Japanese subtitles

← 博物館は傑出したものだけでなく、日常にも敬意を

美術館や博物館に展示されるべきなのはどんな人物でしょうか? あまりにも長い間、その答えは「非凡な人々」― つまり数々の成功で私たちを鼓舞してくれるような、歴史に名を残す並外れた人々でした。しかし、そういった物語は窮屈だ、とキュレーターのアリアナ・カーティスは言います。この先見の明のあるトークで、カーティスは非凡な人々と普通の人々、有名な人々と無名な人々の両方の人生に敬意を表することで、美術館や博物館がより正確に歴史を代表することができるのではないか、と語ります。そしてそうすることで、本来であれば常に含まれていて然るべき多様な視点を増幅できるのではないかと言うのです。

Get Embed Code
27 Languages