Return to Video

合成生物学が人類を滅亡させる可能性とそれを防ぐ方法

  • 0:01 - 0:04
    世界には約75億人の人間がいます
  • 0:05 - 0:09
    世界保健機関によると
    3 億人がうつを患っていて
  • 0:09 - 0:13
    毎年約80万人が自らの命を絶つそうです
  • 0:13 - 0:15
    そのうちほんの一部の人たちは
  • 0:15 - 0:21
    できる限り多くの人を殺して命を絶つという
    とても虚無的な道を選びます
  • 0:21 - 0:24
    これは良く知られている最近の事例です
  • 0:24 - 0:27
    こちらはあまり知られていない事例で
    9週間ほど前に起きました
  • 0:27 - 0:28
    覚えていないとしたら
  • 0:28 - 0:31
    同じようなことが
    沢山起きているからでしょう
  • 0:31 - 0:34
    ウィキペディアによると
    昨年 私の母国 アメリカ国内で
  • 0:34 - 0:38
    323件の銃乱射事件が起こりました
  • 0:38 - 0:40
    銃撃犯が皆 自殺的であった
    わけではないし
  • 0:40 - 0:43
    皆が死者数を最大化しようとした
    わけでもありません
  • 0:43 - 0:45
    でも大半はそうでした
  • 0:45 - 0:49
    ここで重要な疑問がわきます
    彼らを制限するものは何でしょう
  • 0:49 - 0:50
    ラスベガス銃撃犯を
    例に取りましょう
  • 0:50 - 0:53
    彼は58人を虐殺しました
  • 0:53 - 0:56
    殺すのをやめたのは
    もう十分だと思ったからでしょうか
  • 0:56 - 1:01
    違います その証拠に
    さらに422人を撃って負傷させており
  • 1:01 - 1:04
    本当は殺害したかったことでしょう
  • 1:04 - 1:07
    4200人でやめただろうと
    考える根拠もありません
  • 1:07 - 1:11
    実際これだけ虚無的な人であれば
    喜んで人類を皆殺しにしたかもしれません
  • 1:11 - 1:13
    私たちにはわかりません
  • 1:13 - 1:15
    しかし わかることもあります
  • 1:15 - 1:18
    自殺念慮を持つ殺人者が
    全力を出したら
  • 1:18 - 1:22
    科学技術は増幅装置としての役割を
    果たすということです
  • 1:22 - 1:23
    一例をあげましょう
  • 1:23 - 1:28
    数年前 中国で10件の学校襲撃事件が
    続いて起こりました
  • 1:28 - 1:31
    中国で銃を手に入れるのは難しいので
  • 1:31 - 1:34
    ナイフやハンマー、包丁などが
    用いられました
  • 1:34 - 1:38
    気味の悪い偶然ですが
    最後の襲撃が起きたのは
  • 1:38 - 1:42
    コネチカット州ニュータウンでの大量殺人の
    ほんの数時間前で
  • 1:42 - 1:45
    そのアメリカの襲撃事件
    一件の犠牲者数は
  • 1:45 - 1:49
    中国の襲撃事件10件を合わせたのと
    同じくらいだったのです
  • 1:49 - 1:55
    こう言えるでしょう
    ナイフは恐ろしいが 銃ははるかに酷く
  • 1:55 - 1:58
    飛行機は さらにとてつもなく酷いと
  • 1:58 - 2:00
    操縦士のアンドレアス・ルビッツが
  • 2:00 - 2:02
    149人を自殺の道連れにし
  • 2:02 - 2:07
    フランス・アルプスに飛行機を
    墜落させた件が示すようにです
  • 2:07 - 2:10
    同じような例は他にもあります
  • 2:10 - 2:15
    そして 飛行機よりも凶悪な武器が
    近い将来に現れることを恐れています
  • 2:15 - 2:17
    金属製ではないあるものです
  • 2:17 - 2:23
    ではここで 基本的には社会に限りない
    可能性を提供する 急発展中の学問を
  • 2:23 - 2:27
    自殺的な大量殺人犯が利用した際に起こる
  • 2:27 - 2:32
    世界が滅亡に向かう展開を考えてみましょう
  • 2:32 - 2:35
    この世のどこかのほんの一部の人々は
  • 2:35 - 2:37
    いかなる方法であれ
    やり方さえわかれば
  • 2:37 - 2:41
    私たちを皆殺しにしようとすることでしょう
  • 2:41 - 2:44
    ラスベガス銃撃犯がその一人だったかは
    わかりませんが
  • 2:44 - 2:46
    75億の人間が存在するからには
  • 2:46 - 2:48
    そういう人はゼロではないでしょう
