Return to Video

【16分解説】五輪書|宮本武蔵 ~心の迷いや不安を断ち切る、最強の人生攻略マニュアル~

  • 0:00 - 0:02
    はい!どうもアバタローです。
  • 0:02 - 0:06
    本日は、宮本武蔵の[五輪書]
    コチラをご紹介いたします。
  • 0:06 - 0:10
    どんな本かと言いますと
    生涯『無敗』と言われる最強の剣豪が残した
  • 0:10 - 0:12
    戦いの『極意書』でございます。
  • 0:12 - 0:16
    まず、どういった方にお役に立ちそうな
    内容なのかをお伝えいたします。
  • 0:16 - 0:18
    [物怖じしない、強い自分を作りたい]
  • 0:18 - 0:20
    [仕事が出来るようになりたい]
  • 0:20 - 0:21
    [勝負ごとに強くなりたい]
  • 0:21 - 0:23
    [我が道を進み、夢を叶えたい]
  • 0:23 - 0:26
    これに一つでも、当て嵌まるのであれば
  • 0:26 - 0:30
    [五輪書]は間違いなく
    そのニーズに嵌る作品であると思います。
  • 0:30 - 0:32
    ...と、言いますのも
    本書は、ただ『剣術』について
  • 0:32 - 0:34
    指南しているだけの本ではないのです。
  • 0:34 - 0:39
    就職活動、ビジネス、スポーツといった
    あらゆる勝負所で負けない為の
  • 0:39 - 0:42
    原理原則が書かれた
    人生の『攻略本』
  • 0:42 - 0:47
    それが[五輪書]という訳でございます。
    因みに、ハーバードビジネススクールでは
  • 0:47 - 0:50
    [五輪書]を経営学のテキストとして
    採用していたこともあり
  • 0:50 - 0:55
    誕生から、400年近い年月が経った今でも
    現代ビジネスにも通じる『書籍』として
  • 0:55 - 1:00
    世界的にも高い評価を得ているのです。
    更に、孤独の中で己の剣を磨き
  • 1:00 - 1:04
    我が道を突き進んだ『宮本武蔵』の生き方は
    個人の力を高め
  • 1:04 - 1:08
    より高く羽ばたこうと志を持って
    努力されている方にとっても
  • 1:08 - 1:11
    大いにご参考いただけるものと
    確信しております。
  • 1:11 - 1:16
    そこで、この動画では
    [五輪書]を誰でもしっかり楽しんでいただけるよう
  • 1:16 - 1:19
    難しい表現を避け
    カジュアルにご紹介をして参ります。
  • 1:19 - 1:24
    最強の侍が残したパワフルで
    刺激的な戦闘哲学の世界を
  • 1:24 - 1:27
    是非、最後までお楽しみください。
    それでは、参りましょう。
  • 1:27 - 1:29
    宮本武蔵、[五輪書]
  • 1:29 - 1:33
    では、まず中身に入る前に
    『宮本武蔵』という人物と
  • 1:33 - 1:36
    [五輪書]の構成について
    サラっと触れさせてください。
  • 1:36 - 1:41
    『宮本武蔵』彼の生涯については
    諸説ありますが、1584年。
  • 1:41 - 1:47
    播磨の国、今の兵庫県に生まれ
    1645年に ”没した” とされています。
  • 1:47 - 1:49
    ...ですから、活躍した時期としては
  • 1:49 - 1:53
    安土桃山時代の終わりから
    江戸時代の初期に当たります。
  • 1:53 - 1:57
    宮本武蔵は、凄まじい鍛錬の末
    最強の武士になったわけですが
  • 1:57 - 2:01
    実は、幼少期から天才的な才能があったと
    言われています。
  • 2:01 - 2:04
    初めての真剣勝負は...
    なんと!13歳の時。
  • 2:04 - 2:10
    名のある剣士が相手だったにも関わらず
    見事、勝利を収め、そこから20代後半まで
  • 2:10 - 2:15
    実に、60回以上の真剣勝負において
    一度たりとも負けることがなかったそうです。
  • 2:15 - 2:19
    しかし彼は...
