Return to Video

アビゲイル・デヴィル:「自由の光」|Art21 「エクステンデッド・プレイ」

  • 0:07 - 0:10
    アビゲイル・デヴィル
    「苦悩なくして前進は成しえない
  • 0:14 - 0:19
    自由を支持すると公言しながらも
    運動を重んじないのは
  • 0:19 - 0:23
    土を耕すことなく収穫を求めたり
  • 0:25 - 0:28
    雷鳴や稲妻を伴わない雨を求めたり
  • 0:31 - 0:35
    海水が大きくうねることのない海を
    求めたりするのと同じだ」
  • 0:38 - 0:42
    フレデリック・ダグラス
    1857年8月4日
  • 0:42 - 0:46
    アビゲイル・デヴィル「自由の光」
  • 0:56 - 0:58
    [マディソンスクエアパーク]
  • 1:01 - 1:05
    フレデリック・ダグラスの言葉に
    出会った当時は
  • 1:05 - 1:09
    この夏の出来事を
    手短に文脈に当てはめるすべを
  • 1:09 - 1:12
    模索していたところでした
  • 1:14 - 1:17
    ダグラスが描写した心象風景は
    これだったと思うのです
  • 1:17 - 1:20
    波がうねる様子と
  • 1:21 - 1:24
    人々が波のように並んで腕を組み
  • 1:24 - 1:28
    コロナ禍において
    死の可能性に直面しながら
  • 1:28 - 1:31
    抗議活動を行ったことに思いを馳せ続けました
  • 1:31 - 1:34
    この国の基盤だと
    表向きは装っていることのために
  • 1:34 - 1:37
    闘う人たちのことを
  • 2:00 - 2:04
    この作品は ブラック・ライウズ・マターの
    抗議運動と
  • 2:04 - 2:10
    400年にわたり この大陸に生きた
    黒人の命をたたえるものです
  • 2:13 - 2:15
    マネキンの腕を置きながら思ったんです
  • 2:15 - 2:19
    全く違った結果をもたらし得た
    やり方があったのかもしれない
  • 2:19 - 2:23
    見落としていたチャンスの瞬間が
    あったのかもしれないと
  • 2:23 - 2:28
    ニューヨークや国の歴史上において
    そういう瞬間は循環的にありました
  • 2:29 - 2:30
    つまり 前進に向けた瞬間や
  • 2:30 - 2:36
    条件を公平にできたかもしれない
    瞬間があったはずです
  • 2:41 - 2:44
    小学校4年生のとき
    素晴らしい先生に出会いました
  • 2:44 - 2:46
    ハモンド先生という女の先生でした
  • 2:46 - 2:47
    本当に凄い先生だったんです
  • 2:47 - 2:50
    先生の歴史の授業は
    実に生き生きとしていました
  • 2:50 - 2:54
    キング牧師のスピーチ「私には夢がある」を
    レコードをかけ聞かせてくれた時は
  • 2:54 - 2:58
    教室が水を打ったように静かになりました
  • 2:58 - 3:02
    机の下で 親友の手を握っていたことを
    ひたすら覚えています
  • 3:02 - 3:05
    それほど キング牧師の言葉そのものや
    言葉が持つ力に
  • 3:05 - 3:07
    感銘を受けたのです
  • 3:07 - 3:10
    先生は間違いなく
  • 3:12 - 3:16
    私たちは皆 歴史の一員であるという
    考えを植えつけてくれました
  • 3:18 - 3:22
    たいまつを掲げた自由の女神の手が
    この公園に展示された写真を見て思いました
  • 3:22 - 3:24
    「もう探さなくていいんだ
  • 3:24 - 3:25
    見つけたから
  • 3:25 - 3:27
    私が思い浮かべていたそのものー
  • 3:27 - 3:29
    まさに私が表現したいものを見つけた」と
  • 3:30 - 3:34
    たいまつをかかげた自由の女神の手は
  • 3:34 - 3:39
    1876年から1882年までの6年間
    この公園に展示されていました
  • 3:39 - 3:43
    その期間 自由の女神の土台を作るための
  • 3:43 - 3:45
    資金集めが行われていたのです
  • 3:50 - 3:52
    私は足場が大好きです
  • 3:52 - 3:56
    ニューヨーク市内のいたるところにあります
  • 3:57 - 4:00
    常に建設と取り壊しが繰り返されています
  • 4:00 - 4:05
    自由という考えは
    何世代にもわたり絶え間なく繰り返される
  • 4:05 - 4:07
    建設と再建のもとで成り立っています
  • 4:07 - 4:09
    建設と再建のもとで成り立っています
  • 4:13 - 4:16
    もう一つの自由の象徴は
    鐘だと思いますが
  • 4:16 - 4:20
    このたいまつの中に入っているので
  • 4:20 - 4:22
    実際に鳴らすことはできません
  • 4:24 - 4:27
    この鐘は たいまつの燃料でもあり
  • 4:27 - 4:30
    とりわけ温度の高い青い炎の温度を出します
  • 4:39 - 4:43
    社会は 私たちを身体的特徴や
  • 4:43 - 4:45
    居住地や
  • 4:45 - 4:49
    社会経済階級 学歴や その他のことで
    分類しようとしてきました
  • 4:54 - 4:57
    それから今
    私たちは集まって腕を組み
  • 4:57 - 5:00
    全く別のことを主張しています
  • 5:08 - 5:11
    上手くやることは
  • 5:11 - 5:14
    ある意味
  • 5:14 - 5:16
    未来への希望の祈りのような役割をして
  • 5:16 - 5:20
    先人たちの名声を
    今の時代に思い出させるものです
  • 5:20 - 5:23
    そして引き続き下の世代に向けて
  • 5:23 - 5:28
    バトンを渡し
    集団で闘った人たちに敬意を表していくのです
Title:
アビゲイル・デヴィル:「自由の光」|Art21 「エクステンデッド・プレイ」
Description:

