Return to Video

公平なアクセスの為のテクノロジー:運動障がい

  • 0:11 - 0:12
    (キャメロン)
    僕の名前はキャメロン
  • 0:12 - 0:17
    脳性麻痺という
    障がいがあります
  • 0:17 - 0:19
    この障がいの為に
  • 0:19 - 0:23
    僕の足はあまり
    うまく動きません
  • 0:23 - 0:27
    学生なのでDragonなどの
    テクノロジーを使っています
  • 0:27 - 0:33
    Dragonというのは
    音声入力システムで
  • 0:33 - 0:35
    僕が話すことを
    書き出してくれるんです
  • 0:35 - 0:38
    とても役に立っています
  • 0:38 - 0:41
    Dragonを試しに
    使ってみましょうか
  • 0:41 - 0:46
    レム睡眠の時
  • 0:46 - 0:51
    身体は複数の
    ステージを体験します
  • 0:51 - 0:54
    レム睡眠には
  • 0:54 - 0:55
    四つのステージが
    あります
  • 0:56 - 1:01
    (ブレイク)
    僕の名前はブレイク
  • 1:02 - 1:07
    ワシントン大タコマ校を
    卒業しています
  • 1:07 - 1:11
    都市研究のBAを
    持っています
  • 1:11 - 1:14
    僕は脳性麻痺があり
  • 1:14 - 1:19
    あまり速く
    ノートを取ることが出来ません
  • 1:19 - 1:27
    僕にとっての質の高い教育とは
    講師のプレゼンやノート
  • 1:27 - 1:30
    講義の概要に
    アクセスがあること
  • 1:30 - 1:37
    それによって講義や議論の
    良いノートが作れるからです
  • 1:37 - 1:40
    学校ではDynavoxを使って
  • 1:40 - 1:45
    同級生や教授たちと
    コミュニケーションを取りました
  • 1:45 - 1:50
    Co:Writerという
    予測変換ソフトも使い
  • 1:50 - 1:56
    課題や論文をより速く
    タイプ出来るようにしました
  • 1:56 - 2:01
    Co:Writerはタイプしながら
    ウィンドウ内で予測変換してくれます
  • 2:02 - 2:04
    私の名前はテレサ
    今高校生で卒業したら
  • 2:04 - 2:06
    カレッジに進学して
    心理学を専攻するつもりです
  • 2:06 - 2:11
    私には生まれつき
    腕がありません
  • 2:11 - 2:13
    Bluetoothのキーボードと
    マウスのおかげで
  • 2:13 - 2:17
    アクセシビリティを確保し
    効率的に
  • 2:17 - 2:19
    ノートを取ったり
  • 2:19 - 2:22
    必要なものをキャッチ
    出来るようにしています
  • 2:22 - 2:25
    腕がないので教室では
    キーボードとマウスを床に置き
  • 2:25 - 2:29
    モニターは
    机の上に置きます
  • 2:29 - 2:32
    ノートを取るとき
    アドレナリンのおかげで
  • 2:32 - 2:34
    かなり速く
    タイピング出来ますが
  • 2:34 - 2:39
    腕がある人ほど
    速くは出来ません
  • 2:40 - 2:43
    (K)私の名前はK
    先天性切断患者です
  • 2:43 - 2:46
    つまり生まれつき
    手足がありません
  • 2:47 - 2:51
    私が使うハードウェアは
    Surface Pro 3といい
  • 2:51 - 2:54
    とても軽量なので
    気に入っています
  • 2:54 - 2:58
    実はそれが私には
    パソコンを探す時の難点で
  • 2:58 - 3:02
    殆どのノートパソコンは
    私には持ち上げられません
  • 3:02 - 3:04
    Surfaceのもう一つ
    好きな点はタッチスクリーンで
  • 3:04 - 3:06
    マウスを使うのが
    難しい私にとっては
  • 3:06 - 3:09
    とても便利なのです
  • 3:09 - 3:13
    これならさっとタッチすれば
    思い通りに使えるのです
  • 3:13 - 3:16
    iPhoneもとても
    よく使いますね
  • 3:16 - 3:20
    Plusモデルを
    わざわざ買いました
  • 3:20 - 3:23
    なぜならデバイスが
    大きいのでたくさんの
  • 3:23 - 3:27
    PDFをスマホで読みたい
    私にはベストなのです
  • 3:27 - 3:29
    他に小型のマウスも
    使います
  • 3:29 - 3:33
    色んな人がパソコンと
    マウスを一緒に使いますが
  • 3:33 - 3:37
    私は手が小さいので
    使用するマウスも小型です
  • 3:37 - 3:40
    トラベルサイズの
    超小型マウスが
  • 3:40 - 3:42
    私の手にはちょうど
    フィットするので
  • 3:42 - 3:45
    それを使っています
  • 3:45 - 3:46
    ソフトウェアは
  • 3:46 - 3:49
    デバイスに内蔵
    されてるやつ以外では
  • 3:49 - 3:51
    二つのソフトを