    ただ、強いだけの人物ではありませんでした。
  • 2:19 - 2:23
    歌を詠んだり、水墨画を描いたり
    文化面、芸術面においても
  • 2:23 - 2:26
    マルチな才能を発揮しました。
    そして、60歳を過ぎた頃
  • 2:26 - 2:32
    熊本県の ”霊巌洞” という洞窟に籠り
    自分の人生の集大成として
  • 2:32 - 2:35
    [五輪書]を残し
    この世を去ったという訳です。
  • 2:35 - 2:38
    この『五輪』という言葉は
    もともと仏教用語でして
  • 2:38 - 2:41
    宇宙を構成している『5つの要素』
  • 2:41 - 2:45
    [地][水][火][風][空]を
    表していると言われています。
  • 2:45 - 2:50
    宮本武蔵は、その
    仏教的宇宙観に基づき[五輪書]を
  • 2:50 - 2:56
    [地の巻][水の巻][火の巻]
    [風の巻][空の巻]...という5つの章に区分し
  • 2:56 - 3:00
    戦いの極意を解いたのです。
    では、以上の点を踏まえて
  • 3:00 - 3:03
    早速ひとつ目。
    [地の巻]から見ていきましょう。
  • 3:03 - 3:07
    戦いの道を究めた!
    私がそう確信するに至ったのは
  • 3:07 - 3:10
    50の歳になってからだ。
    しかし、私はなにも...
  • 3:10 - 3:14
    剣の技術だけを追求し
    生きてきたわけではない。
  • 3:14 - 3:20
    「書道」「彫刻」「絵画」そういった
    様々な文芸についても独学でマスターしている。
  • 3:20 - 3:22
    何故、そんな器用なことが
    できるか、と思うだろう?
  • 3:22 - 3:26
    理由は一つしかない。
    何かひとつの物事を究めた人間は
  • 3:26 - 3:29
    その経験を他の物事にも
    応用できるのだ。
  • 3:29 - 3:32
    つまり、[一をもって万を知る]ことは
    可能なのである。
  • 3:32 - 3:37
    また、人間生きていれば
    己の人生を賭けた戦いに臨む時があるだろう。
  • 3:37 - 3:41
    その時にあなたが
    何を心掛けるべきなのかを伝えておく。
  • 3:41 - 3:44
    それは、自分の持てる ”道具” を
    全て使い切ることだ。
  • 3:44 - 3:49
    本来、使えるはずの武器や道具を
    何の役にも立てることなく
  • 3:49 - 3:53
    ただ腰に収めたまま、敗れ去る。
    そんなことは、真剣勝負の世界では許されない。
  • 3:53 - 3:56
    ただ、注意しなければならないのは
    それらの道具が
  • 3:56 - 4:00
    常に、有効に働くわけでは
    ない!ということだ。
  • 4:00 - 4:03
    どんな物事にも、必ず ”今しかない!”
    というタイミングが存在する。
  • 4:03 - 4:07
    道具とは、最も適した瞬間に使われてこそ
    その意味を成すのだ。
  • 4:07 - 4:09
    はい!いかがでしょうか。
  • 4:09 - 4:12
    [地の巻]は、[五輪書]の
    総論的なパートであり
  • 4:12 - 4:16
    武士として、正しい道の地盤を固める為の
    原則について解かれています。
  • 4:16 - 4:20
    整理しますと...
    [1つの道を究めると、横展開しやすい]
  • 4:20 - 4:22
    [勝利のためには、使えるものは全て使う]
  • 4:22 - 4:25
    [何事もタイミングが肝である]
    ということでした。
  • 4:25 - 4:27
    宮本武蔵と言えば『二刀流』
  • 4:27 - 4:29
    そういったイメージをお持ちの方も
    多いと思いますが
  • 4:29 - 4:32
    彼は、いつ、如何なる時でも
    『二刀流』であったかというと
  • 4:32 - 4:36
    実は、そうではありません。
    戦う相手の力量や人数。
  • 4:36 - 4:39
    場所などを考えながら
    一刀で戦ったり、二刀で戦ったり
  • 4:39 - 4:43
    刀の「長さ」や「種類」を変えたりして
    臨機応変に対応することで
  • 4:43 - 4:46
    全ての戦いに勝利してきたのです。
    何が言いたいかと言いますと...