  • 2:48 - 2:50
    自殺念慮を持つ虚無主義者はたくさんいて
  • 2:50 - 2:52
    そのことは既に見てきました
  • 2:52 - 2:55
    自身でも制御できない気分障害を持つ人々
  • 2:55 - 3:01
    精神的混乱を伴うトラウマに
    苦められたばかりの人々が沢山います
  • 3:01 - 3:04
    人類を皆殺しにできるような人は
  • 3:04 - 3:07
    冷戦前までは皆無でしたが
  • 3:07 - 3:10
    冷戦下の2つの同盟のリーダーが
  • 3:10 - 3:13
    世界を吹き飛ばす力を
    突如手に入れました
  • 3:14 - 3:18
    人類を滅亡させるボタンを持つ人の数は
  • 3:18 - 3:20
    その後あまり変わっていませんが
  • 3:20 - 3:23
    この人数がもっと増えるのを
    私は恐れています
  • 3:23 - 3:24
    2人から3人になるというのでなく
  • 3:24 - 3:26
    このグラフは急成長するでしょう
  • 3:26 - 3:29
    テクノロジー企業の
    ビジネスプランのように
  • 3:29 - 3:30
    (笑)
  • 3:32 - 3:34
    その理由は
  • 3:34 - 3:38
    私たちがいるのは
    指数関数的に進歩する科学技術の時代であり
  • 3:38 - 3:41
    ずっと不可能だったことを
  • 3:41 - 3:47
    少数の天才の
    スーパーパワーが実現し
  • 3:47 - 3:49
    さらに重要なことに
  • 3:49 - 3:52
    その力が万人に広められる
    そういう時代だからです
  • 3:52 - 3:54
    無害な例を挙げましょう
  • 3:54 - 3:58
    1952年にコンピューターで
    チェッカーをやりたければ
  • 3:58 - 4:02
    この写真の人物になり
  • 4:02 - 4:07
    世界に19台しかなかった
    あのコンピューターを手に入れ
  • 4:07 - 4:11
    ノーベル賞級の頭脳で
    それにチェッカーを教えねばなりませんでした
  • 4:11 - 4:12
    それがハードルだったのです
  • 4:13 - 4:18
    今では知り合いの知り合いが
    電話を持ってさえいれば十分です
  • 4:18 - 4:21
    コンピューティングは
    指数関数的に進歩する技術だからです
  • 4:21 - 4:25
    合成生物学もそれは同じです
  • 4:26 - 4:28
    2011年に数名の研究者が
  • 4:28 - 4:32
    チェッカーのプログラムとあらゆる点で
    同じくらい巧妙で前例のないことを
  • 4:32 - 4:37
    H5N1亜型インフルエンザを
    用いて成し遂げました
  • 4:37 - 4:41
    H5N1は 感染した人の
    最悪60%が死に至るという
  • 4:41 - 4:44
    エボラよりも高い致死率のウイルスですが
  • 4:44 - 4:47
    伝染性はとても低いため
  • 4:47 - 4:51
    2015年以降の死者は50人以下です
  • 4:51 - 4:55
    そこで研究者らはH5N1のゲノムを編集し
  • 4:55 - 5:00
    以前と同様に非常に致命的ながら
    ずっと伝染性の高いものを作りました
  • 5:00 - 5:03
    世界2大科学雑誌の1つの
    ニュース部門は
  • 5:03 - 5:05
    もしこのウイルスが広まったら
  • 5:05 - 5:09
    何百万人もの死者が出る
    世界的流行が起こるだろうと述べました
  • 5:09 - 5:11
    ポール・カイム博士は
  • 5:11 - 5:15
    「これほど恐ろしい生物は
    考えられない」と述べています
  • 5:15 - 5:20
    米国バイオセキュリティ
    科学諮問委員会議長の口から
  • 5:20 - 5:22
    最も聞きたくない言葉です
  • 5:23 - 5:24
    博士はこうも言っています
  • 5:24 - 5:27
    「炭疽菌はこれに比べると
    全く恐ろしくないと思う」
  • 5:27 - 5:29
    炭疽菌の専門家ですからね 彼は
  • 5:29 - 5:31
    (笑)
  • 5:31 - 5:35
    この2011年のバイオハッキングに関する
    嬉しい知らせは
  • 5:35 - 5:38
    実行者たちに 他人に害をなす考えは
    少しもなかったことです
  • 5:38 - 5:39
    彼らはウイルス学者で
  • 5:39 - 5:41
    科学の進歩に貢献していると考えていました
  • 5:41 - 5:45
    悪い知らせは
    技術はその場にとどまらないことで
  • 5:45 - 5:47