第272回:彫刻家でインスタレーション・アーティストのアビゲイル・デヴィルが、2020年のパブリックアート作品「自由の光」制作にあたり、何から着想やインスピレーションを得たのかについて話します。この大型彫刻は、足場に置かれたたいまつを無数の青いマネキンの前腕を炎と見立て表現しており、2020年夏のブラック・ライヴ・ズマター運動において、コロナ禍の最中にあってデモ参加者が腕を組み、人種間の平等を訴えたことに動機づけされたものです。

4年生の時に出会った教師のことを回想しながら、デヴィルは歴史へのあくなき関心や未来をつくつためにはみんなが重要な役割を担っているという信念について話します。ニューヨーク市のマディソンスクエアパークに展示されている「自由の光」は、フレデリック・ダグラスの言葉、1876年から1882年の間マディソンスクエアパークのパブリックアートとして展示されていたたいまつをかかげた自由の女神の手という、ニューヨークと米国の歴史を引き合いに出しながら、ブラック・ライヴズ・マターを記念した作品です。崩壊し行く過去と騒然とした現在、そしてよりよい未来への希望について語りながら、デヴィルは「何世代にもわたり絶え間なく行われる建設と再建」である自由という概念と、それにたいし個人また集団でできることについて一考するよう呼びかけます。

長きにわたり社会から取り残された人々や場所への関心を持ち続けたことで、アビゲイル・デヴィルは、展示場所の背景に特定した没入型アートを制作し、忘れ去られた物語に脚光を当てています。デヴィルはしばし、展示場所周辺地域で調達した物や材料を使い創作活動を行っています。収集した物品は作品に不可欠ではあるものの、デヴィルが一番焦点を置いているのは、作品が表現する物語です。デヴィルの家系は少なくとも2世代にわたりニューヨークにすんできたことから、この町への彼女の関心や町に関する作品は個人的であり政治的なものなのです。

アーティストについての詳細につきましては、 https://art21.org/artist/abigail-deville/ をご覧ください。

クレジット | Producer: Ian Forster. Interview: Ian Forster. Editor: Stephanie Andreou. Camera: Sean Hanley. Sound: Fivel Rothberh. Colorist: Jonah Greenstein. Sound Mix: Adam Boese. Music: Blue Dot Sessions. Additional Footage: John Mattiuzzi. Artwork Courtesy: Abigail DeVille and Madison Square Park Conservancy. Special Thanks: Brooke Kamin Rapaport, NYC Ferry, Pioneer Works, and Tom Reidy.

「エクステンデッド・プレイ」 は、The Andy Warhol Foundation for the Artsおよびニューヨーク市議会協賛によるニューヨーク市文化庁からの公的資金、 個人寄付者の皆様により支援をいただいています.

#AbigailDeVille #Art21 #Art21ExtendedPlay

more » « less
Video Language:
English
Team:
Art21
Proiect:
"Extended Play" series
Duration:
05:50

Japanese subtitles

Versiuni Compare revisions