  • 4:46 - 4:50
    宮本武蔵は、自分の手札が
    100あるなら100使え!と
  • 4:50 - 4:53
    『精神論』を振りかざしている
    訳ではないのです。
  • 4:53 - 4:57
    まずは、今...自分が持っている
    全てのカードを整理する。
  • 4:57 - 5:01
    次に、必要な切り札を絞り込む。
    最後に、適切なタイミングで
  • 5:01 - 5:04
    切り札を全て出し切り
    そして、勝利をする。
  • 5:04 - 5:10
    このように、合理的に勝ち筋を頭の中で
    描き切ることの重要性を説いているんです。
  • 5:10 - 5:14
    だからこそ、彼は刃物を持った人間と
    60回以上死闘を繰りひろげても
  • 5:14 - 5:17
    最後まで命を
    奪われなかった、という訳です。
  • 5:17 - 5:19
    では次、行きましょう。
    [水の巻]です。
  • 5:19 - 5:24
    この書に記された一文一句は
    私が命を懸けて書いたものである。
  • 5:24 - 5:27
    それ故、決して適当な気持ちで
    読んではいけない。
  • 5:27 - 5:31
    ”習おう” といった気持ちを捨て
    今の自分の仕事や生活に当て嵌め
  • 5:31 - 5:35
    頭をよく使い
    よく考えを巡らしながら読むのだ。
  • 5:35 - 5:38
    まず、『兵法の道』 において大切なこと。
  • 5:38 - 5:41
    それは、『心の在り方』なんだ。
    特に、戦いの場において
  • 5:41 - 5:45
    持てる力を十分に発揮するには
    どんな状況でも動じない
  • 5:45 - 5:47
    『平常心』が求められる。
    例えば、今...
  • 5:47 - 5:50
    自分の目の前に
    大勢の敵が居たとしよう。
  • 5:50 - 5:54
    その際、相手の数に圧倒されてはいけない。
    たくさんの問題を抱えてしまった時は
  • 5:54 - 6:00
    一遍に全てを片付けようとするのではなく
    似たような種類のものを一塊にして
  • 6:00 - 6:04
    一つ一つ倒して行けば
    必ず活路を切り開くことが出来るはずだ。
  • 6:04 - 6:06
    また、人生という戦場において
  • 6:06 - 6:11
    自分より遥かに能力が勝る者と
    刃を交わえなければならない時がある。
  • 6:11 - 6:15
    この時、多くの者は
    気持ちが一歩も二歩も引いてしまい
  • 6:15 - 6:16
    自分の負けを覚悟するだろう。
  • 6:16 - 6:18
    だが、逆に考えて欲しい。
  • 6:18 - 6:22
    能力において格上の者は
    自分よりも格下の者を見た時
  • 6:22 - 6:28
    ”コイツは、自分よりも劣った人間だ” と
    侮り...油断し、隙が生まれるものなのだ。
  • 6:28 - 6:30
    つまり、自分や相手の表面だけを見比べて
  • 6:30 - 6:35
    どっちが優れ、どっちが劣っているとか
    先入観を持ってしまうことは
  • 6:35 - 6:38
    非常に危険な考え方なんだ。
    食うか、食われるかの世界では
  • 6:38 - 6:42
    如何なる時も心は濁らせない。
    これが鉄則なんだ!
  • 6:42 - 6:45
    また、自分の進むべき道が
    定まった時も同様だ。
  • 6:45 - 6:50
    やる!と決めたからには
    雑念を取り払い、あれこれ余計なこと考えず
  • 6:50 - 6:53
    無心で取り組むといいだろう。
    「千里の道も一歩から」 と言うように
  • 6:53 - 6:57
    どんな物事だろうと直ぐに
    成果は出ない。
  • 6:57 - 6:59
    地道な鍛錬が、必ず必要になる。
  • 6:59 - 7:02
    あなたが今日、やるべきことは
    昨日のあなたに勝つことなんだ。
  • 7:02 - 7:05
    それを何日も、何年も
    積み重ねていく。
  • 7:05 - 7:07
    『鍛錬』とは、そういうものなんだ。
  • 7:07 - 7:08
    はい!いかがでしょうか?