    今後数十年のうちに
  • 5:47 - 5:50
    彼らのしたことは いとも簡単に
    行えるようになるでしょう
  • 5:51 - 5:53
    実際に 昨日の朝に聞いたように
  • 5:53 - 5:56
    その後2年でずっと簡単になっているのです
  • 5:56 - 6:00
    CRISPRシステムによる
    ゲノム編集です
  • 6:00 - 6:02
    これはゲノム編集を格段に簡単にする
  • 6:02 - 6:05
    画期的な突破口となりました
  • 6:05 - 6:09
    とても簡単で 今では高校で
    CRISPRを教えているくらいです
  • 6:09 - 6:12
    そしてこの技術はコンピューティングよりも
    早く進歩を遂げています
  • 6:12 - 6:15
    上に見える のろのろした退屈な
    白い線は何でしょう
  • 6:15 - 6:18
    ムーアの法則です
  • 6:18 - 6:21
    コンピューティングのコストが
    下がる速さを示しています
  • 6:21 - 6:24
    あの急で むちゃくちゃ楽しい緑の線は
  • 6:24 - 6:29
    DNA解読のコストが
    下がる速さを示しています
  • 6:29 - 6:32
    そして遺伝子編集、合成
    塩基配列の解読は異なる技術ですが
  • 6:32 - 6:35
    互いにとても関連していて
  • 6:35 - 6:37
    すべて猛烈な速さで進展しています
  • 6:37 - 6:41
    そして世界を滅ぼす力への鍵は
    このちっぽけなデータファイルです
  • 6:41 - 6:45
    これはH5N1のゲノムを抜粋したものです
  • 6:45 - 6:48
    数ページにすべてが収まります
  • 6:48 - 6:51
    メモしなくて大丈夫ですよ
    ググればすぐ見つかりますから
  • 6:51 - 6:52
    ネット上の至る所にあります
  • 6:52 - 6:55
    そして伝染性を高めた部分は
  • 6:55 - 6:57
    一枚の付箋に収まります
  • 6:57 - 7:01
    天才がデータファイルを一度作ったら
  • 7:01 - 7:04
    どんな馬鹿者でもコピーしたり
  • 7:04 - 7:06
    世界中に広めたり
  • 7:06 - 7:07
    印刷したりできます
  • 7:07 - 7:10
    これ(紙)に印刷というだけではありません
  • 7:10 - 7:13
    近い将来はこちら(DNA)にも
    印刷できるようになります
  • 7:13 - 7:15
    シナリオを想定してみましょう
  • 7:15 - 7:19
    適当に 2026年ということにしますが
  • 7:19 - 7:22
    有能なウイルス学者が
    科学を発展させ
  • 7:22 - 7:24
    病気の大流行について
    知識を深めようと
  • 7:24 - 7:26
    新たなウイルスを設計します
  • 7:26 - 7:28
    水痘のように高い伝染力を持ち
  • 7:28 - 7:30
    エボラ出血熱のように致命的で
  • 7:30 - 7:34
    潜伏期間が何か月もあるため
  • 7:34 - 7:39
    問題の兆候が現れる前に
    世界中の人々に感染が広まります
  • 7:39 - 7:41
    その後 ウイルス学者の大学が
    ハッキングされます
  • 7:41 - 7:44
    これはSFではなく
  • 7:44 - 7:46
    実際に 最近のアメリカの
    ある起訴状には
  • 7:46 - 7:50
    300以上の大学への
    ハッキングが記されています
  • 7:50 - 7:56
    ウイルスのゲノムが保存されたファイルが
    インターネットの闇の世界に広まります
  • 7:56 - 7:59
    情報ファイルが一度世の中に出たら
    二度と収拾がつきません
  • 7:59 - 8:04
    映画会社やレコード会社をやっている人に
    尋ねてみればわかります
  • 8:04 - 8:07
    たぶん2026年には
  • 8:07 - 8:09
    合成生物を生み出すには
  • 8:09 - 8:12
    くだんのウイルス学者のような
    天才が必要でしょうが
  • 8:12 - 8:14
    15年後に必要なのは
  • 8:14 - 8:18
    どこの高校にもある
    DNAプリンターだけかもしれません
  • 8:18 - 8:20
    15年で実現しなくとも
  • 8:20 - 8:22
    何十年か経てばそうなるでしょう
  • 8:22 - 8:24
    少し余談です
  • 8:24 - 8:26
    こちらのスライドを覚えていますか
  • 8:26 - 8:29
    この言葉に注目してください
    [もしかしたら]