    メインで使っています
  • 3:51 - 3:53
    iPhoneに内蔵された
    フィーチャーはよく使いますね
  • 3:53 - 3:57
    他にはSonocentという
    板書用ソフトがあって
  • 3:57 - 4:05
    教授や講師が行う
    プレゼンのスライドに
  • 4:05 - 4:07
    音声ファイルをシンクさせたり
  • 4:07 - 4:12
    プレゼンの間に書いておきたい
    ノートをシンクさせたり出来ます
  • 4:12 - 4:15
    起きて
  • 4:15 - 4:16
    ハイ、カンマ
  • 4:16 - 4:21
    私の名前はK
    ワシントン大4年生です
  • 4:21 - 4:24
    Dragon Naturally Speakingも
    よく使いますね
  • 4:24 - 4:27
    長い論文を書かなければ
    いけない時に役に立つし
  • 4:27 - 4:31
    簡単なメールの時でも
    たまに使ったりします
  • 4:31 - 4:34
    私の手首は非常に弱いので
  • 4:34 - 4:36
    長時間何かを素早く
  • 4:36 - 4:39
    タイプしなければならないと
  • 4:39 - 4:42
    とても痛みだすんです
  • 4:42 - 4:45
    多くのハードウェアには
    様々な機能が搭載されています
  • 4:45 - 4:48
    例えば iPhone に搭載されてる
    機能はよく使いますね
  • 4:48 - 4:54
    頼りにしているのは
    AssistiveTouchです
  • 4:54 - 4:56
    画面上にボタンを表示し
  • 4:56 - 4:58
    それを自分の好きなように
    配置換えが出来て
  • 4:58 - 5:02
    様々なコマンドが
    出せるよう設定出来るんです
  • 5:02 - 5:04
    例えば長押ししたら
    スマホを自動的に
  • 5:04 - 5:06
    ロックするように
    設定してあります
  • 5:06 - 5:10
    他にもスクリーンショットを
    撮れるよう設定してあるんですが
  • 5:10 - 5:12
    スクリーンショットは普通
    ホームボタンとロックボタンを
  • 5:12 - 5:15
    同時に押さなきゃならないんですが
    片手しかないと難しいでしょ
  • 5:15 - 5:17
    二本半しか
    指がないと特にね
  • 5:17 - 5:19
    だからとても便利な
    機能です
  • 5:20 - 5:23
    (ジョナ)
    利用するテクロジーは
  • 5:23 - 5:24
    毎年変わりますね
    なぜなら僕の病気は
  • 5:24 - 5:26
    進行性なので来年の
    今頃どういう状態に
  • 5:26 - 5:28
    なっているか
    分からないからです
  • 5:28 - 5:31
    来年は何か新しいのを
    使っているかもしれない
  • 5:31 - 5:33
    当面のアレンジメントは
  • 5:33 - 5:36
    ノートを取らなくても
    いいとかですね
  • 5:36 - 5:39
    僕の先生はパワーポイント
    などのコピーをくれるので
  • 5:39 - 5:41
    それに簡潔に
    追記するくらいです
  • 5:42 - 5:53
    (ジョン)僕の名はジョン
    脳性麻痺を患っています
  • 5:53 - 6:09
    僕の使っているパソコンは
    僕の目と連携しているので
  • 6:09 - 6:20
    僕が見たものを
    タイピングしてくれます
  • 6:21 - 6:35
    以前は誰かに頼んで
    書いてもらっていたのを
  • 6:37 - 6:44
    今では自分で
    出来るんです
  • 6:50 - 6:52
    (シェリル)
    シェリル・バーグストーラーです
  • 6:52 - 6:54
    シアトルのワシントン大で
  • 6:54 - 6:57
    アクセシブル・テクノロジー・
    サービスのディレクターをしています
  • 6:57 - 7:00
    ご覧のように
    障がい者にとっては
  • 7:00 - 7:02
    教育、キャリアやその他
    やりたいことをやれるために
  • 7:02 - 7:06
    アシスティブ・テクノロジーなどの
  • 7:06 - 7:09
    テクノロジーに
    アクセスがあることが
  • 7:09 - 7:13
    とても重要なのです
  • 7:13 - 7:16
    またウェブサイトや
    ドキュメント・ソフト
  • 7:16 - 7:19
    その他 ITの開発者は
  • 7:19 - 7:24
    アシスティブ・テクノロジーの
    利用者を含めて誰もが
  • 7:24 - 7:29
    アクセスできる製品を
    作ることが大切なのです
タイトル:
公平なアクセスの為のテクノロジー:運動障がい
概説:

運動障がいのある学生たちに、学校などで自分たちが使用しているアシスティブ・テクノロジーについて語ってもらいました。適応性のあるキーボード、テキスト音声化プロダクトなど様々な情報をシェアしてくれました。
副音声バージョンはこちら:https://youtu.be/HYz5kZgmLkE

more » « less
Video Language:
English
Team:
DO-IT
Duration:
08:13

Japanese subtitles

改訂 Compare revisions