Japanese subtitrări

← ブライアン・ザニスニック&エリック・ウィンクラー:アニメーションでの会話 | ART21 「ニューヨーク クローズアップ」

Obține codul încorporat
7 Languages

Showing Revision 16 created 10/11/2019 by megf.

  1. [ニューヨーク:クローズアップ]
  2. エリック・ウィンクラー/アーティスト
  3. エリック:ブライアンにはハロウィンパーティで会ったんだ
  4. ブライアン・ザニスニック/アーティスト
  5. エリック:ブライアンはアートをやっていて
  6. 僕もアートをやっていて
  7. 二人ともニュージャージーで育って
  8. 同じような境遇だったんだ
  9. ブライアン・ザニスニック&エリック・ウィンクラー:
    アニメーションでの会話
  10. おまえは泳いで来い
    俺は芸術作品を作る!
  11. エリック:それから二人でコミックを始めた
  12. 理由は…
  13. ブライアンはいつも絵を描きたかったんだと思う
  14. でもできないんだ
  15. ブライアンの創る彫刻は絵みたいだ
  16. 何かやってそれを消して
  17. やり方は絵を描くのに似てる
  18. 彼はニュージャージーの影響を受けたイタリア人
  19. 少しだけユダヤ人の影響が入ったような
  20. つまり要約すると
  21. よく手振りが入って
  22. 話すことは
  23. 色々なクレイジーなこと
  24. 長年友人だから
  25. 何かとんでもないことを
    言うのはわかってる
  26. それで「どれが本当のこと?」
    って聞かないといけない
  27. ブライアン:変なインフルエンザにかかって
  28. 頭がガンガンした
  29. ほとんど良くなったけど
  30. ちょっと混乱してる
  31. もしかしたら…
  32. 今も脳の周りに水が溜まっていってるのかも
  33. それで時々家で
  34. 一人座って
  35. こう言うんだ
  36. 「僕はブライアン・ザニスニック
  37. ニューヨークのリッジウッドに住んでる
  38. アーティストだ」
  39. 自分のことを繰り返し言う
  40. 自分のことを知ってれば
  41. 混乱しないし
  42. もし混乱しても
    違うって反論できる
  43. 混乱してる人は自分が混乱してるのに
    気づかないから
  44. でも脳の周りに
    水が溜まっていってると思う
  45. 次のコミックで
  46. 何をするか考えないとね
  47. できるのは
  48. 今世間で起こってることについて
  49. エリック:考えてたこととか?
  50. ブライアン:(ため息)どうだろう…
  51. エリック:作ってる作品はどうなった?
  52. ブライアン:今のプロジェクトで
  53. 図書館を作ってるんだけど
  54. 内容はフィリップ・ロスが
    もう少しのところで…
  55. エリック:裁判を起こそうとしたよね
  56. ブライアン:そうそう 裁判
  57. 第七の裁判
    配役 フィリップ・ロス:死神
  58. (ブライアン、ロスの真似で)私はロスだ
  59. おまえの側にしばらくいるよ
  60. 弁護士も一緒だ
  61. ブライアン:嫌だ!
  62. 頭から出ていけ!
  63. 2012年に
  64. エイブロンズ アーツ センターで
    パフォーマンスをしていたんだ
  65. 何千もの作品の真ん中で
  66. 20フィートの高さの
    ガラスの箱があって
  67. そこでフィリップ・ロスの小説を
    手に持ってた
  68. 声を出して読んでたわけじゃなくて
  69. ただ手に持ってたんだ
  70. ロスはそれを知って
  71. 訴えようとした
  72. それで昨日アマゾンで
  73. ロスの本を550冊買った
  74. エリック:嘘だ
    いくらだった?
  75. ブライアン:だいたい…
  76. 1600ドルぐらいかな
    安かったよ
  77. ブライアン:今ロスの作品をたくさん集めてるんだ
  78. フィリップ・ロス大統領図書館
  79. ロスの3Dプリントした胸像もあるよ
  80. エリック:新しいルームメイトだね

