5:40 - 5:43
    それを考えると、地球外の言語を
  • 5:43 - 5:46
    英語や他の言語に翻訳する時の
  • 5:46 - 5:49
    問題点が見えてくるでしょう。
  • 5:49 - 5:53
    典型的な例を一つあげれば、聖書があります。
  • 5:53 - 5:57
    聖書が書かれた当初の言語に注目してください。
  • 5:57 - 6:00
    英語に翻訳された時、酷いことになりましたね。
  • 6:00 - 6:03
    なぜかといえば、イエスについて人々が語るとき
  • 6:03 - 6:06
    「神の息子」と言いますが、
  • 6:06 - 6:08
    理解されていないのは
  • 6:08 - 6:10
    その文化的における「息子」の意味で、
  • 6:10 - 6:12
    「延長」を意味します。
  • 6:12 - 6:15
    同じようなことを例にするなら、画家が絵を
  • 6:15 - 6:18
    自分の延長と思うようなものです。
  • 6:18 - 6:21
    なので、言うならば、翻訳的には
  • 6:21 - 6:25
    「私は神の創造または延長だ」
    ということになります。
  • 6:25 - 6:28
    「私は神の直接的な息子だ」と
  • 6:28 - 6:32
    私たちが英語で考える「単体の子孫」という意味ではありません。
  • 6:32 - 6:36
    全く異なる12の次元が存在する宇宙において
  • 6:36 - 6:41
    言語は大体、5次元で崩壊します。
  • 6:41 - 6:43
    そして、チャネリングされる存在の多くは
  • 6:43 - 6:47
    6次元またはそれより高い次元の意識です。
  • 6:47 - 6:51
    であれば、それらの存在によって発信された
  • 6:51 - 6:52
    情報を伝達する言葉を
  • 6:52 - 6:56
    なんとか探し出せたとしても
  • 6:56 - 6:59
    マッチング・ゲーム以上のものではないということです。
  • 6:59 - 7:01
    その概念の周波数に一番似通って
  • 7:01 - 7:04
    振動している言葉を探す、ということになります。
  • 7:04 - 7:09
    分かってもらいたいのは、これは非常に制限を受けているということ。
  • 7:09 - 7:12
    さらにもし、チャネラーが固定化された考えや
  • 7:12 - 7:15
    固定化された複数の信念を持っていれば
  • 7:15 - 7:19
    チャネラーが処理し、翻訳する能力は
  • 7:19 - 7:23
    抑制されてしまうのです。
  • 7:23 - 7:27
    例えば、聖書の概念に囚われている人は
  • 7:27 - 7:30
    チャネリングを通して受け取ったものすべてを
  • 7:30 - 7:34
    聖書的な解釈というフィルターを通してしまいます。
  • 7:34 - 7:36
    それは時間と空間現実を通しての理解です。
  • 7:36 - 7:38
    大分制限されていると思いませんか?
  • 7:38 - 7:41
    さらに、チャネリングについては
  • 7:41 - 7:43
    改ざん/ごまかしが大きな問題です。
  • 7:43 - 7:47
    もしもあなたが特定の答えを得ることに、やっきになっていたら
  • 7:47 - 7:49
    その答えに合うような何かを
  • 7:49 - 7:50
    チャネリングすることになるでしょう。
  • 7:50 - 7:53
    その答えが真実であろうとなかろうと
  • 7:53 - 7:55
    これらの意識存在によって答えを与えられます。
  • 7:55 - 7:59
    ですから、チャネラーというものは、生きた翻訳機だと理解する必要があります。
  • 7:59 - 8:02
    単に、ある人は他より優れていています。
  • 8:02 - 8:04
    素晴らしいチャネラーになるには
  • 8:04 - 8:07
    永続的で固定化された概念を持たないよう、
    気をつけなければなりません。
  • 8:07 - 8:11
    そして、自分が持っている認識になんども
    足をすくわれることを許容せねばなりません。
  • 8:11 - 8:14
    自分のものの見方を押し広げ、自分が何者であるかを手放す
  • 8:14 - 8:16
    エキスパートにならなくてはいけません。
  • 8:17 - 8:19
    相反する考えによって
  • 8:19 - 8:21
    矛盾する波動を持たないほど、思考に空きがあり
  • 8:21 - 8:25
    自己認識を簡単に手放すことができる人間を
  • 8:25 - 8:28
    ある意識存在が選んだとしても
  • 8:28 - 8:31
    さらにクリアな伝達経路になるためには
  • 8:31 - 8:34
    受け取った意識にマッチするよう
  • 8:34 - 8:37
    自らの意識を高めるなど
  • 8:37 - 8:39
    個人的にたくさんの努力をしなくてはなりません。
  • 8:39 - 8:41
    その波動を保つためにもです。
  • 8:42 - 8:44
    チャネリングされたものと
  • 8:44 - 8:48
    実際に伝達されたものを純粋に保つには、
    それしか方法はなく、
  • 8:48 - 8:51
    伝達されたものを概念として
  • 8:51 - 8:54
    チャネラー自身の限られた知覚的現実に
  • 8:54 - 8:56
    押し込めてしまわないよう注意せねばなりません。
  • 8:56 - 8:59
    2、人々はこのように思う傾向があります…
  • 8:59 - 9:01
    チャネリングされた実体やスピリットガイドは
  • 9:01 - 9:03
    高次元の存在ですから、
  • 9:03 - 9:07
    いつも究極の視点を保持しているので、
    いつでも正しい…と。
  • 9:07 - 9:08
    しかしこれは当てはまりません。
  • 9:08 - 9:12
    私はこれから話すことは、この遥かなる宇宙において
  • 9:12 - 9:14
    一部の人を不安にさせることだと思います。
  • 9:14 - 9:16
    ですが、知っておかなくてはなりません。
  • 9:16 - 9:19
    高次元にいるこれらの存在は
  • 9:19 - 9:22
    いまだに意識を有しています。
  • 9:22 - 9:24
    いまだにアイデンティティを持っており、
  • 9:24 - 9:27
    いまだに視点があります。
  • 9:28 - 9:31
    その意味するところは、彼らの視点は実際には
  • 9:31 - 9:33
    客観的な見方ではない可能性があるということです。
  • 9:33 - 9:36
    それは彼らにも動機があることを意味します。
  • 9:36 - 9:39
    融通がきかない視点があることを意味します。
  • 9:39 - 9:42
    変わる余地がある場合もない場合もあります。
  • 9:42 - 9:47
    人間と同じく彼らにも、ものの見方があるということです。
  • 9:47 - 9:51
    であるばらば、次元を超えた存在でさえも
  • 9:51 - 9:53
    スピリット・ガイドを含めてですが
  • 9:53 - 9:55
    ものの見方に制限があるということです。
  • 9:55 - 9:57
    彼らも自身の意識を同様に
  • 9:57 - 9:59
    拡張する過程にいるということ。
  • 9:59 - 10:01
