Return to Video

18-19 Hash Table

  • 0:00 - 0:06
    それではハッシュテーブルの目的を理解できているか
    確認の小テストを行いましょう
  • 0:06 - 0:10
    bのバケットとkのキーワードがある場合
  • 0:10 - 0:12
    kはbよりはるかに大きいと仮定します
  • 0:12 - 0:15
    バケットにあるよりもさらにキーワードがあります
  • 0:15 - 0:18
    ハッシュ関数にあるのはどのプロパティでしょう?
  • 0:18 - 0:22
    キーワードを用い数値を生成する関数だということを
    忘れないでください
  • 0:22 - 0:26
    その数値によってハッシュテーブルの位置が分かります
  • 0:26 - 0:32
    それはキーワードが含まれているバケットになります
    1つ目の選択肢は
  • 0:32 - 0:34
    ゼロとkー1間の一意の数値を出力する
  • 0:34 - 0:38
    つまり各キーワードが自らの出力数値に対応づける
  • 0:38 - 0:41
    2つ目の選択肢はゼロとbー1の数値を出力する
  • 0:41 - 0:45
    持っているバケットの数ですね
  • 0:45 - 0:51
    3つ目はキーワードのおおよそk割るbを
    バケットゼロに対応づける
  • 0:51 - 0:57
    つまりキーワードのその数値ではハッシュ関数の出力が
    ゼロになり1つ目のバケットに対応づけられます
  • 0:57 - 1:05
    4つ目の選択肢はキーワードの
    おおよそk割るbをバケットbー1に対応づける
  • 1:05 - 1:08
    これが最後のバケットです そして最後の選択肢は
  • 1:08 - 1:14
    キーワードをバケット1に対応づけるよりも
    バケットゼロに対応づける
  • 1:14 - 1:17
    ハッシュ関数が持つと思うプロパティを
    すべて選んでください
タイトル:
18-19 Hash Table
概説:

18-19 Hash Table

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
プロジェクト:
CS101 - Intro to Computer Science
Duration:
01:18

Japanese subtitles

改訂 Compare revisions