  • 7:08 - 7:11
    この[水の巻]では
    地道な『鍛錬』によって
  • 7:11 - 7:15
    精神と肉体をコントロールすることの
    重要性について解いています。
  • 7:15 - 7:19
    まず、何においても重要なのは
    『心の在り方』である、と。
  • 7:19 - 7:22
    ...いうお話でしたが
    これは、色々な場面に当て嵌まりそうです。
  • 7:22 - 7:25
    大学受験。大事な試合。重要な商談。
  • 7:25 - 7:30
    緊張したせいで「実力の半分も出せなかったぁ」
    なんてことは、実際によくあります。
  • 7:30 - 7:33
    「いつも通り、自然体でやればいいよ」
    といった、アドバイスを貰っても
  • 7:33 - 7:37
    逆に、緊張してしまうことだって
    決して珍しくはありません。
  • 7:37 - 7:40
    そもそも、自然体とは何かと言えば
    不必要な力を抜き
  • 7:40 - 7:43
    必要な力だけが入っている
    状態のことを指します。
  • 7:43 - 7:46
    つまり、心と体を
    微調整するわけですから
  • 7:46 - 7:51
    ある程度、経験を積んだ人でないと
    身に付けることが困難な技術であると言えます。
  • 7:51 - 7:55
    では、どうやって身に付ければいいのかというと
    とにかく「場数」をこなし
  • 7:55 - 7:59
    日々「鍛錬」をするしかない。
    それが、ここでの回答となります。
  • 7:59 - 8:05
    非常に地味で、遠回りのようですが
    これが、自然体をマスターするための王道なのです。
  • 8:05 - 8:09
    これを体得することによって
    人は、高い集中状態に入ることができ
  • 8:09 - 8:13
    結果として、高いパフォーマンスを
    発揮することができるという訳です。
  • 8:13 - 8:18
    因みに、宮本武蔵は
    心の中に一切の雑念が無い状態を
  • 8:18 - 8:22
    『無念無想』と呼び
    この状態に自分をもっていった上で
  • 8:22 - 8:24
    強烈な一撃を
    相手に放つそうです。
  • 8:24 - 8:27
    まるで、全集中の呼吸みたいな話ですが
  • 8:27 - 8:32
    何かしらで、高いパフォーマンスを発揮されたい方は
    ご参考にされてみては、いかがでしょうか?
  • 8:32 - 8:34
    はい!それでは次
    [火の巻]について見ていきます。
  • 8:34 - 8:38
    まず、戦いにおいて重要なのは
    『先手を取る』ということだ。
  • 8:38 - 8:40
    この先手の取り方は
    3種類ある。
  • 8:40 - 8:43
    まず、1つが...
    自分から仕掛けに行き『先手を取る』
  • 8:43 - 8:46
    2つ目が...
    相手が攻めて来た時に『先手を取る』
  • 8:46 - 8:50
    最期3つ目が...自分と相手が
    同じタイミングでぶつかった時に
  • 8:50 - 8:53
    『先手を取る』と、いうものだ。
    どんな戦いだろうが
  • 8:53 - 8:55
    先手の取り方は、これ以外にない。
  • 8:55 - 8:59
    常に、自分から仕掛けることだけが
    先手ではないが、出来ることならば
  • 8:59 - 9:02
    自分から仕掛け、相手を翻弄し
    優位に立ちたいものだ。
  • 9:02 - 9:07
    また、戦いの世界においては
    何処で戦うのかも非常に重要になって来る。
  • 9:07 - 9:11
    自分にとって「有利な場所」
    相手にとって「不利な場所」とは、何処だろうか?
  • 9:11 - 9:16
    そういったことを考え、徹底的に
    リサーチを済ませた上で本番に臨むことだ。
  • 9:16 - 9:21
    そして、自分自身の身を相手の立場に置き換えて
    向こうは一体、どんな手を使ってくるのか
  • 9:21 - 9:24
    想像力を働かせながら
    シュミレーションを行っておくことだ。
  • 9:24 - 9:28
    また、勝負ごとの世界での
    チャンスの掴み方についてもコツを伝えておこう。
  • 9:28 - 9:31
    結論から言えば...
    「崩れ」によく注目するのだ。
  • 9:31 - 9:36
    どのような物事においても、必ずどこかで
    「崩れ」が生じる瞬間がある。
  • 9:36 - 9:40
    例えば、家が崩れ
    荷が持崩れ、相手陣営が崩れる。
  • 9:40 - 9:44
    チャンスとは正に、こういった
    「崩れ」の瞬間にこそ訪れるものなのだ。
  • 9:44 - 9:49
    それを捉え行動をし、イケると思ったら
    一気に畳みかけ、勝利を掴むと良い。
  • 9:49 - 9:50
    はい!ここで止めましょう。
  • 9:50 - 9:54
    この[火の巻]では
    敵と戦うの際の具体的な戦術。
  • 9:54 - 9:56
    駆け引きなどについて
    説いている章になります。
  • 9:56 - 10:01
    簡単にまとめますと...
