Japanese subtitles

← ルイーズ・デスポント:バリ島の生活から生まれた絵 | Art21 "New York Close Up"

Get Embed Code
16 Languages

Showing Revision 3 created 04/29/2020 by Yoko Faulkner.

  1. インドネシア バリ島
  2. バリ島では日没の時刻が
    1年中同じなので
  3. 時間が止まったような
  4. 長い夏がずっと続いている
    そんな感覚に陥ります
  5. 平和な感覚
  6. 何かに急かされることのない感覚があります
  7. この日常が 自分を取り巻く世界の
    リズムに連動するんです
  8. (アヒルの鳴き声)
  9. 「バリ島の生活から生まれた絵」
  10. ニューヨークは
    私が生まれ育った場所で
  11. 今でも私が帰ることの
    できる場所です
  12. でも 優れた作品を作るのに
    一番大切なのは
  13. 時間であり
  14. 空間です
  15. バリ島に住めば
  16. そのほとんどが手に入ると思ったのです
  17. 朝はだいたい6時半には起床します
  18. 日差しが眩しすぎて
    目が覚めてしまうんです
  19. 8時半をまわることには
    スタジオの準備を始め
  20. 猫が絵の上を歩き回らないよう
    外に出します
  21. アシスタントのノピとウィウィクは
    9時頃に来てくれます
  22. 「ここからここまで描けばいい?」
  23. 「うん」
  24. ニョマンが10時半頃に来て
    家にお供えを捧げてくれます
  25. 儀礼と習慣が流れるように
    絶え間なく続く感じです
  26. 住民皆が 島が持つエネルギーに気を配り
  27. 全員でそれを養うのです
  28. バリ島では 自然に湧いた泉を
    囲うようにして寺院が建てられています
  29. 聖水に近づいていくと
  30. 強い畏敬の念と敬意の感情が
  31. この場所 そこに秘められた何かに対し
    湧き上がります
  32. いざ水に浸かり 沐浴をすると
    それはもうパワーに溢れていて
  33. 水に入って そこに浸る
    何とも言えない感覚です
  34. 沐浴をした翌日は必ず
    何かから解放された気持ちー
  35. 抱えていた何かが
    洗われたような気持ちになります
  36. この経験を絵に表現して
  37. 視覚的な記憶を残したいと思いました
  38. 絵は熱帯ではあまり長持ちしません
  39. 用紙がすぐにダメになってしまうのです
  40. 大気中の湿度が高すぎて
  41. 数日のうちに丸まってしまうことが多いです
  42. シンプルなデザインのガラスケースを
    作ってもらい
  43. そこに小型の除湿機を入れて
    対応しています
  44. 現在制作中のもの以外は
    ここに保管しておきます
  45. プネスタナンは小さな村で
  46. 伝統的なバリ人アーティストたちにより
    興されました
  47. 外国からの移住者が移り住むようになり
  48. 水田があったところまで広がり始めました
  49. 大きな足跡が
  50. ここに来た 私たち旅行者により
    遺されました
  51. 私がここへ来てからの3年のうちに
    色々変わりましたが
  52. 生活は 何とか変わらずに続いており
  53. 変化に邪魔される様子もありません
  54. この国に越して来た当初は
    友達ひとりいませんでした
  55. いちばん恐れていたのは
    恋愛に終止符を打ったばかりだったので
  56. 恋をしていなくても作品を作れるのか
    不安でした
  57. 恋愛は 私にたくさんの活力を与えてくれる
  58. 作品作りの原動力だと思っていたからです
  59. ずっとそう思っていました
  60. 少なくとも 私が自分の中の傑作と思う
    作品にはそうです
  61. なので思ったんです
  62. 「悲しい気持ちでいて 絵が描けるのかしら」
  63. 「落ち込んでいて 絵が描けるのかしら」
  64. 「怯えた気持ちでいて 絵が描けるのかしら」と
  65. いざとなってみると
    私に絵があって本当によかったです
  66. 絵は私の生活の中で変わらなかった
    ことのひとつだったからです
  67. スタジオに自分がいて 紙がある
  68. 恋愛をしていようがどうかなんて
    関係なかったんです
  69. 恋愛中のようには 簡単にはいきませんが
  70. でも出来ないことではありません
  71. 自分を維持していける習慣があることは
    とても素晴らしいことです
  72. (マンハッタン ソーホー地区
    The Drawing Center)
  73. The Drawing Centerで
    個展を開く機会をいただけた時
  74. エネルギーが 人の体に変わるさまを
    想像して作品にしたいと思いました
  75. 胎児が形成されるところをを描きました
  76. 科学的ダイアグラムを参考に
    セルが分裂して
  77. そこから生命のサイクルを追っていき
  78. 最後には肉体が朽ち果て
  79. 形のないものに戻っていくのです
  80. やりたかったのは この楕円形の部屋に
    大きな1枚の絵を
  81. 観る人と同じ空気の中に飾ることでした
  82. 脆くはあっても ひとつにまとまっています
  83. 作品を額に入れないことで
    脆さが持つ良い一面を表現できます
  84. それは バリに渡った当初の
    私が感じていた気持ちー
  85. とてつもなく弱い気持ちです
  86. アーロンが絵に合わせ
    この空間の中で曲を作ってくれました
  87. なんとなくまばらな感じで
  88. ゆっくりした呼吸のような曲です
  89. 何と言うのでしょう
  90. アーロンが奏でる ガムランの音が
    非常に平和に満ちた雰囲気を醸し出し
  91. 聖域に足を踏み込んだような気分を
    訪れた人に与えてくれます
  92. 通りの雑踏とはかけ離れています
  93. 私自身もそうなんですけど
  94. 大好きな作品を見たくて
  95. はるばる遠くへ出かけて行っても
  96. 作品の前で30秒だけ過ごして
    それだけということもあります
  97. 考えてみたんです
  98. 美術作品の前で どれだけの
    時間を過ごせるのだろうと
  99. 観る人が ゆっくりとできる雰囲気
    を作りたいと常々思っていました
  100. 心の中で絵の世界を旅できる
    そんな雰囲気です
  101. そのひとときは私には どんな完成作品よりも
    美しいと気づいたのです
  102. そこには私が実際に形にすることのできない
    可能性が絵の中に秘められているからです
  103. (本作の撮影後 ルイーズには
    新たな出会いがあり 1児を設け)
  104. (今でも皆でバリ島に住んでいます)