Return to Video

重力レンズを利用して 星の質量を特定する方法

  • 0:00 - 0:02
    宇宙に関する嬉しい新情報です
  • 0:02 - 0:04
    天文学者は ハッブル宇宙望遠鏡と
  • 0:04 - 0:08
    アルバート・アインシュタインに
    開発された技術を使用して
  • 0:08 - 0:10
    初めて白色矮星の質量を特定しました
  • 0:10 - 0:13
    1916年にアインシュタインは
  • 0:13 - 0:15
    星のような巨大物体は
  • 0:15 - 0:17
    時空を歪めると言いました
  • 0:17 - 0:23
    これはつまり 星を通過した光線は曲げられ
  • 0:23 - 0:25
    以前とは別の経路を進むということです
  • 0:25 - 0:29
    1936年にチェコの技術者 マンドルが
  • 0:29 - 0:31
    アインシュタインを訪れて
    ある計算の依頼をしました
  • 0:31 - 0:35
    別の星の前を星が通過した場合の計算です
  • 0:35 - 0:38
    アインシュタインは
    忙しさに気乗りしませんでしたが
  • 0:38 - 0:40
    マンドルをかわいそうに思い
  • 0:40 - 0:42
    その計算をして
    サイエンス誌に論文を書きました
  • 0:42 - 0:43
    それは短い論文で
  • 0:43 - 0:46
    別の星の前を ある星が通過した場合
  • 0:46 - 0:48
    重力レンズ効果により
  • 0:48 - 0:51
    遠くの星は拡大され曲げられる
    というものでした
  • 0:51 - 0:55
    現在 重力レンズは
    天文学で最も強力なツールのひとつです
  • 0:55 - 0:58
    これは 宇宙の大きさの特定や
  • 0:58 - 1:00
    暗黒物質の観測や
  • 1:00 - 1:05
    暗すぎるために不可能だった
    銀河の距離の特定に使われています
  • 1:05 - 1:07
    宇宙望遠鏡で行われたことは
  • 1:07 - 1:12
    白色矮星の後ろを通過した
    遠方の普通の星の観測です
  • 1:12 - 1:15
    アインシュタインの論文どおりに
    曲げられたのです
  • 1:15 - 1:18
    正確な歪曲を調べることで
  • 1:18 - 1:22
    白色矮星がどれだけ
    時空を歪曲しているかを計算でき
  • 1:22 - 1:24
    質量が判明しました
  • 1:24 - 1:27
    白色矮星の質量は
    太陽の質量の3分の2でした
  • 1:27 - 1:30
    彼の理論どおりでしたが
    判明したことは良いことです
  • 1:30 - 1:32
    アインシュタインは
    1955年に亡くなっていますが
  • 1:32 - 1:36
    別の発見に対しても
    もう一度アインシュタインに感謝ですね
  • 1:38 - 1:40
    サイエンティフィック アメリカン
    マイク・レモニックがお伝えしました
  • 1:40 - 1:43
    チャンネル登録にも ぜひお時間を
Tytuł:
重力レンズを利用して 星の質量を特定する方法
Opis:

天文学者が近年、アインシュタインの重力レンズの概念を利用して遠方の星の質量を特定しました。その概念がどのようにして生まれて機能しているのかを、この動画でお伝えします。

チャンネル登録を!https://www.youtube.com/SciAmerican

more » « less
Video Language:
English
Team:
Scientific American
Projekt:
Misc. Videos
Duration:
01:55

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions