Japanese subtítulos

← 最良の投票制度はどれか? ― アレックス・ジェンドラー

新しい宇宙港を、最近新たに人が定住しはじめた火星の4基地のうち1つに建設する予定で、建設地を投票で決めることになったとしましょう。移住者100人のうち、42人は西基地、26人は北基地、15人は南基地、17人は東基地に居住しています。移住者が皆、居住するベースの近くへの宇宙港建設を希望する仮定した場合、どれが一番公平な選挙方法でしょうか。
講師:アレックス・ジェンドラー、監督:ビリアナ・ラボヴィック

*このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/which-voting-system-is-the-best-alex-gendler

Obtener código incrustado.
28 idiomas

Mostrar Revisión10 creada 07/06/2020 por Tomoyuki Suzuki.

  1. 例えば 新しい宇宙港の建設を
  2. 火星にある 最近 定住をはじめた
    4基地のうち1つで行う予定で
  3. 投票をして
    建設地を決めるとしましょう
  4. 火星移住者100人のうち
    42人が西基地 26人が北基地
  5. 15人が南基地
    17人が東基地に居住しています
  6. 話の都合上
    住民は皆 宇宙港の建設地は
  7. 居住する基地に近い場所を希望し
    その通りに投票するものと仮定します
  8. この場合 一番公平な
    投票方法はどれでしょう?
  9. 一番単刀直入な方法は

  10. 投票者ひとりにつき1票を投票し
    最高得票数を得た候補地を選ぶ方法です
  11. この方法は多数決投票として知られ
    「単純小選挙区制」ともいいます
  12. この場合 西基地が
  13. 他の基地より住民数が多いことから
    圧勝を収めます
  14. でもこの結果を 殆どの移住者は
    最悪と受け止めるでしょう
  15. 西基地は
    他の基地からは遠いためです
  16. では 果たして多数決投票は
    一番公平な方法と言えるでしょうか?
  17. 代わりに優先順位付投票制(IRV)などの
    方法を試したらどうでしょう?

  18. これは 人々の好みを
    第一選択のみに限定せず
  19. 幅広く考慮する方法です
  20. そのしくみを説明しましょう
  21. まず 投票者が
    候補地を1から4まで順位付けし
  22. 1位の得票数を比較します
  23. 得票最下位の南は除外されます
  24. 南が獲得した15票は
    そこに投票した人たちが
  25. 2位に選んだ東基地に加算され
    東の合計得票数は32票となります
  26. 次に 1位の得票数を再度比較し
    最下位の候補地を除外します
  27. 今回は北基地が除外されます
  28. 北基地の住民が2位に選んだのは
    南基地ですが
  29. すでに除外されているため
    票は3位の候補地に加算されます
  30. これにより東基地が58票を獲得し
    西基地の42票を上回り当選します
  31. ですが これも公平とはいえないでしょう
  32. 東基地は開票当初
    順位が下から2番目だったばかりでなく
  33. 過半数の投票者は
    下位に順位付けしていたからです
  34. 順位付けによる投票の代わりに
    複数ラウンドにわたり投票を行い

  35. 上位当選の2候補間で
    改めて決選投票を行う方法もあります
  36. 順当に行けば 西と北の両基地が
    第1ラウンドで決戦に進出し
  37. 次ラウンドで
    北が当選するでしょう
  38. けれども 東基地の住人は
  39. 自分たちが当選できる
    得票数は見込めないものの
  40. 自分たちに有利な結果をもたらす
    方法があることに気付きます
  41. 第1ラウンドでは
    東の代わりに南基地に投票し
  42. 北基地の第2ラウンド進出を
    阻止することに成功します
  43. 東基地住人による
    この「戦術的投票」により
  44. 有権者数が最少であるにも関わらず
    南基地が楽勝します
  45. 投票者が好みを偽ることを
    奨励するような制度は
  46. 公平で良いものと言えるでしょうか?
  47. もしかすると必要なのは
    各候補者同士の直接対決につき

  48. 投票者がそれぞれ勝ち負けを決め
    好みを表明することかもしれません
  49. これをコンドルセ方式といいます
  50. まず 対決の一例を考えてみましょう
    西対北です
  51. 100名の有権者全員が
    この2基地から1つを選びます
  52. 西が42票を獲得するのに対し
    北は 北 南 東の投票者から票を得て
  53. 58票を獲得します
  54. 他の5つの対決も同様に行われます
  55. 勝利の数が最も多い基地が
    当選となります
  56. この場合 2対戦で勝利した南に対し
    3対戦で勝利した北が当選します
  57. 実にこれら2候補は
    最も中心部に位置する拠点です
  58. どの投票者も最下位に選ばなかった
    北に優位な展開です
  59. では一般的には コンドルセ方式は
    理想的な方式といえるしょうか?

  60. 必ずしもそうとは言い切れません
  61. 候補者3名で行われる選挙を
    考えてみましょう
  62. 有権者が BよりはA
    CよりはB でもAよりはCを好む場合
  63. 勝者を選ぶことが不可能になります
  64. この何十年にも渡り
    研究者や統計学者が

  65. たくさんの複雑な投票や集計方法を
    考案してきましたし
  66. そのいくつかを
    実行に移しもしました
  67. けれど どの方式を採択しても
  68. 不公平な結果を生む
    可能性はあります
  69. 私たちが直感的に捉える
    公平という概念には実に

  70. 思い込みからくる
    多くの矛盾点があるのがわかりました
  71. 特定の有権者が 他の有権者よりも
    影響力を強く持つのは公平といえません
  72. けれども 少数派の好みを
    全く無視したり
  73. 票の操作を推奨したりすることも
    公平とはいえません
  74. それどころか 数学的には
  75. 選択肢が2つ以上ある選挙では
  76. 理論的に望ましい基準に
    何ら違反しない
  77. 選挙制度を構築するのは
    不可能であると証明されています
  78. 私たちは 単に票を集計することが
    民主主義だと思いがちですが
  79. 同時に 誰が色々な票の集計方式の
    恩恵を得るかも考慮する価値があります