    彼らの拡張がもたらされるのは
  • 10:01 - 10:06
    誰か他の人の人生経験を
    導き教えることによります。
  • 10:06 - 10:08
    多くの場合、彼らは単に私たちより
  • 10:08 - 10:11
    さらに高次元の客観的に優位な位置からものを見ます。
  • 10:11 - 10:13
    ですから彼らの視点にはとても価値があるのです。
  • 10:13 - 10:17
    ですが、彼らの視点よりもさらに客観的な意識が
  • 10:17 - 10:20
    存在しないという訳ではありません。
  • 10:20 - 10:23
    例えば、現代の平均的な幼稚園児は
  • 10:23 - 10:25
    アリが有するよりも、全般的に拡張した
  • 10:25 - 10:28
    世界認識を持っている、ということができます。
  • 10:28 - 10:31
    が、宇宙に存在する他の存在ではなく
  • 10:31 - 10:33
    人に限って言ったとしても、
  • 10:33 - 10:35
    平均的な幼稚園児が有するより
  • 10:35 - 10:38
    今日の世界をより理解し、拡張した意識を持つ
  • 10:38 - 10:40
    多くの人間がいることは明らかでしょう。
  • 10:40 - 10:43
    チャネリングされたものを聞く理由は
  • 10:43 - 10:47
    それらが、平均的な人間よりも
  • 10:47 - 10:51
    もっと広い視点を持っているからですが
  • 10:51 - 10:53
    だからといって、
  • 10:53 - 10:56
    彼らは限定的に物を見ることはない
  • 10:56 - 10:59
    と考える罠に落ちてはなりません。
  • 10:59 - 11:01
    言い換えるならば
  • 11:01 - 11:04
    宇宙に存在する意識にはレベルがあり
  • 11:04 - 11:06
    様々な物の見方があり
  • 11:06 - 11:10
    スピリット・ガイドやチャネリングされた存在も
  • 11:10 - 11:13
    我々がアリを見るのと同じように、それぞれの視点を有します。
  • 11:13 - 11:15
    それは限られた視点です。
  • 11:15 - 11:19
    3.なぜ多くの存在が11次元の意識から
  • 11:19 - 11:21
    やってくるのかを知ることです。
  • 11:21 - 11:23
    しっかり理解しなくてはならないのは
  • 11:23 - 11:26
    11次元の意識を理解すること。
  • 11:26 - 11:28
    そして、11次元の意識を
  • 11:28 - 11:31
    物質的な人間に伝えた場合に起こる問題を
  • 11:31 - 11:34
    理解しなくてはなりません。
  • 11:34 - 11:36
    あるエンティティまたはグループエンティティが
  • 11:36 - 11:39
    11次元からやってくる時、
  • 11:39 - 11:41
    彼らには特定の物の見方があります。
  • 11:41 - 11:43
    そしてそれは、低い次元の視点を
  • 11:43 - 11:45
    無価値にする視点となります。
  • 11:45 - 11:47
    11次元の意識にとって
  • 11:47 - 11:49
    死というものは存在せず、
  • 11:49 - 11:53
    時間や空間も存在しません。
  • 11:53 - 11:56
    痛みは完全な幻想です。
  • 11:56 - 11:59
    11次元のものの見方では、統合する意味はないのですが
  • 11:59 - 12:01
    それは彼らにとって、
  • 12:01 - 12:04
    宇宙はネガティブとポジティブを通して拡張しており、
  • 12:04 - 12:07
    さらにそれは、その次元の周波数に存在する者が
  • 12:07 - 12:10
    自分で選んだということが明らかだからです。
  • 12:10 - 12:12
    11次元の意識では
  • 12:12 - 12:15
    自由意志が、存在の普遍的真理です。
  • 12:16 - 12:18
    物理次元の見方からすれば
  • 12:18 - 12:20
    死は存在しますし、
  • 12:20 - 12:24
    痛みも幻想ではなく存在します。
  • 12:24 - 12:27