  • 8:29 - 8:35
    もし誰かが人類殲滅を試みて
    0.1%の効果しか発揮できなかったとしても
  • 8:35 - 8:37
    800万人の死者が出ます
  • 8:37 - 8:41
    アメリカ同時多発テロ
    2500回分です
  • 8:41 - 8:43
    文明は生き延びるでしょうが
  • 8:43 - 8:46
    損害は永久的でしょう
  • 8:47 - 8:49
    ここで私たちが心配すべきは
  • 8:49 - 8:51
    天才だけではなく
  • 8:51 - 8:54
    目的を多少とも達成できそうな
    すべての人です
  • 8:55 - 8:58
    現在 人類の0.1%でも
    殺せるような
  • 8:58 - 9:02
    殺人ウイルスを作れるのは
  • 9:02 - 9:05
    ほんの一握りの天才です
  • 9:05 - 9:10
    大抵の場合 彼らは精神的に安定した
    社会的成功者なので 大量殺戮者予備軍ではなく
  • 9:10 - 9:14
    これについて私は
    かろうじて大丈夫かな という感じです
  • 9:14 - 9:17
    しかし技術が進歩し
  • 9:17 - 9:19
    拡散して
  • 9:19 - 9:22
    何千という生命科学の大学院生が
    この能力を得た後はどうでしょうか
  • 9:22 - 9:26
    その一人一人が皆 精神的に
    まったく安定しているでしょうか?
  • 9:26 - 9:28
    もしくはその数年後
  • 9:28 - 9:32
    ストレスだらけの医学部予科の学生が
    みんなその能力を持った時は?
  • 9:32 - 9:33
    どこかの時点で
  • 9:33 - 9:36
    これらの円は交わるでしょう
  • 9:36 - 9:37
    なぜなら対象となる人は
  • 9:37 - 9:40
    世界中の何十万人にも及ぶからです
  • 9:40 - 9:44
    この集団に最近加わったのは
    バットマンのプレミア上映会で
  • 9:44 - 9:48
    ジョーカーのような恰好をして
    12人を撃ち殺した男です
  • 9:48 - 9:50
    神経科学の博士課程学生で
  • 9:50 - 9:52
    国立衛生研究所の助成を
    受けていました
  • 9:53 - 9:55
    ここで どんでん返しです
  • 9:55 - 10:00
    今から注目し始めれば お話ししたような
    危険は生き延びられると思います
  • 10:00 - 10:03
    科学ポッドキャスト制作のために
    多くの時間を費やして
  • 10:03 - 10:08
    世界中の合成生物学の先駆者にインタビューし
    その研究について調査をした上で
  • 10:08 - 10:10
    そう言っているのです
  • 10:10 - 10:15
    彼らの研究には恐怖を覚えました
    まだ伝わってなかったかもしれませんが―
  • 10:15 - 10:17
    (笑)
  • 10:17 - 10:20
    でもそれ以上に 合成生物学の可能性に
    打たれました
  • 10:20 - 10:24
    がんを完治させたり
    環境を癒したり
  • 10:24 - 10:28
    生き物の残酷な扱いを
    終わらせたりできるのです
  • 10:28 - 10:32
    人類を全滅させずにそれを達成するには
    どうすればよいのでしょうか
  • 10:32 - 10:36
    まず第一に 好きか嫌いかに関わらず
    合成生物学は実在します
  • 10:36 - 10:38
    技術を受け入れましょう
  • 10:38 - 10:40
    技術の禁止は
  • 10:40 - 10:43
    舵を悪者たちの手に渡してしまうだけです
  • 10:43 - 10:45
    核開発とは違い
  • 10:45 - 10:48
    生物学は見えないところで
    行えます
  • 10:48 - 10:52
    ソ連の 大々的な生物兵器禁止条約違反が
    その証拠になるし
  • 10:52 - 10:56
    世界中にある 違法な麻薬製造所も同様です
  • 10:56 - 10:58
    第二に 専門家を仲間に入れましょう
  • 10:58 - 11:00
    登録申請をさせ 数も増やしましょう
  • 11:00 - 11:03
    100万と1人の生物工学研究者がいたら
  • 11:03 - 11:06
    少なくとも100万人は
    こちらの味方にしましょう
  • 11:07 - 11:10
    アル・カポネだって この件では
    私たちの味方に付くはずです
  • 11:10 - 11:13
    ここで「いいやつ」になる条件は
    それほど低いのです
  • 11:13 - 11:17
    大きな数的優位は重要です
  • 11:17 - 11:20