    先手を取り、自分の有利な環境で戦い
  • 10:01 - 10:04
    更に崩れたタイミングを狙いましょう
    というお話でした。
  • 10:04 - 10:09
    要するに、スポーツマンシップに乗っ取って
    フェアーに戦うのではなく、自分の土俵に乗っかって
  • 10:09 - 10:11
    自分にとって、有利に戦いましょう
    という訳です。
  • 10:11 - 10:16
    例えば、宮本武蔵の場合。
    太陽の向き、視点の高さ、足場の高さなど
  • 10:16 - 10:20
    自分が有利で、相手が不利な環境を
    事前に現場調査をし
  • 10:20 - 10:23
    そこに相手を誘導した上で
    敵を叩きのめしていたと言います。
  • 10:23 - 10:28
    つまり、仕事でも何でも成功を納める為には
    そのための環境をまずもって
  • 10:28 - 10:31
    作る必要がある、と言うわけです。
    因みに、以前紹介した
  • 10:31 - 10:35
    [銃・病原菌・鉄]でも似たような話がありましたが
    覚えていますでしょうか?
  • 10:35 - 10:39
    簡単に言いますと...
    西洋諸国は、多くの国々を植民地化し
  • 10:39 - 10:45
    歴史的『勝者』とはなったが、それは
    彼らが優れた人種だったからではなくて
  • 10:45 - 10:49
    ただ単に、「有利な環境がそうさせただけだ」
    と、主張をしている作品です。
  • 10:49 - 10:51
    つまり、どんな勝負ごとに臨む時でも
  • 10:51 - 10:55
    自分が今いる環境が
    そもそも勝てる土俵なのかを
  • 10:55 - 10:58
    客観的に見つめることが
    「重要だ」と言えそうです。
  • 10:58 - 11:01
    はい!それでは次
    [風の巻]について見ていきましょう。
  • 11:01 - 11:05
    我が流派は...勝つことを第一とする
    『二天一流』である。
  • 11:05 - 11:09
    しかし、私は...ただ自分の流派だけを
    知っていれば良いとは思わない。
  • 11:09 - 11:13
    他の流派の考え、やり方を知り
    その違いを知ることもまた
  • 11:13 - 11:16
    自分の道を究める上で
    大切なことなのだ。
  • 11:16 - 11:20
    例えば、長い刀であるほど
    リーチが長い分「有利だ」と説く流派がある。
  • 11:20 - 11:25
    これについては一理あるが、明らかに
    兵法の原理原則を理解していないと言える。
  • 11:25 - 11:29
    まず、ひとつの手段を絶対的なものと
    信じ込んでしまっている時点で
  • 11:29 - 11:32
    その人物の自信のなさ
    心の弱さが伺える。
  • 11:32 - 11:35
    そもそも、何が起こるか分からない
    真剣勝負の世界において
  • 11:35 - 11:38
    この道具を使えば間違いない
    なんてはずはない。
  • 11:38 - 11:41
    そういった偏った発想は
    命取りになるだろう。
  • 11:41 - 11:44
    また、「刀は、強く振るべきである」だとか
  • 11:44 - 11:48
    「早く振るべきである」だとか
    こういった、型に嵌まった考え方もよくない。
  • 11:48 - 11:52
    そもそも、命の取り合いをしている最中に
    弱く切るとか、強く切るとか
  • 11:52 - 11:55
    力の入れ具合を呑気に
    調整している暇などないのだ。
  • 11:55 - 11:58
    本当に考えるべきことは、今...