    時間も空間も存在します。
  • 12:27 - 12:28
    3次元の見方では
  • 12:28 - 12:33
    私たちは常に断片化によって、影響を受けており
  • 12:33 - 12:35
    統合が必要です。
  • 12:35 - 12:40
    分離が存在する次元ではそれが現実。
  • 12:40 - 12:45
    3次元では、自由意志にアクセスできないので
  • 12:45 - 12:49
    統合することが絶対的に不可欠です。
  • 12:49 - 12:51
    実際のところ、私たちの多くにとって
  • 12:51 - 12:55
    完全な決定論で物事が動いています。
  • 12:55 - 12:57
    ですが、11次元の現実は
  • 12:57 - 13:01
    統合する理由がありません。
  • 13:01 - 13:04
    なぜなら、既に統合されていると信じているからです。
  • 13:04 - 13:06
    そしてそれが問題となります。
  • 13:06 - 13:09
    11次元の意識では統合されており、
  • 13:09 - 13:13
    3次元の意識では統合されていない。
  • 13:13 - 13:15
    ということは、11次元の意識も
  • 13:15 - 13:18
    実際には宇宙の残りを統合していないのです。
  • 13:18 - 13:20
    統合していると思っているだけです。
  • 13:20 - 13:23
    ナルシストのように、そう考えているだけ。
  • 13:23 - 13:25
    全ての人は自分の延長であると思っているだけ。
  • 13:25 - 13:28
    死を経験できないので、
  • 13:28 - 13:31
    死を現実とは認識できません。
  • 13:31 - 13:34
    11次元の世界には、分離が存在しないので、
  • 13:34 - 13:37
    認識としては存在しない…と言ったほうがいいかもしれませんが
  • 13:37 - 13:39
    宇宙に実際に存在していても
  • 13:39 - 13:40
    痛みはありません。
  • 13:40 - 13:43
    全ての痛みは、なんらかの分離が引き起こしますが
  • 13:43 - 13:45
    分離がないので、幻想ということになります。
  • 13:45 - 13:48
    断片化(フラグメンテーション)を経験しないので
  • 13:48 - 13:52
    分離の感覚がないのですから、
  • 13:52 - 13:54
    断片化は存在しないと思っています。
  • 13:54 - 13:58
    3次元と言うものは、ホログラムの経験を学ぶために
  • 13:58 - 14:01
    作られたと思っているので
  • 14:01 - 14:03
    「現実」を3次元の私たちと
  • 14:03 - 14:06
    同じように見てはくれません。
  • 14:06 - 14:09
    それは私たちがビデオゲームを
  • 14:09 - 14:11
    「現実」として見ないのと一緒です。
  • 14:11 - 14:13
    高次は低い次元の物の見方に
  • 14:13 - 14:16
    自分の次元との違いを認識しないので、
  • 14:16 - 14:18
    次元間の統合を促すような
  • 14:18 - 14:21
    橋渡し的な要素を見出そうとはしません。
  • 14:21 - 14:23
    実際、11次元の見方と
  • 14:23 - 14:26
    3次元の見方を統合できるほど、
  • 14:26 - 14:29
    自分自身を拡張できなければ
  • 14:29 - 14:32
    この宇宙に内在する分離を
  • 14:32 - 14:34
    広げてしまう結果となります。
  • 14:34 - 14:36
    無意識で自覚せずに
  • 14:36 - 14:38
    分離の世界にいるので、苦悩があります。
  • 14:38 - 14:41
    そして、選択的にノンフィジカルな見方と同調すれば
  • 14:41 - 14:42
    フィジカルな見方に
  • 14:42 - 14:45
    打撃を与える結果となります。
  • 14:45 - 14:47
    この視点から教えるスピリチュアル・ティーチャーは
  • 14:47 - 14:50
    今日の地球上に存在する一番危険な人たちの一部ですが、
  • 14:50 - 14:52
