Return to Video

12-27 Create an Object

  • 0:01 - 0:03
    前回はコンストラクタが
    クラス内で定義され
  • 0:03 - 0:08
    それがインスタンスの作成で
    使われることを話しました
  • 0:08 - 0:11
    ではインスタンスを
    作成するために
  • 0:11 - 0:14
    TextView コンストラクタを
    繰り返し呼び出します
  • 0:14 - 0:17
    コンストラクタの呼び出しでの
    コードの使用方法を見ましょう
  • 0:18 - 0:22
    “quantity” という名前の
    新たな整変数を作成して
  • 0:22 - 0:25
    初期値を “2” にしたことを
    覚えていますか
  • 0:25 - 0:26
    新規オブジェクトの作成と
  • 0:26 - 0:29
    変数内への保存はそれと
    類似したフォーマットで
  • 0:30 - 0:32
    この様になります
  • 0:32 - 0:36
    データ型は int ではなく
    オブジェクトを使います
  • 0:36 - 0:39
    オブジェクトのデータ型は
    どんなクラス名にもできます
  • 0:39 - 0:42
    今回は “TextView” です
  • 0:42 - 0:46
    変数名も条件さえ守れば
    名前は何でもいいです
  • 0:46 - 0:48
    今回は “priceTextView”
    にします
  • 0:48 - 0:50
    イコールの後は新たな
    オブジェクトです
  • 0:50 - 0:52
    右側の部分は更に
    分解できます
  • 0:53 - 0:58
    右側は “new” の後に
    オブジェクトデータ型で
  • 0:58 - 1:00
    ここでは
    “TextView” にします
  • 1:00 - 1:04
    これが TextView クラスで
    定義されたコンストラクタを
  • 1:04 - 1:08
    呼び出すので入力引数が
    入った丸括弧があります
  • 1:08 - 1:11
    コンストラクタが
    コンテキストオブジェクトを
  • 1:11 - 1:13
    要求したらここで
    “context” を渡します
  • 1:13 - 1:18
    コンテキストオブジェクトは
    アプリケーション環境に関して
  • 1:18 - 1:20
    アプリケーションリソース等に
    行く手助けになります
  • 1:21 - 1:24
    コンストラクタを呼び出して
    新規 TextView オブジェクトを
  • 1:24 - 1:26
    作成します
  • 1:26 - 1:31
    “priceTextView” という変数に
    新規オブジェクトが保存されます
  • 1:31 - 1:35
    変数はデータ型が定義した
    単一の“priceTextView” の
  • 1:35 - 1:36
    オブジェクトだけを
    保持します
  • 1:37 - 1:40
    ImageView オブジェクトを
    作成して変数に保存する例を
  • 1:40 - 1:42
    もう一つあげます
  • 1:42 - 1:46
    データ型は “ImageView” で
    変数名は “coffeeImageView”
  • 1:46 - 1:50
    代入演算子のあとに
    “new ImageView” がきます
  • 1:50 - 1:54
    このオブジェクトデータ型と
    全く同じ方法で入力します
  • 1:54 - 1:57
    コンストラクタを呼び出して
    入力内容を全て渡すので
  • 1:57 - 2:01
    丸括弧をして中に
    入力します
  • 2:01 - 2:03
    3つ目の例では
    Button オブジェクトを
  • 2:03 - 2:06
    作ってこの変数に
    保存します
  • 2:06 - 2:08
    データ型は “Button” にして
    変数名は “submitOrderButton”
  • 2:08 - 2:12
    コンストラクタを呼び出す為に
    ここは “new Button” にします
  • 2:13 - 2:16
    独自のデータ型を
    定義することも可能です
  • 2:16 - 2:20
    例えばクラス定義で
    “CatView” を作ると
  • 2:20 - 2:23
    この行を使って
    “new CatView” が出来ます
  • 2:23 - 2:25
    コンストラクタの猫の名前で
    ストリングの入力が
  • 2:25 - 2:29
    必要なので丸括弧の中に
    “Tiger” を入力して
  • 2:29 - 2:32
    CatView コンストラクタに
    渡します
  • 2:32 - 2:36
    コンストラクタの入力で
    渡すものを決めるには
  • 2:36 - 2:41
    class Javadoc または
    class source のファイルを見ます
  • 2:41 - 2:46
    新たなオブジェクトなので
    全てに “new” を使います
  • 2:46 - 2:48
    Java キーワードリストに
    戻ると
  • 2:48 - 2:51
    確かに new という
    言葉があります
  • 2:52 - 2:55
    Documentation を見ると
    コンストラクタではなく
  • 2:55 - 2:59
    factory メソッドを
    使うように指示される
  • 2:59 - 3:02
    こともあります
  • 3:02 - 3:03
    例をあげます
  • 3:03 - 3:04
    新規 MediaPlayer を
    作成します
  • 3:04 - 3:09
    “MediaPlayer.create” を
    使うように指示されます
  • 3:09 - 3:13
    これが MediaPlayer オブジェクトを
    戻して変数に保存します
  • 3:13 - 3:17
    オブジェクトのデータ型を
    “MediaPlayer” で始めて
  • 3:17 - 3:23
    . [ドット] の後に factory --
    メソッド名を “create” にして
  • 3:23 - 3:26
    入力引数を渡して
    MediaPlayer を初期化します
  • 3:27 - 3:30
    続いては Toast の
    作成例です
  • 3:31 - 3:34
    Toast は一時的に
    現れて消える
  • 3:34 - 3:34
    ポップアップメッセージ
    です
  • 3:35 - 3:39
    オブジェクトの
    データ型なので
  • 3:39 - 3:40
    コードは “Toast” で
    始まります
  • 3:40 - 3:44
    続いて factory メソッド名の
    “.makeText” になります
  • 3:44 - 3:49
    入力引数を渡して
    Toast を作成します
  • 3:49 - 3:52
    factory メソッド名と
    入力引数を知るには
  • 3:52 - 3:55
    Toast クラスの Documentation を
    見て下さい
  • 3:55 - 3:58
    コンストラクタか
    factory メソッドを使い
  • 3:58 - 4:02
    オブジェクトを作成する
    要否は Google 検索で
  • 4:02 - 4:04
    分かります
  • 4:04 - 4:07
    新規オブジェクトの作成には
    コンストラクタが一般的です
  • 4:07 - 4:10
    factory メソッドは
    あまり一般的ではないです
  • 4:10 - 4:13
    どちらにするかも
    Google 検索で
  • 4:13 - 4:14
    分かります
  • 4:15 - 4:18
    オブジェクト作成の練習は
    ここで出来ます
  • 4:18 - 4:20
    これらのコードの各行には
    エラーがあります
  • 4:21 - 4:22
    そのエラーを
    特定しましょう
  • 4:22 - 4:25
    then write the correct line
    of code in these boxes below.
    そして正しいコードを
    下の空欄に書きましょう
タイトル:
12-27 Create an Object
概説:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
プロジェクト:
UD837 - Android for Beginners
Duration:
04:27

Japanese subtitles

改訂