  81. (ラジオ番組)「 フレッシュ エア」をお送りするのは
    私テリー・グロスです
  82. フィリップ・ロス 誕生日おめでとう!
  83. エリック:また訴えようとするかも?
  84. ブライアン:だといいね でも…
  85. これはマイアミの
    ギャラリーには内緒ね
  86. 木曜に行くんだ
  87. 運輸保安局の検査官:ふざけてるのか?
  88. 誰のスーツケースだ?
  89. これが何なのか説明しろ
  90. ブライアン:大学院にいた時
  91. ビデオを撮影してたんです
  92. それで撮影が終わった後
  93. 使ったオブジェを
  94. 壁に並べて一つの場面にして
  95. 写真を撮ってました
  96. それで気づいたんですけど
  97. その写真がビデオよりも
    もっと面白く見えました
  98. それで近年すごく興味があるのは
  99. 具体的な場面にどれだけこだわるかなんです
  100. いいね その線でもっと話そう
    何か特別な何かがある気がする
  101. ロスに関するコミック
  102. エリック:いや もうアイデアはあるよ
  103. ロスのことはいいと思うけど…
  104. クイーンズ美術館で何かやるんだよね?
  105. ブライアン:1年そこのアトリエを使ってるんだけど
  106. このプロジェクトで写真用の
  107. セットを作ってるんだ
  108. 覚えてる?
  109. 去年「DUMBO」のアトリエに
    来てくれたよね
  110. マンハッタンのスカイラインが
    ものすごく良く見えた
  111. エリック:うん 覚えてる
  112. ブライアン:それで窓越しにセットを作って
  113. そこに穴を開けたんだ
  114. (紙が破れる音)
  115. クイーンズ美術館に行った時
  116. それを続けたいと思った
  117. エリック:でも眺めはそんなに良くないよ
  118. ブライアン:アトリエには窓がない
  119. それが問題なんだ
  120. でも美術館のすぐ外に
  121. 万国博覧会のモニュメントがある
  122. みんなフォトショップしてると
    思ってるみたい
  123. 思うんだけど
  124. 街と繋がりのある場所や
  125. イメージさせる場所は
  126. ほとんど手の届かないものになってる
  127. クイーンズ美術館にしても
  128. 素晴らしい施設だけど
  129. 場所的にほとんど
    ロングアイランドだよね
  130. だから除け者にされてるような気がする
  131. だからニューヨーク独特の
  132. アイコン的なものが
  133. アーティストの手から
    失われている気がする
  134. ある意味では
  135. このプロジェクトは
  136. 変な意味で
  137. ニューヨークに別れを告げてるのかも
  138. ニューヨークからの脱出
  139. 僕の作品はとても私的なものだけど
  140. あまり自叙伝みたいにならないように
    気をつけてる
  141. でもエリックはコミックの中で
    直接的になるのは
  142. 気に入ってる
  143. いいと思うのは
    内容にぴったりさせること
  144. 自伝に新しい一面を加えてくれるからね
  145. このパフォーマンスでは
  146. 僕の手がバゲットになってて
  147. それが剥ぎ取られて
  148. 両親がそれを食べたんだ
  149. エリック:そうそう
  150. ブライアン:楽しかったな
  151. エリック:このキャラクターはもう少し傲慢なんだ
  152. 実際のブライアンに
    全く傲慢さがないわけじゃないから
  153. それが時々滲み出てる
  154. ブライアン:エリックと僕には似てるところがたくさんある
  155. 悲しいことにエリックは
    2年前に母親を癌で亡くして
  156. 僕も母親を去年癌で亡くした
  157. その出来事が
  158. 僕たちの友情に深みを与えたと思う
  159. 若い頃にこういう経験をして
  160. 僕たち自身にも深く影響したと思う
  161. お父さんはどうしてる?
  162. エリック:元気だよ
  163. ブライアン:変だよね
  164. どうやって…
  165. きみが母親のことを話すのに…
  166. 僕は父親の話を持ち出してる
  167. エリック:気持ちの対処には
  168. それぞれの段階があって
  169. その段階には
    それぞれの感情がある
  170. 未だに
  171. 感情的にしんどい日がある
  172. ブライアン:僕の母親は…
  173. ブライアン:とても個性的だった
    エリック:うん 個性的だったね
  174. エリック:僕の母親もだよ
    ブライアン:そうだね
  175. 今思うとクレイジーなのは
  176. きみが僕の母のことばかり描いてたこと
  177. エリック:ほんとだよね
    ブライアン:うん
  178. おかしいけど時々お母さんを書き足したくなるよ
  179. ブライアン:変かもしれないけど
  180. 母は喜ぶと思うんだ
  181. 誰かに言われたんだけど
  182. 「関係は本当に終わるわけじゃない」って
  183. ただ変化するだけだって
  184. ほとんどの場合は悲しい方向にだけど
  185. でも完全に終わるわけじゃない
  186. エリック:確かに
  187. ブライアン:今までに
  188. 30ぐらいのパフォーマンスを両親とやったけど
  189. 信じられないかもしれないけど
  190. 7年間の間にね
  191. すごく良かったのは
  192. その間に両親との関係が
  193. いい方向に成長したことかな