Return to Video

Course 4 - Artist: Variables

  • 0:04 - 0:10
    変数には数値を保存できます。アルゴリズムで変数を使う場合、
  • 0:10 - 0:16
    変数が中に入力された値を参照します。
  • 0:16 - 0:22
    変数の中に保存された数値に応じて機能する
    賢いアルゴリズムを書くことができます。
  • 0:22 - 0:27
    弟にお誕生日おめでとう、10歳になったね!
    と伝えるアルゴリズムを書きたい場合は、
  • 0:27 - 0:33
    今だとぴったりなのですが、来年はお誕生日おめでとう、
    11歳になったね!と伝えたいです。
  • 0:33 - 0:39
    年齢という変数を作成して弟の年齢を保存し、代わりに
  • 0:39 - 0:45
    お誕生日おめでとう、「age(年齢)」に
    なったねというアルゴリズムを書きます。
  • 0:45 - 0:53
    変数は変更できるので、毎年変数「age」
    を1歳ずつ更新できるのです。
  • 0:53 - 0:57
    アーティストが描く線の長さを
    決める変数を使っていきましょう。
  • 0:57 - 1:03
    コードでは、後ほど、「move forward(前進する)」ブロックが
    長さの変数により、あなたが設定した数値を
  • 1:03 - 1:04
    参照します。
Title:
Course 4 - Artist: Variables
Video Language:
English
Duration:
01:07

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions