Return to Video

ダニエル・レヴィン:補助テクノロジー "パレット"

  • 0:01 - 0:03
    (インタビュアー)
    こんにちは
  • 0:03 - 0:05
    今回こちらの
    ダニエル・レヴィンに
  • 0:05 - 0:07
    彼と彼のチームの作品
  • 0:07 - 0:09
    "パレット" について
  • 0:09 - 0:11
    お話をうかがいます
  • 0:11 - 0:14
    ダニエルは今回の
  • 0:14 - 0:20
    ハッカデイ賞授賞式で
    注目を浴びた人物の一人です
  • 0:20 - 0:22
    今回の作品について
  • 0:22 - 0:24
    お話をうかがえますか?
  • 0:24 - 0:28
    もちろん
    これがパレットです
  • 0:28 - 0:30
    パレットの写真ですね
  • 0:30 - 0:35
    パレットは舌とコンピューターの
    インターフェイスです
  • 0:35 - 0:37
    マウスガードのようにつけて
  • 0:37 - 0:39
    舌を使うことで
  • 0:39 - 0:41
    周辺機器のコントロールが
    出来ます
  • 0:41 - 0:43
    パレットは赤外線で
    舌の動きを追跡するので
  • 0:43 - 0:44
    上あごを舌で
  • 0:44 - 0:46
    押す必要がありません
  • 0:46 - 0:48
    パレットの本当の目的は
  • 0:48 - 0:51
    ぱっと見た目では
    分かりづらく
  • 0:51 - 0:53
    また利用者のアイデンティティを
    損なうことのない
  • 0:53 - 0:55
    補助テクノロジーを
    作り出すことなんです
  • 0:55 - 0:57
    様々な補助テクノロジーが
  • 0:57 - 0:58
    すでに沢山あります
  • 0:58 - 1:00
    例えば アイ・ゲイズ
    しかしこれは
  • 1:00 - 1:01
    目の前にカメラを
    置かねばなりません
  • 1:01 - 1:02
    あとは音声コマンド
  • 1:02 - 1:03
    これにはプライバシーが
    ありません
  • 1:03 - 1:04
    そこでパレットは
  • 1:04 - 1:05
    ぱっと見には分からず
  • 1:05 - 1:07
    誰にも気づかれずに
    コントロール出来る
  • 1:07 - 1:09
    デバイスとして
    作られました
  • 1:09 - 1:11
    なのでこの装置の
    キャッチフレーズは
  • 1:11 - 1:12
    "舌を使ったテレキネシス"
    なんです
  • 1:15 - 1:17
    これはまだ
  • 1:17 - 1:18
    手探りの段階で
  • 1:18 - 1:20
    いつかこの方向性で…
  • 1:20 - 1:22
    この方向性で試行を重ね
  • 1:22 - 1:24
    いつかこういった
    インターフェイスが
  • 1:24 - 1:25
    スマートな形状で
  • 1:25 - 1:27
    見た目にも分かりづらくなり
  • 1:27 - 1:29
    これを使う人
  • 1:29 - 1:31
    特に四肢麻痺の人たちが
  • 1:31 - 1:33
    彼らの周辺機器を
  • 1:33 - 1:34
    誰にも気づかれず
  • 1:34 - 1:36
    邪魔もされずに
  • 1:36 - 1:37
    自分ひとりでコントロール
  • 1:37 - 1:39
    出来るようになるといいなと
  • 1:39 - 1:41
    (インタビュアー)
    素晴らしいですね
  • 1:43 - 1:44
    これを実際に…
  • 1:44 - 1:46
    使った人たちの反応は
  • 1:46 - 1:48
    どんな感じでしたか?
  • 1:48 - 1:53
    今はまだそこそこに
    動くという感じなんです
  • 1:54 - 1:55
    驚くほど快適ですよ
  • 1:55 - 1:57
    今はまだちょっと
    大きいんですが
  • 1:57 - 2:01
    それでも口内には
    おさまります
  • 2:01 - 2:03
    快適だし
    そこそこ使えますが
  • 2:03 - 2:04
    当面のところ
  • 2:04 - 2:05
    この装置のポテンシャルに
  • 2:05 - 2:08
    期待がされている
