Return to Video

07-13 Conclusion

  • 0:01 - 0:03
    MapReduceの
    デザインパターンについて学習しました
  • 0:03 - 0:08
    フィルタリングパターン、集約パターン
    構造パターンです
  • 0:08 - 0:12
    デザインパターンが有用な点は何でしょうか
  • 0:12 - 0:14
    これらのパターンは
    レンズのようなものだと考えられます
  • 0:14 - 0:17
    それを通して問題を見ようとするからです
  • 0:17 - 0:23
    ビッグデータの問題にぶつかって
    分析しようとしている時に
  • 0:23 - 0:32
    大きなデータセットから
    小さなサンプルを抽出することがあれば
  • 0:32 - 0:34
    フィルタリングパターンを使用するチャンスです
  • 0:34 - 0:38
    同様に問題の本質がデータの集約や
  • 0:38 - 0:45
    階層型データベースへの移行に関連しているなら
  • 0:45 - 0:47
    すべてのパターンを使用できるかもしれません
  • 0:47 - 0:54
    データ統合や入出力を扱うパターンもあります
  • 0:54 - 0:57
    まずは自分に問いかけてみてください
  • 0:57 - 1:00
    今取り組もうとしている問題は
  • 1:00 - 1:03
    フィルタリングか、集約、構造の
    どれかかもしれません
  • 1:03 - 1:10
    簡単ではありませんが
    MapReduceが適用できるか判別できれば
  • 1:10 - 1:12
    MapReduceの達人です
  • 1:12 - 1:19
    達人になるには練習が必要ですが
    それは自分の環境でできます
  • 1:19 - 1:23
    あえて問題を作って解決することもできます
  • 1:23 - 1:29
    パターンについてより深く学習したい場合は
    紹介した本を読んでみてください
  • 1:29 - 1:33
    「MapReduceデザインパターン」を読めば
    もっと学ぶことができます
  • 1:33 - 1:38
    その前に学習したパターンを実装してみましょう
Tytuł:
07-13 Conclusion
Opis:

07-13 Conclusion

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Projekt:
ud617 - Intro to Hadoop and Mapreduce
Duration:
01:39

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions