Return to Video

Syria update

  • 0:00 - 0:03
    シリアの大統領は
  • 0:03 - 0:06
    南部のダルアーで1週間に及び
    暴力的な抗議デモが続いたことを受け
  • 0:06 - 0:08
    改革を考慮することを約束しました
  • 0:08 - 0:10
    しかしながらその後も抗議デモは続き
  • 0:10 - 0:13
    デモ隊は金曜日に全国的なデモを行うよう
    国民に呼びかけることとなりました
  • 0:13 - 0:16
    木曜日には数千人の市民らが路上に集い
  • 0:16 - 0:17
    政府の弾圧により銃殺された人々を
  • 0:17 - 0:19
    弔いました
  • 0:19 - 0:21
    報道によれば
    バッシャール・アル=アサド大統領は
  • 0:21 - 0:24
    今後数時間以内に国民に対して声明を出し
  • 0:24 - 0:25
    状況の沈静化に努めると思われます
  • 0:25 - 0:31
    ダマスカスのルラ・アミン記者です
  • 0:31 - 0:34
    大統領は国民に対して
    声明を出す予定となっています
  • 0:34 - 0:38
    大統領は大幅な譲歩を提示しましたが
  • 0:38 - 0:40
    抗議デモは沈静化する兆しがなく
  • 0:40 - 0:41
    そう言い切れないとはしても
  • 0:41 - 0:43
    現時点でその効果は
  • 0:43 - 0:46
    定かではありません
  • 0:46 - 0:47
    そうですね
    まだ状況の見通しは立っていません
  • 0:47 - 0:52
    ただダルアー市民を含む
    多くのシリア国民に話を聞きました
  • 0:52 - 0:54
    大統領の対策に対する反応は様々で
  • 0:54 - 0:56
    現時点で
    活動家や過激な反政府勢力は
  • 0:56 - 0:58
    非常に懐疑的です
  • 0:58 - 1:01
    彼らは大統領の譲歩は口先だけであり
    変化は望めないと話をしています
  • 1:01 - 1:03
    一方で希望を持つ人々の声もあります
  • 1:03 - 1:05
    彼らは大統領の譲歩を
    現時点では好意的に受け止め
  • 1:05 - 1:07
    改革への第一歩であるとし
    様子を見たい
  • 1:07 - 1:10
    改革が実現するかもしれないと感じています
  • 1:10 - 1:12
    今後市民によるデモ行動なしに
  • 1:12 - 1:13
    シリアに改革がもたらされる可能性も
  • 1:13 - 1:15
    あるかもしれません
  • 1:15 - 1:18
    忘れてはならないのは
    抗議活動はダルアー市内に留まっており
  • 1:18 - 1:22
    7日間に及ぶ激しい衝突で
  • 1:22 - 1:23
    複数の死者が出たにも関わらず
  • 1:23 - 1:26
    首都は静けさを守り
  • 1:26 - 1:28
    その他のシリア国内の地域でも
    平穏が保たれているということです
  • 1:28 - 1:31
    今日は試練と判定の一日で
  • 1:31 - 1:34
    これは活動家や反政府勢力と
    政府の双方に共通します
  • 1:34 - 1:37
    他の地域に抗議デモが広まってしまえば
  • 1:37 - 1:40
    譲歩しても手遅れとなる可能性があります
  • 1:40 - 1:41
    抗議デモが広がらなければ
  • 1:41 - 1:44
    大統領はダルアーの危機を
    封じ込めることができたということで
  • 1:44 - 1:46
    シリア国民の中には
  • 1:46 - 1:49
    少なくとも大統領の声明を信じて
    現状を見守り
  • 1:49 - 1:53
    新しい対策をある程度支持する人々も
    いることを意味します
  • 1:53 - 1:56
    (ドーハの記者)しかし実際に
    譲歩案が提示されているという事実を
  • 1:56 - 1:58
    (ドーハの記者)
    これまでの状況の中で考察してみると
  • 1:58 - 2:00
    (ドーハの記者)
    これは驚くべきことではないでしょうか
  • 2:00 - 2:05
    (ドーハの記者)シリアの体制下では
    歴史的にも冷酷非情な弾圧が行われ
  • 2:05 - 2:08
    (ドーハの記者)どのような反乱も
    抑制されてきました
  • 2:08 - 2:10
    そうですね
    6ヶ月前までは
  • 2:10 - 2:14
    シリアでこのような譲歩が可能であるとは
    誰も夢にも思っていませんでしたが
  • 2:14 - 2:15
    1ヶ月前までには
  • 2:15 - 2:17
    その兆しが見えていました
  • 2:17 - 2:19
    私は日曜日にここに到着したのですが
  • 2:19 - 2:20
    到着した瞬間に私の目にも明らかだったのは
  • 2:20 - 2:24
    シリア国民と政府の双方が
  • 2:24 - 2:26
    シリアに訪れつつある変化を感じており
  • 2:26 - 2:27
    政府もこれまでのやり方を継続することは
  • 2:27 - 2:29
    不可能だとわかっているということです
  • 2:29 - 2:31
    大統領もはっきりと
  • 2:31 - 2:33
    改革の必要性を認め
  • 2:33 - 2:35
    実行することを明言しました
  • 2:35 - 2:38
    国民は改革が即座に実行されること
    本物であること
  • 2:38 - 2:40
    意味あるものであることを求めており
    これ以上待つ気はないのが現状です
  • 2:40 - 2:42
    時間との勝負となります
  • 2:42 - 2:45
    国民の中には
    大統領自身も改革を望んでいると信じる一方
  • 2:45 - 2:50
    大統領を取り巻く人々
    もしくは政治構造のせいで
  • 2:50 - 2:52
    改革が阻止されていると
  • 2:52 - 2:53
    考える人たちもいます
  • 2:53 - 2:55
    これは大統領にとっては
    ある意味有利な見解です
  • 2:55 - 2:58
    ダルアーでの抗議デモは
  • 2:58 - 3:00
    政府にさらなる重圧をかける結果となり
  • 3:00 - 3:03
    政府は今改革を実行しなければ
  • 3:03 - 3:05
    手遅れになることを実感したと言えます
  • 3:05 - 3:07
    そのため現時点で大統領には
  • 3:07 - 3:09
    シリアの危機を阻止する
  • 3:09 - 3:10
    真剣な決意があるように思えます
  • 3:10 - 3:12
    国民も大統領が
    ただ単にこの危機を阻止するのではなく
  • 3:12 - 3:15
    シリアを本気で改革する決意があることを
    確かめたいのです
  • 3:15 - 3:17
    (ドーハの記者)私たちも今後の動きを
  • 3:17 - 3:19
    (ドーハの記者)
    ルラ記者と共に追っていきます
  • 3:19 - 3:22
    (ドーハの記者)ありがとうございました
    ダマスカスよりルラ記者でした
標題:
Syria update
描述:

more » « less
Video Language:
English
Duration:
03:22
ahigotani edited Japanese subtitles for Syria update
ahigotani edited Japanese subtitles for Syria update
ahigotani edited Japanese subtitles for Syria update

Japanese subtitles

修訂 Compare revisions