    という感じですね
  • 2:10 - 2:12
    現在は
    プロトタイプみたいな感じです
  • 2:13 - 2:14
    (インタビュアー)
    なるほど
  • 2:15 - 2:16
    あなたとあなたのチームは
  • 2:16 - 2:18
    どうしてこの装置に興味を?
  • 2:20 - 2:22
    まず僕らのチームは
  • 2:23 - 2:25
    友達の集まりなんですが
  • 2:25 - 2:26
    世の中のためになる
  • 2:26 - 2:29
    何かをしたいなと思っていて
  • 2:29 - 2:31
    それともう一つ
  • 2:31 - 2:34
    僕は体操をよくやるんですが
  • 2:34 - 2:37
    時々ケガもします
  • 2:37 - 2:38
    そうなると自分自身で
  • 2:38 - 2:39
    何かを…
  • 2:39 - 2:41
    自分のやりたいことを
  • 2:41 - 2:45
    自分でやれることに
    感謝するようになるんです
  • 2:46 - 2:49
    手を普通に持ち上げるとか
    …歩くとか…
  • 2:49 - 2:52
    するとそういう思いが
    ある考えに行き着くんです
  • 2:53 - 2:54
    つまりどういうことかと言うと
  • 2:54 - 2:57
    僕らは様々な物を
    作る能力があり
  • 2:57 - 2:59
    著しい進歩もある
  • 2:59 - 3:00
    けれどこれらの全てが
  • 3:00 - 3:02
    必要かと言ったら
    どうでしょう?
  • 3:02 - 3:03
    そういった努力を
  • 3:03 - 3:05
    誰もがそれぞれの人生を
  • 3:05 - 3:06
    自分なりに
    体験できるような何かを
  • 3:06 - 3:08
    作ることに
    使うべきだと思うんです
  • 3:08 - 3:10
    (インタビュアー)
    ではこの作品の未来像は
  • 3:10 - 3:11
    どんな感じですか?
  • 3:12 - 3:14
    この作品はオープンソース
    プラットフォームとして作ったので
  • 3:14 - 3:17
    このデザインを
    ネット上にあげて
  • 3:17 - 3:19
    誰でも
    そのデザインをもとに
  • 3:19 - 3:21
    パレットが
    作れるようにしました
  • 3:21 - 3:22
    こうすることによって
  • 3:22 - 3:25
    パレットの
    コミュニティを作り
  • 3:25 - 3:28
    利用者の本当のニーズが
  • 3:28 - 3:30
    分かるようにしたいんです
  • 3:30 - 3:33
    つまり単にテクノロジーを
    作るのではなく
  • 3:33 - 3:34
    皆でこの技術を発展させて
  • 3:34 - 3:35
    限界を押し上げることで
  • 3:35 - 3:37
    テクノロジーであることを
  • 3:37 - 3:41
    忘れてしまえるような
    そういう
  • 3:41 - 3:43
    理想的なテクノロジーを作り
  • 3:43 - 3:44
    誰もが自立した生活を
  • 3:44 - 3:46
    送れるように
    なってほしいんです
  • 3:46 - 3:47
    (インタビュアー)
    素晴らしいですね
  • 3:47 - 3:49
    今日はありがとう
  • 3:49 - 3:52
    これからも作品を作り続けて
    発表し続けてくださいね
  • 3:52 - 3:53
    もちろん
  • 3:53 - 3:54
    (インタビュアー)では
  • 3:54 - 3:55
    ありがとう
  • 3:55 - 3:56
    (インタビュアー)
    ではこの辺で
Title:
ダニエル・レヴィン:補助テクノロジー "パレット"
Description:

ABILITY Magazineは今回ダニエル・レヴィンにお話をうかがいました。ダニエルは彼のチームとともに、パレットという舌を使ったインターフェイスを開発。パレットは四肢麻痺の人たちが、舌を使って自分の周辺機器のコントロールが出来るようにアシストする装置です(ハッカディのスーパーコンより)

more » « less
Video Language:
English
Team:
ABILITY Magazine
Duration:
03:55

Japanese subtitles

Revízie Compare revisions