Japanese 字幕

← 04-06 Spotting_Leaks_In_Memory_Monitor

04-06 Spotting_Leaks_In_Memory_Monitor

埋め込みコードを取得する
13言語

Showing Revision 1 created 12/30/2015 by sp16.

  1. それでは
    メモリリークについて話しましょう
  2. メモリリークは静かに発生します
  3. とても遅く 密かに
    時には一日中
  4. 一週間起こる場合もあります
    それに気づいたとしてもそうです
  5. 実際はユーザーから問題があると言われて
    初めてそれに気づくことが多いです
  6. アプリの使用中に理由なく遅くなると
    言われてから気づくんです
  7. そんな状況が発生しないようにしましょう
  8. 幸いにも私たちは少しの忍耐と心の準備
    そして適切なツールがありますね
  9. アプリからリークが見つかる前に
    なくすチャンスがあると思います
  10. メモリモニターを使って
    リークの動向を把握して
  11. 次にビデオで
    確認できるヒープビュアを使います
  12. ちょっと例を見ましょう
    何でリークを確認できるか
  13. SDKツールがどのように
    リークを識別するかを見ましょう
  14. これで進めて
    数分後にデバイスを交換します
  15. そしてメモリモニターを
    プロファイルしましょう
  16. これは一般的なメモリリーク状況です
  17. 起こり得ることでもあり
    動きの邪魔となります
  18. このサイクルはデバイスの運用を変更して
    意図的に制動することが出来ます
  19. 分かります これはなんとなく
    普通のことには見えませんが
  20. この活動を行うことで
    リークがどのように起こるかを
  21. 試して
    遅くなる過程を確認できます
  22. これからリークがどのように
    フリーメモリをどんどん消耗していくのか
  23. GCまたGCイベントですら
    起こるリーク問題を見ましょう
  24. さらに重要なポイントは
    ガベージコレクションの役割ですが
  25. アプリで凄い量のリークが起こっているため
    メモリ回収が不可能になります
  26. 結局は
  27. 約30秒後に
    GCイベントはさらによく発生します
  28. この時 フリーメモリは
    リークによって使い切られたことが分かり
  29. 実質的にはアンドロイドによって運用され
    アプリには高いメモリが与えられます
  30. システムによって運用されているうちに
    リークが調整されなければ
  31. メモリはずっと消耗され
    割当できなくなります
  32. デバイスのパフォーマンスを
    低下させて
  33. 結果的にアプリの衝突につながります
  34. 少しすると
    3番目のGCイベントが発生します
  35. 4番目の発生は
    2番目と似ています
  36. こうして発生のパターンが
    見えてきます
  37. さらに多くのメモリが
    システムによって割当されます
  38. ヒットビュアからも似たような
    ことを確認できます