    たった一人の悪者に重大な危害が
    与えられるとしても
  • 11:20 - 11:21
    理由は沢山ありますが
  • 11:21 - 11:24
    時間的優位を最大限に活用できるからです
  • 11:24 - 11:30
    準備と予防のため使える時間が
    数年 うまくいけば数十年あります
  • 11:30 - 11:33
    酷いことを試す最初の人間は
    きっと現れるでしょうが
  • 11:33 - 11:35
    まだ生まれてすら
    いないかもしれません
  • 11:35 - 11:39
    次に社会全体に及ぶ努力が必要で
  • 11:39 - 11:41
    みんなが加わらなければいけません
  • 11:41 - 11:44
    なぜなら数少ない専門家らに
  • 11:44 - 11:51
    合成生物学の統制と活用の両方の責任を
    任せるわけにはいかないからです
  • 11:51 - 11:54
    金融システムでこの方法を試しましたが
  • 11:54 - 11:57
    私たちの世話役は
    とてつもなく不道徳になり
  • 11:57 - 12:00
    抜け道を見つけ
  • 12:00 - 12:03
    他の人たちに
    莫大なリスクを負わせ
  • 12:03 - 12:05
    利益を私物化し
  • 12:05 - 12:08
    胸くそ悪くなるほど
    裕福になる一方で
  • 12:08 - 12:11
    22兆ドルの請求書を
    私たちに押し付けたのです
  • 12:11 - 12:12
    より最近には ―
  • 12:12 - 12:14
    (拍手)
  • 12:14 - 12:17
    皆さん礼状はもらいましたか?
  • 12:17 - 12:18
    私はまだです
  • 12:18 - 12:21
    彼らは感謝する暇もないくらい
    忙しいのでしょう
  • 12:21 - 12:23
    より最近には
  • 12:24 - 12:28
    オンラインプライバシーが
    大きな問題となってきました
  • 12:28 - 12:30
    私たちはプライバシーを
    他人任せにし
  • 12:30 - 12:31
    ここでも同じように
  • 12:31 - 12:34
    利益の私物化と社会損失が起きました
  • 12:34 - 12:36
    このパターンにうんざりしているのは
    私だけでしょうか?
  • 12:36 - 12:40
    (拍手)
  • 12:40 - 12:43
    私たちの豊かさや
    プライバシーや
  • 12:43 - 12:47
    近い将来には命を守るために
  • 12:47 - 12:49
    もっと排他的でない方法が必要です
  • 12:49 - 12:52
    どうすればできるでしょう?
  • 12:52 - 12:55
    人体が病原体と戦う際
  • 12:55 - 12:57
    巧妙な免疫システムを使います
  • 12:57 - 12:59
    とても複雑で多層的なものです
  • 12:59 - 13:02
    同様の仕組みを生態系全体に対して
    作ってはどうでしょう
  • 13:02 - 13:06
    第一の「医学」層については
    一年分のTEDトークができるでしょう
  • 13:06 - 13:09
    以下は沢山ある素晴らしい考えの
    ほんの一握りです
  • 13:09 - 13:11
    研究開発機関が
  • 13:11 - 13:16
    今ある原始的な病原体センサー技術を
  • 13:16 - 13:19
    急な価格性能曲線に乗せることで
  • 13:19 - 13:21
    すぐにでも 巧妙で
  • 13:21 - 13:23
    ネットに繋がったものへと変え
  • 13:23 - 13:27
    煙感知器やスマートフォンと
    同じくらい広まるでしょう
  • 13:27 - 13:29
    とても関連の深い話として
  • 13:29 - 13:32
    ワクチンには
    製造や配給に関して
  • 13:32 - 13:34
    様々な問題があります
  • 13:34 - 13:39
    一度作られたら 新たな脅威や変異に
    適用することはできません
  • 13:39 - 13:42
    そこで敏速なバイオ製造の基盤を
  • 13:42 - 13:46
    個々の薬局や 家庭にまで
    普及させる必要があります
  • 13:46 - 13:49
    ワクチンと薬の印刷技術は
  • 13:49 - 13:52
    優先さえすれば
    すぐ実現できるところまできています
  • 13:52 - 13:54
    次にメンタルヘルスです
  • 13:54 - 13:57
    自殺的な大量殺人事件を起こす人の多くは
  • 13:57 - 14:01
    生活に支障をきたす治療抵抗性のうつや
