Retourner vers la vidéo

In Praise of Chairs

  • 0:06 - 0:09
    Every Frame a Paintingへようこそ
  • 0:09 - 0:11
    質問だ
  • 0:11 - 0:13
    こう思ったことは?
  • 0:16 - 0:18
    いい椅子だと
  • 0:18 - 0:21
    欲しいかはともかくナイスだと
  • 0:23 - 0:27
    映画には適した椅子が必要だ
  • 0:27 - 0:29
    細部を考えるのも重要
  • 0:30 - 0:32
    "ここ椅子が5種類あるぞ"
  • 0:32 - 0:33
    "なんでだよ"
  • 0:34 - 0:36
    "椅子が5種類だ"
  • 0:36 - 0:37
    "いらねーよ"
  • 0:37 - 0:41
    映画での椅子はデザインの一部だ
  • 0:41 - 0:46
    選んだ椅子が人物や世界を構築する
  • 0:46 - 0:50
    "書類だ 仕事の書類"
  • 0:50 - 0:52
    では見ていこう
  • 0:52 - 0:55
    映画の名前は字幕から
  • 0:59 - 1:04
    映画を作るとして 椅子をどう使おう?
  • 1:04 - 1:08
    普通椅子は世界の一部分だ
  • 1:08 - 1:12
    日常の中でそう扱っているだろう
  • 1:14 - 1:17
    椅子を見ればそこが綺麗な場所か
  • 1:18 - 1:20
    違うかわかる
  • 1:20 - 1:23
    キャラが貧乏なのか
  • 1:23 - 1:24
    裕福なのか
  • 1:25 - 1:27
    "テーブルだけじゃ売れない?"
  • 1:27 - 1:30
    "椅子はいらねーんだよ"
  • 1:31 - 1:35
    適した椅子はその世界全体を想像させる
  • 1:36 - 1:38
    "醜いですね"
  • 1:39 - 1:41
    "だがどこか惹かれる"
  • 1:42 - 1:44
    "ライサ・アリンの椅子か"
  • 1:44 - 1:48
    権力や階級を表す方法でもある
  • 1:48 - 1:50
    君主
  • 1:50 - 1:52
    船の船長
  • 1:52 - 1:54
    帝国の支配者
  • 1:55 - 1:57
    "ようこそスカイ・ウォーカー"
  • 1:58 - 2:03
    また椅子はキャラを表現することもある
  • 2:03 - 2:06
    弱さや危険性も
  • 2:06 - 2:09
    "彼があなたを見上げ"
  • 2:09 - 2:11
    "あなたは彼を見下す"
  • 2:12 - 2:13
    "いいね"
  • 2:13 - 2:15
    人を下げさせる
  • 2:16 - 2:20
    抵抗したが 上には立てなかった
  • 2:20 - 2:21
    "いいだろう"
  • 2:21 - 2:22
    "いいか?"
  • 2:22 - 2:25
    人物の心理も表現できる
  • 2:26 - 2:27
    うぬぼれ
  • 2:27 - 2:29
    傲慢
  • 2:29 - 2:32
    ジョイスティックが好き
  • 2:32 - 2:35
    アニメならもっと大胆に
  • 2:35 - 2:38
    椅子とキャラを寄せられる
  • 2:39 - 2:42
    四角いカールは四角い椅子に座り
  • 2:42 - 2:46
    丸いエリーは丸い椅子に座る
  • 2:47 - 2:49
    妻の死後も妻の椅子のそばに座り
  • 2:49 - 2:53
    どれだけ愛していたかが想像できる
  • 2:55 - 2:57
    また汎用的な使い方もある
  • 2:57 - 3:00
    状況の表現だ
  • 3:00 - 3:04
    "信じるのか? あの話"
  • 3:04 - 3:07
    ゴッドファーザー2で
  • 3:07 - 3:09
    フレドは立とうとする
  • 3:09 - 3:11
    "お前が心配なんだ"
  • 3:12 - 3:13
    "俺が心配だ?"
  • 3:13 - 3:15
    だが椅子が拒む
  • 3:15 - 3:17
    "お前は俺より下だろ?"
  • 3:17 - 3:21
    落ち着かず 弱そうに見える
  • 3:21 - 3:25
    このシーンで椅子はいい働きをしている
  • 3:25 - 3:31
    俺の方が上だと言い張りながらも
  • 3:32 - 3:35
    椅子が男をぐらつかせている
  • 3:36 - 3:39
    椅子は姿勢を変えるところもいい
  • 3:39 - 3:42
    快適でなかったり
  • 3:43 - 3:46
    快適すぎたり
  • 3:46 - 3:47
    "おいバーニー"
  • 3:47 - 3:50
    "やあトム どうかしたか"
  • 3:50 - 3:53
    そして人物を
  • 3:55 - 3:56
    "ブロフェルド"
  • 3:57 - 3:58
    劇的に見せる
  • 4:01 - 4:03
    どれも排他的ではない
  • 4:03 - 4:08
    面白いのはそれらが合わさった時だ
  • 4:08 - 4:11
    「プレイタイム」では椅子が音を出す
  • 4:14 - 4:18
    シンプルなジョークだが 数分後発展し
  • 4:18 - 4:20
    2人と2つの椅子になる
  • 4:25 - 4:30
    椅子はその後もシーンに現れ続け
  • 4:30 - 4:36
    変な椅子を買う現代人のジョークになる
  • 4:36 - 4:39
    これこそがデザインの力だ
  • 4:39 - 4:42
    一つの細部が予想外の効果を生む
  • 4:44 - 4:48
    椅子でなくても これは言えるだろう
  • 4:51 - 4:55
    次に映画を見るときは考えてほしい
  • 4:55 - 4:57
    何に座るのかを
  • 4:57 - 4:58
    "これは現実か?"
  • 4:58 - 5:02
    ただのもの以上のものかもしれない
Titre:
In Praise of Chairs
Description:

plus » « moins
Langue de la vidéo:
English
Durée:
05:19

sous-titres en Japanese

Révisions