Japanese subtitrări

← 心からの謝罪に秘められた、計り知れない力とは

劇作家として名高いイヴ・エンスラーは、心からの謝罪には悔恨を超える力がある、と言います。この率直で胸をしめつけるようなトークで、自身が受けた虐待の体験を、加害者たちが心から悔い改めるにはどう発言し行動すればいいのかという知見へと昇華させるまでの経緯を語り、加害者が一歩前に踏み出すための4つのステップを紹介します。
(成人向けの内容が含まれていますのでご注意ください。)

Obține codul încorporat
34 Languages

Showing Revision 24 created 03/23/2020 by Riaki Poništ.

  1. ここ数年 私たち女性は
    男性を糾弾(call out)してきました
  2. 起こるべくして起こったことです
  3. (拍手)

  4. しかし最近は もっと力を
    入れるべきことがあると考えています

  5. 良き友人でもある
    トニー・ポーターの言葉を借りると
  6. 男性を呼び入れる(call in)方法を
    見つけることです
  7. 5歳の時 父による性的虐待が始まりました

  8. 父は決まって真夜中に部屋に入ってきました
  9. 正気とは思えない様子でした
  10. 虐待は10歳になるまで続きました
  11. 私が父を拒もうとした時
  12. ようやく「嫌だ」と言えるようになった時
  13. 父は暴力を振るうようになりました
  14. 父は私を馬鹿呼ばわりし
  15. 嘘つき扱いしました
  16. 性的虐待自体は
    10歳の時に終わりましたが

  17. 本当の意味で終わることは
    ありませんでした
  18. 虐待は私を変えてしまったからです
  19. 私はいつも 不安と後ろめたさと
    恥ずかしさでいっぱいでしたが
  20. その理由は わからずにいました
  21. 自分の体を嫌悪し 自分自身を嫌悪し
  22. 病気がちになり
  23. 思考力が衰え
  24. 物忘れが多くなりました
  25. 危険なタイプの男性や女性にばかり惹かれ
  26. ひどい扱いを容認し
    むしろ自ら招いていました
  27. それが 父に教わった愛の形だったからです
  28. 父が謝ってくれるのを
    ずっと待ち続けていましたが

  29. そんな素ぶりさえないまま
  30. 謝ることなく亡くなりました
  31. そして最近 男性の有名人のスキャンダルが
  32. 次々と明るみに出たことをきっかけに
  33. あることに気づきました
  34. レイプや暴力行為を行った加害者の男が
  35. 公の場で被害者に謝罪するのを
  36. 私は聞いたことがないのです
  37. 疑問が湧いてきました
  38. 真の 心の底からの謝罪とは
    どのようなものなのだろうか?
  39. すると奇妙なことが起こりはじめました

  40. 私が執筆を始めると
  41. 父の声が降りてくるようになりました
  42. 父は自分が何をしたのか
    なぜそうしたのかを
  43. 語り始めました
  44. そして謝罪を始めたのです
  45. 父が死んでから 31年近く経つのに
  46. その謝罪の言葉 —
  47. 父に代わって私が
    書くことになった言葉の中に
  48. 謝罪の持つ力が見えてきたのです
  49. これこそ 今私たちに
    突きつけられている —
  50. 男性と虐待される女性たちという
    悲劇の構図を抜け出す鍵であると
  51. 気づいたのです
  52. 謝罪は非常に厳粛な誓約です

  53. 何もかもさらけ出す必要があり
  54. 深い内省と時間も要します
  55. 急かすことはできません
  56. 謝罪には 4つの段階があることに
    私は気づきました
  57. よろしければ ここで紹介させてください
  58. 1つめは 自らの行いについて
    つぶさに語ること

  59. 言葉を濁してはいけません
  60. 「傷つけたのなら謝る」も
  61. 「性的虐待をしてしまったなら謝る」も
  62. 不十分です
  63. 実際に何が起きたのかを
    言わなければなりません
  64. 「私は真夜中に お前の部屋に入って
  65. お前の下着を下ろしたね」
  66. 「お前が妬ましかった
    自尊心を傷つけたくなった
  67. だから 傷つけてしまった」
  68. こういった具体性こそが
    解放への鍵なのです
  69. 謝罪とは忘れないことであり
  70. 過去と現在とを結びつけ
  71. 過去に起きたことを
    実際に起こったことだと認める行為です
  72. 2つめは自分自身に
    「なぜ」と問うことです

  73. 被害者は「なぜ」という疑問に
    頭を支配されています
  74. なぜ父は長女を性的に
    虐待しようと思ったのだろうか?
  75. なぜ父は私の頭を掴んで
    壁に打ち付けたりしたのだろうか?
  76. 私の父の話をすると
  77. 父は 他のきょうだいから
    ずっと年の離れた末っ子でした
  78. 予定外の妊娠の結果できた子で
    のちに奇跡ともてはやされ
  79. 溺愛され 期待を一身に受けました
  80. しかし溺愛は 本当の愛ではないのです
  81. 溺愛とは 相手に
  82. 完璧でいてほしいという欲求を
  83. 投影することです
  84. 父は 周囲の無理な理想に応えるために
  85. 自分らしく振る舞うことを許されず
  86. 優しさや脆さ 好奇心や迷いを
  87. 表に出すことを許されず
  88. 泣くなんてもっての他でした
  89. このような感情をすべて
    心の底にしまい込む他にすべがなく
  90. 最終的には病んでしまったのです
  91. やがて 抑圧された感情は心の闇と化し
  92. 父自身の手に負えなくなり
  93. ついには激流となって私に
    襲いかかったというわけでした
  94. 3つめは 心を開いて

  95. 被害者の生の心情を感じることです
  96. 自ら深く傷つくことです
  97. 相手の恐怖心 裏切られた気持ち そして
  98. 自分の犯した虐待が長きに渡って
    相手に与える害を 身をもって感じ
  99. 相手が被った苦しみと
    じっくり向き合わなねばなりません
  100. そして4つめは もちろん

  101. 自分がしたことへの責任を取り
  102. 償うことです
  103. では こんなにも過酷で屈辱的なプロセスを
    わざわざ進もうとする動機は何でしょう?

  104. 自分の身を引き裂くような行為の動機とは?
  105. なぜならこれが 自分自身を
    解放できる唯一の方法であり
  106. 被害者を解放してあげられる
    唯一の方法だからです
  107. あなたがズタズタにしたのは
  108. 被害者だけではなく あなた自身です
  109. 他人に暴力を振るっておいて
  110. その反動に苦しまない人は
    存在しないからです
  111. 暴力は この上なく邪悪で
    有害な精神を生み
  112. あなたの人生を隅々まで蝕むのです
  113. 私が自分で書いた謝罪から
    学んだことがあります

  114. 私自身 そして無数の女性たちが
    耐え忍んできた
  115. 男性による暴力という問題を
    理解するために
  116. 取り入れなければいけない
    別の視点についてです
  117. 私たちは まず「罰」に目を向けがちです
  118. それが本能だからですが
    実のところは —
  119. 確かに罰が有効な場合もありますが
  120. それだけでは足りないのです
  121. 父は私を「罰」しました
  122. 私は心を閉ざし
  123. 深く傷つきました
  124. 罰は人を頑なにはしても
    教訓は与えてくれません
  125. 屈辱から悟りは生まれないのです
  126. むしろ 私たちが作るべきなのは
    罰を伴うことはあっても
  127. 道を開いてやれるプロセスです
  128. 男性が本当に改心し
    生まれ変われることができるように
  129. すごく長い年月 私は父を憎んでいました

  130. 死ねばいい 刑務所に
    入れられてしまえと願いました
  131. でも そういった怒りが かえって
    父の過去に私を縛りつけていたのです
  132. 私が本当に望んでいたのは
    父の行いが止まることだけではなく
  133. 父が心を改めることであり
  134. 父からの謝罪だったのです
  135. それこそが被害者の望みなのです
  136. 相手の男性をズタズタにしたいわけでも
  137. 懲らしめたら済むというのでもありません
  138. 私たちを見てほしいのです
    自分が傷つけた被害者のことを
  139. そして自分の行いを悔いて
  140. 改めてほしいのです
  141. それは可能なはずだと私は心から信じています
  142. それこそが正しい道だと心底信じています
  143. しかし それには男性の協力が必要です
  144. 男性には 今こそ勇気を出して
    変化の一部を担ってほしいのです
  145. 私は人生の大半を男性への
    糾弾(call out)に費やしましたが
  146. 今 ここに立っているのは
  147. あなた方男性を
  148. 呼び入れる(call in)ためなのです
  149. ありがとうございました

  150. (拍手)

  151. どうも

  152. (拍手)

  153. ありがとうございました

  154. (拍手)