    自分たちが危険だと思っていません。
  • 14:52 - 14:55
    こんな状況を想像してください…
  • 14:55 - 14:58
    ソファーに座ってバーチャルリアリティのゲームをしていて
  • 14:58 - 15:00
    自分のアバターを選んでいます。
  • 15:00 - 15:03
    11次元の視点で言えば
  • 15:03 - 15:05
    あなたは自分でアバターを作ったことを忘れていません。
  • 15:05 - 15:08
    実際にはソファに座っているのも覚えているでしょう。
  • 15:08 - 15:10
    自分がそのアバターではないと知っています。
  • 15:10 - 15:13
    ゲームにそれほど問題を見出さないでしょう。
  • 15:13 - 15:15
    なぜならゲームだと知っているからです。
  • 15:15 - 15:16
    ですが、
  • 15:16 - 15:20
    もしアバターの視点になってしまったら
  • 15:20 - 15:23
    ソファに座っている記憶がないとすれば
  • 15:23 - 15:26
    あなたにとって問題ですよね。
  • 15:26 - 15:30
    グランド・セフト・オートをプレイしていたとすれば
    自動車事故に巻き込まれます。
  • 15:30 - 15:32
    11次元の波動に存在する意識は
  • 15:32 - 15:36
    3次元から見た現実を、
  • 15:36 - 15:40
    正しく把握することができないので
  • 15:40 - 15:44
    人生という過程を通して的確なガイドとなる
  • 15:44 - 15:48
    チャネリングをするのは大変難しいことです。
  • 15:48 - 15:53
    しばしば3次元にある自己の抵抗を引き出してしまいます。
  • 15:53 - 15:55
    さらに、もしビデオゲーム内のアバターが
  • 15:55 - 15:58
    「待てよ、ここにいる自分は、自分の全てではないな」
  • 15:58 - 16:00
    「ソファに座っているのも自分だよな」
  • 16:00 - 16:02
    という事実に気づいたとしても
  • 16:02 - 16:05
    ゲーム内で起こる死を経験しない…
  • 16:05 - 16:08
    ということではありません。
  • 16:08 - 16:11
    次元によって経験する現実が異なっていても
  • 16:11 - 16:14
    それぞれの現実が、同じようにリアルでないとは言えません。
  • 16:14 - 16:16
    11次元の視点が認めようが認めなかろうが
  • 16:16 - 16:19
    死は現実であるとともに
  • 16:19 - 16:20
    死が存在しないというのも現実です。
  • 16:20 - 16:22
    苦も現実であるとともに
  • 16:22 - 16:24
    苦は幻想だという考えも現実です。
  • 16:24 - 16:26
    このことをさらに理解するためには
  • 16:26 - 16:28
    私の以下のビデオをご覧ください。
  • 16:28 - 16:30
    「The Sad Truth About Most Gurus」
  • 16:30 - 16:33
    そして、ほとんどのスピリット・ガイドや、スピリチュアルな指導者もですが
  • 16:33 - 16:36
    11次元の視点を持っているのだと理解してください。
  • 16:36 - 16:38
    なぜならガイドはその次元に存在するからです。
  • 16:38 - 16:41
    スピリットは肉体を持たないことも理解してください。
  • 16:41 - 16:44
    11次元からチャネリングされる存在は
  • 16:44 - 16:46
    大抵こんな風に語るでしょう。
  • 16:46 - 16:48
    「我々にだって、体はありますよ。だって我々はあなたなんですから…」
  • 16:48 - 16:51
    「我々は物質も非物質も経験しています」と。
  • 16:51 - 16:55
    ですが実際のところ、物質次元にいるあなたは分離を感じていませんか?
  • 16:55 - 16:59
    11次元が把握できないのは
  • 16:59 - 17:04
    3次元経験においては分離がリアルだということ。
  • 17:04 - 17:07
    彼らは、苦悩という幻想や
  • 17:07 - 17:11