  • 11:58 - 12:02
    自分の目の前にいる敵を ”なぎ倒す!” という
    ただ、その目的だけだろう。
  • 12:02 - 12:06
    また、我が『二天一流』は、構えがあって
    構えが無いことを極意とする。
  • 12:06 - 12:11
    『構え』とは本来、自分の身を守る上で
    最も大切な「基本の型」だ。
  • 12:11 - 12:13
    ただ、なんでもかんでも
    『構え』に縛られ過ぎて
  • 12:13 - 12:17
    本来の目的を果たせないようでは
    本末転倒だ。
  • 12:17 - 12:20
    目の前の敵が構える暇もないうちに
    『先手』を打ち
  • 12:20 - 12:23
    相手の構や
    リズムを崩してやった方が
  • 12:23 - 12:25
    よっぽど、効果的な場面など幾らでもある。
  • 12:25 - 12:27
    何のための基本動作なのか。
  • 12:27 - 12:29
    何のための道具なのか。
  • 12:29 - 12:32
    その目的、その本質を
    忘れてしまってはいけない。
  • 12:32 - 12:36
    また「剣術」には様々なテクニックが
    存在するが、何事においても
  • 12:36 - 12:40
    ただ、小手先ばかりに捕らわれるのは
    あまり良い傾向とは言えない。
  • 12:40 - 12:44
    本来の目的とは
    外れた些末なことに気を取られている間に
  • 12:44 - 12:47
    敵から先に一本
    取られてしまうのがオチだ。
  • 12:47 - 12:51
    まずは、何をするにしても
    基本となる土台をしっかりと学ぶといいだろう。
  • 12:51 - 12:52
    はい!いかがでしょうか?
  • 12:52 - 12:54
    [風の巻]では
    他者と比較することで
  • 12:54 - 12:58
    自分の道を広く、客観的に見つめる
    大切さを説いています。
  • 12:58 - 13:02
    整理しますと...
    偏った考えや、思い込みを捨てること。
  • 13:02 - 13:04
    本来の目的を忘れないこと。
  • 13:04 - 13:09
    ノウハウやテクニックばかりに捕らわれず
    基本を磨くこと、といったお話でした。
  • 13:09 - 13:13
    江戸時代には、宮本武蔵の
    『二天一流』以外に
  • 13:13 - 13:15
    『柳生新陰流』とか
    『一刀流』とか
  • 13:15 - 13:19
    様々な流派があったことで知られています。
    ただ、どの流派も
  • 13:19 - 13:22
    華やかな技巧を凝らすことで
    商売にしていたこともあり
  • 13:22 - 13:25
    武蔵としては
    本来の道から外れているのではないか、と
  • 13:25 - 13:27
    批判的な気持ちもあったようです。
  • 13:27 - 13:30
    あと、長い刀に関する言及がありましたが
  • 13:30 - 13:33
    武蔵のライバルとして
    よく描かれる佐々木小次郎は
  • 13:33 - 13:35
    長い刀を使う「剣豪」として知られています。
  • 13:35 - 13:40
    江戸時代の一般的な刀の長さが
    約70センチであったのに対し
  • 13:40 - 13:43
    小次郎の刀は
    約94センチと非常に長く...
  • 13:43 - 13:47
    それを扱うのには
    相当な技術が必要であったと、言われています。
  • 13:47 - 13:49
    彼の刀は...
  • 13:49 - 13:51
    『備前長船長光(びぜんおさふねながみつ)』という
    名刀なんですが
  • 13:51 - 13:56
    そのあまりの長さから、”物干し竿” という
    名前で呼ばれ、恐れられていたそうです。
  • 13:56 - 14:01
    そして、小次郎自慢の ”物干し竿” に対し
    武蔵は、どういった手段で対抗したかと言いますと
  • 14:01 - 14:03
    なんと!彼は
    「俺のは、もっと長いぞ!」と言って
  • 14:03 - 14:08
    1メートル39センチの木刀を用意して
    戦いに挑んだと言います。
  • 14:08 - 14:14
    つまり、彼は事前に、対戦相手の情報をリサーチし
    真っ先にその「強み」を消しにいった訳です。
  • 14:15 - 14:17
    では次、最後です。
    [空の巻]を見ていきましょう。
  • 14:17 - 14:23
    我が『二天一流』の究極の断りについて
    この[空の巻]に書き表すことにする。
  • 14:23 - 14:27
    武士たるものは、「兵法」の道を身に付け
    更に、その他の「文芸」についても
  • 14:27 - 14:30
    よく稽古を続けるべきだ。