    PTSDに苦しんでいます
  • 14:01 - 14:05
    リック・ドブリンのような気高い研究者が
    この問題に取り組むことが必要ですが
  • 14:05 - 14:10
    格段に数の多い
    利己的な くそ野郎どもにも
  • 14:10 - 14:15
    当事者の切迫した苦しみは
    追々 私たち皆を危険にさらすという事実を
  • 14:15 - 14:17
    認識してもらう必要があります
  • 14:17 - 14:21
    くそ野郎どもも
    私たちやアル・カポネと一緒に
  • 14:21 - 14:23
    精神障害との戦いに
    加わることでしょう
  • 14:23 - 14:28
    第三に この免疫システムにおいては
    私たちの一人一人に
  • 14:28 - 14:31
    白血球になる可能性と
    必要性があります
  • 14:31 - 14:35
    自殺的な大量殺人犯は
    卑劣であるかもしれませんが
  • 14:35 - 14:39
    彼らは同時に
    失意と悲しみにあふれた人々で
  • 14:39 - 14:42
    そうでない我々は
    愛されぬ者が誰もいなくなるよう
  • 14:42 - 14:44
    全力を尽くさなければいけません
  • 14:45 - 14:49
    (拍手)
  • 14:50 - 14:52
    次に このような危険との戦いを
  • 14:52 - 14:55
    合成生物学の分野の核に
    位置づける必要があります
  • 14:55 - 14:57
    企業の中には
  • 14:57 - 14:59
    雇用している技術者に
  • 14:59 - 15:02
    20%の時間を好きに使わせている
    ところがあります
  • 15:02 - 15:05
    もし生物工学の技術者を雇用する企業が
  • 15:05 - 15:06
    そのような企業になり
  • 15:06 - 15:10
    20%の時間を公益を守るための開発に
    使うようにしたらどうでしょう
  • 15:11 - 15:13
    悪い考えではないですよね
  • 15:13 - 15:14
    (拍手)
  • 15:14 - 15:17
    そして最後です
    楽しい話題ではありませんが
  • 15:17 - 15:21
    とても暗い場所にも
    考えをめぐらす必要があります
  • 15:21 - 15:24
    今夜はそこに皆さんをお連れでき
    幸いです
  • 15:24 - 15:26
    私たちは冷戦を生き延びました
  • 15:26 - 15:31
    理由は一人一人が危険を
    理解し重んじたからです
  • 15:31 - 15:33
    その一因には
    何十年もの間
  • 15:33 - 15:36
    「博士の異常な愛情」や
  • 15:36 - 15:38
    「ウォー・ゲーム」のような
    恐ろしい物語を
  • 15:38 - 15:40
    言い聞かせてきたことがあります
  • 15:40 - 15:42
    落ち着いている場合ではありません
  • 15:42 - 15:45
    取り乱すのが生産的である
  • 15:45 - 15:47
    まれな状況の一つです
  • 15:47 - 15:50
    (笑)
  • 15:50 - 15:52
    恐ろしい物語を作り出して
  • 15:52 - 15:57
    恐れを 危険と戦うための
    原動力にしましょう
  • 15:58 - 16:02
    なぜなら私がお話しした
    恐ろしいシナリオは
  • 16:02 - 16:04
    宿命ではないからです
  • 16:04 - 16:06
    選択することができます
  • 16:06 - 16:10
    危険はどちらかと言えば
    まだ遠くにあります
  • 16:10 - 16:13
    危険が私たちを襲えるのは
  • 16:13 - 16:16
    私たちがそれを許した時だけです
  • 16:16 - 16:17
    そうさせないようにしましょう
  • 16:17 - 16:19
    ご清聴ありがとうございました
  • 16:19 - 16:23
    (拍手)
Title:
合成生物学が人類を滅亡させる可能性とそれを防ぐ方法
Speaker:
ロブ・リード
Description:

合成生物学と遺伝子編集技術の持つ世界を一変させるような将来性には暗い面があります。この未来を見通したトークでは、著者で起業家のロブ・リードが、人類を滅亡させうるウイルスの作成に必要な道具や技術を手にできる人の増加が世界にもたらすリスクを評価し、この危険を本気で考えるべき時が来ていると指摘します。

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TEDTalks
Duration:
16:36

Japanese subtitles

Revisions