    実際のところ苦悩が幻想ではないという場を
  • 17:11 - 17:14
    保持する能力や意識を
    身につけなければなりません。
  • 17:15 - 17:17
    相反する真実を受け入れる
  • 17:17 - 17:19
    スペースを保持できなくてはならないのです。
  • 17:19 - 17:21
    11次元の視点で
  • 17:21 - 17:24
    3次元の現実を否定しないように。
  • 17:24 - 17:26
    もう一つ見てもらいたいビデオは
  • 17:26 - 17:31
    「Why Are Spiritual Teachers
    So Contradictory?」です。
  • 17:31 - 17:33
    4. これら高次の波動から
  • 17:33 - 17:35
    チャネリングされる存在は
  • 17:35 - 17:38
    人間ほど誠実さにこだわりがありません。
  • 17:38 - 17:41
    誠実さというのは人間の価値観です。
  • 17:41 - 17:43
    高次の存在は、その時点で
  • 17:43 - 17:46
    あなた自身の発展のために、必要なことなら
  • 17:46 - 17:48
    いかなることでも話します。
  • 17:48 - 17:51
    彼らの究極の目的が、人間界における
  • 17:51 - 17:55
    個人の拡張であり、その目的でチャネリングされた場合には
  • 17:55 - 17:58
    特にその傾向が顕著となります。
  • 17:58 - 18:01
    彼らはあなたが耳にしなければならないことは
  • 18:01 - 18:03
    真実であろうがなかろうが、何でも話すでしょう。
  • 18:03 - 18:05
    こう言った理由で
  • 18:05 - 18:08
    ある存在が初めてチャネリングされた時には、
  • 18:08 - 18:10
    人類に向けて特定のメッセージを
  • 18:10 - 18:12
    発することが多いのです。
  • 18:12 - 18:16
    情報を受け取る人間の意識に基づいて
  • 18:16 - 18:18
    彼らはメッセージを改変します。
  • 18:18 - 18:20
    状況を変えるという目的で
  • 18:20 - 18:22
    彼らが得たいものを得られるようにするためです。
  • 18:22 - 18:24
    例えば、80年代に
  • 18:24 - 18:27
    多くの人たちがチャネリングした存在は
  • 18:27 - 18:28
    人類が無意識で作り出すものに基づいて
  • 18:28 - 18:31
    同じようなものに引き寄せられると
  • 18:31 - 18:34
    警告をしにきました。
  • 18:34 - 18:37
    すぐに彼らが分かったのは
  • 18:37 - 18:40
    警告を与えても、人は何か別の状況を生み出すために
  • 18:40 - 18:42
    焦点を変えることをしない…ということでした。
  • 18:42 - 18:45
    警告することで、
    人間はそのことに集中してしまったのです。
  • 18:45 - 18:48
    結果的に意識を集中したものが現実化しました。
  • 18:48 - 18:50
    なので、これらの存在の多くは
    ゲームの仕方を変えて
  • 18:50 - 18:52
    人間に警告をする代わりに
  • 18:52 - 18:54
    こんなことを話し出しました…
  • 18:54 - 18:57
    「あなたの未来は完璧に素晴らしい」と。
  • 18:58 - 19:01
    抵抗を手放させるためです。
  • 19:01 - 19:04
    これは完璧で完全な真実と呼べませんが、
  • 19:04 - 19:07
    11次元意識にある存在は、
  • 19:07 - 19:10
    地球上の全生命の進路の可能性を読み取り
  • 19:10 - 19:13
    人類が第三次世界大戦への方向へ
  • 19:13 - 19:15
    つっ走っていると認識しました。
  • 19:15 - 19:18
    ですが、人類に警告をすると
  • 19:18 - 19:20
    それを作り出してしまうのは明らかですよね?
  • 19:20 - 19:21
    そのような場合、あなたはどうしますか?
  • 19:21 - 19:24
    ユートピアの世界について語りますか?