    それによって人は
  • 14:30 - 14:34
    心を磨き、一点の曇りもない
    晴れ渡った境地に至る。
  • 14:34 - 14:36
    それこそが、『空』の教えなのだ。
  • 14:36 - 14:39
    はい!だいぶ短いですが
    [空の巻]は、これでお終いです。
  • 14:39 - 14:42
    この書は、極めて短い
    エピローグ的なところでして
  • 14:42 - 14:47
    宮本武蔵が武士としての人生から導きだした
    『哲学』を説く章になります。
  • 14:47 - 14:50
    因みに、ここは
    [空の巻]よりも前に見て来た
  • 14:50 - 14:52
    他の4巻を
    全て体得することによって
  • 14:52 - 14:55
    初めて到達できる領域である、と
    言われています。
  • 14:55 - 14:59
    すごく簡単に言いますと
    宮本武蔵が、剣の道を追求したように
  • 14:59 - 15:04
    自分の道をひたすら突き進んだ先に
    『真の自由』が待っている。
  • 15:04 - 15:07
    これが『空』と呼ばれる
    最終境地なのだ、というお話です。
  • 15:07 - 15:10
    実際は、もっと
    遥かに奥深いところなので
  • 15:10 - 15:13
    ご興味のある方は『原点』を
    当たってみていただければと思います。
  • 15:13 - 15:16
    ...という訳で
    5つの巻物に関しては、ここでお終いです。
  • 15:16 - 15:19
    仕事や日々の生活など
    色んなことに当て嵌めて
  • 15:19 - 15:23
    取り入れられそうなものを
    見つけていただけましたでしょうか?
  • 15:23 - 15:27
    この変化の激しい時代において
    ひとつの道をまっすぐ進んで行くことは
  • 15:27 - 15:30
    決して、簡単なことではありません。
  • 15:30 - 15:32
    もしかしたら...
    この道は行き止まりかもしれない。
  • 15:32 - 15:35
    進んでいる途中で
    閉ざされてしまうかもしれない。
  • 15:35 - 15:39
    そういった不安や恐怖が
    常に、付きまとって来ます。
  • 15:39 - 15:41
    しかし、一つの道を究めることは
  • 15:41 - 15:45
    あらゆる可能性の扉を開く
    『鍵』になるのだ、と
  • 15:45 - 15:48
    宮本武蔵は、その生き方によって
    示してくれました。
  • 15:48 - 15:51
    もし、今やりたいことがあるのに
    躊躇しているのであれば
  • 15:51 - 15:55
    彼の言葉と、そして自分を信じて
    とにかく無心になって
  • 15:55 - 15:57
    我が道を進んでみてはいかがでしょうか?
  • 15:57 - 16:02
    その道の先には真の自由が...
    あなたを待っているかもしれません。
  • 16:02 - 16:06
    はい!というわけで
    宮本武蔵[五輪書]以上でございます。
  • 16:06 - 16:07
    いかがでしたでしょうか。
  • 16:07 - 16:10
    日本の古典は
    主に「人間同士の絡み」や
  • 16:10 - 16:15
    その中で生まれる「心の繊細な動き」に
    注目した作品が多いのですが
  • 16:15 - 16:18
    [五輪書]のように
    ただ「勝つ」ことのみを追求した
  • 16:18 - 16:23
    一人の人間の生き方
    考え方が解かれた古典は、極めて珍しく
  • 16:23 - 16:25
    貴重な作品だと言われています。
  • 16:25 - 16:28
    ご興味を持たれた方は
    是非、チェックしてみてください。
  • 16:28 - 16:31
    また、途中で紹介しました
    [銃・病原菌・鉄]については
  • 16:31 - 16:33
    動画概要欄に貼っておきます。
  • 16:33 - 16:35
    是非、こちらも併せて
    ご覧いただければと思います。
  • 16:35 - 16:40
    面白かった、参考になったという方は
    高評価・コメントなどいただけますと嬉しいです。
  • 16:40 - 16:42
    また、チャンネル登録も
    よろしくお願い致します。
  • 16:42 - 16:45
    それではまた、次の動画でお会いしましょう。
    ありがとうございました。
タイトル:
【16分解説】五輪書|宮本武蔵 ~心の迷いや不安を断ち切る、最強の人生攻略マニュアル~
概説:

more » « less
Video Language:
Japanese
Duration:
16:46

Japanese subtitles

改訂 Compare revisions