  • 19:24 - 19:28
    チャネリングされた
    このような存在にとっての真実は
  • 19:28 - 19:31
    実際のところ妥当といえますが、
  • 19:31 - 19:34
    それは「意識的な創造」ではなく
  • 19:34 - 19:37
    人間の抵抗を引き出してしまいます。
  • 19:37 - 19:40
    個人の拡張と宇宙の拡張を調和できれば
  • 19:40 - 19:42
    彼らはあまり私たちに
  • 19:42 - 19:45
    真実を語る必要を感じません。
  • 19:45 - 19:50
    5. 11次元の現実を超えた何かがあります。
  • 19:50 - 19:52
    ワンネスを超越した何かです。
  • 19:52 - 19:55
    このことについて知りたい方は
  • 19:55 - 19:58
    「Oneness is Not the Ultimate
    Truth of the Universe」というビデオをご覧ください。
  • 19:58 - 20:01
    宇宙の拡張は、
  • 20:01 - 20:04
    既に11次元に存在する意識を
  • 20:04 - 20:07
    超えて進化した何かになっています。
  • 20:08 - 20:11
    ゆえに、現時点でもっとも客観的な意識は
  • 20:11 - 20:15
    二極化を通して拡張する宇宙という概念を捨てています。
  • 20:15 - 20:19
    ポジティブとネガティブ、好ましいものと好ましくないもの…の対比です。
  • 20:19 - 20:23
    宇宙は自分自身の「分離」を認識しています。
  • 20:23 - 20:25
    「分離」とは二極性という意味です。
  • 20:25 - 20:28
    自身と内なる二極性を既に認識し
  • 20:28 - 20:31
    それが宇宙の拡張の基礎となっていますが、
  • 20:31 - 20:35
    実際には苦悩の原因にもなっています。
  • 20:35 - 20:37
    それが意味するのは、
  • 20:37 - 20:40
    この宇宙意識の究極の側面として
  • 20:40 - 20:44
    統合が新しい望みになっています。
  • 20:44 - 20:47
    創造したり、純粋にポジティブであることは
  • 20:47 - 20:51
    すでに大元の意識の主たる望みではなく、
  • 20:51 - 20:53
    それゆえ、これからあなたは
  • 20:53 - 20:58
    この意識をチャネリングする存在のリタイアを目にするでしょう。
  • 20:58 - 21:01
    全てが自分の一部であると認識すると
  • 21:01 - 21:04
    創造したり、純粋にポジティブであることは、もはや望みではなくなり
  • 21:04 - 21:07
    この宇宙は既にその状態にあります。
  • 21:07 - 21:10
    二極性の視点でものを見なくなります。
  • 21:10 - 21:12
    そうなると、統合という望みは
  • 21:12 - 21:13
    やりたくないことや、好きでもないことを
  • 21:13 - 21:16
    受け入れなければならないという
  • 21:16 - 21:18
    概念から生じなくなります。
  • 21:18 - 21:19
    実際に、そのような概念から生じることはできません。
  • 21:19 - 21:22
    統合は抵抗に終止符を打つ
    唯一の方法とみられます。
  • 21:22 - 21:25
    二極性には好まれるものと好まざるもの
  • 21:25 - 21:27
    ポジティブとネガティブを内包し、それらそのものですが、
  • 21:27 - 21:30
    抵抗の状態にあるということです。
  • 21:30 - 21:32
    宇宙の真の姿に対しての抵抗です。
  • 21:32 - 21:36
    なので、宇宙が真実であるための
  • 21:36 - 21:37
    唯一の方法は
  • 21:37 - 21:40
    統合することとなります。
  • 21:40 - 21:43
    私はチャネリングが好きです。
  • 21:43 - 21:45
    チャネラーも好きです。
  • 21:45 - 21:47
    彼らの物の見方には
  • 21:47 - 21:49
    あなたたちの多くが保持する
  • 21:49 - 21:52
    3次元の視点の限られたパラダイムから
  • 21:52 - 21:54
    抜け出すために
  • 21:54 - 21:57
    すばらしい利益となり得るのです。
  • 21:57 - 22:01
    ですが、もしあなたがチャネリングやチャネラーについて
  • 22:01 - 22:04
    きちんと理解しなければ
  • 22:04 - 22:08
    混乱や限られたものの見方
    という道を辿らなければいけなくなります。
  • 22:08 - 22:10
    視野を広げる時です。
  • 22:10 - 22:13
    良い週末を。
Title:
チャネリングとチャネラーの真実
Description:

チャネリングは別の意識からのメッセージを翻訳する行為です。スピリチュアルな分野では、大抵は3D現実の外にある存在からのメッセージを翻訳することを指します。チャネラー(チャネル)とはこれらの存在をチャネリングする能力を有する人です。しばしば、高次から発生しているので、彼らの言葉は究極の真実とされますが、ほとんどの人が理解していないのは、高次の存在にも自身の見方があり、それゆえに視点にも同じように限界があるということです。

more » « less
Video Language:
English
Duration:
22:32

Japanese subtitles

Revisions