Return to Video

04ps-10 Stochastic Motion Solution

  • 0:00 - 0:02
    私の答えはこうです
  • 0:02 - 0:05
    前回のようにすべての動作を見ていくので
  • 0:05 - 0:10
    異なる動作結果を調べる内側のループを
    新たに作成します
  • 0:10 - 0:12
    このリストは(-1,0,1)で
  • 0:13 - 0:17
    実際の結果を
    動作リスト内で隣接する動作に設定します
  • 0:17 - 0:20
    動作リストは異なる結果のリストであることを
    覚えていますね
  • 0:21 - 0:26
    1つずつ増減させることによって
    リスト内のわずかに異なる動作が選べます
  • 0:27 - 0:29
    もちろん右端で除数4の剰余数を
    計算する必要があります
  • 0:30 - 0:35
    限度はこれまでと同様で結果をx2、y2という
    新しい座標として予想します
  • 0:36 - 0:41
    次にこの結果に確率を割り当てる必要があります
    0の場合は成功確率を取ります
  • 0:42 - 0:45
    0以外の場合は
    望ましくない結果が2つ考えられるので
  • 0:45 - 0:49
    1から引いて2で割ります
  • 0:49 - 0:52
    ルールに従ったグリッドセルかどうかを
    チェックしながらテストは進みますが
  • 0:52 - 0:55
    それはグリッドの中にあって値はゼロです
  • 0:55 - 0:59
    そして前回のように特定の動作結果の確率を掛けて
  • 0:59 - 1:03
    グリッドセルの値を追加します
  • 1:03 - 1:05
    それ以外の場合は
    衝突コストに対して同様のことをします
  • 1:06 - 1:12
    最後に動作コストで初期化した
    v2の累積値を使用します
  • 1:12 - 1:14
    ここでは確認できませんがここは埋まっています
  • 1:14 - 1:18
    前回のように価値関数を更新します
    ここに引用したものがあります
  • 1:19 - 1:21
    これがあなたがプログラミングしたコードです
  • 1:21 - 1:26
    講義で示した例との主な違いは内側のループです
  • 1:26 - 1:28
    様々な動作結果を調べて
    実際の動作結果を計算します
  • 1:28 - 1:32
    1つの結果を調査するだけではなく
  • 1:32 - 1:37
    これらの結果の確率的な加算を行うのです
タイトル:
04ps-10 Stochastic Motion Solution
概説:

dummy description

more » « less
Team:
Udacity
プロジェクト:
CS373 - Artificial Intelligence
Duration:
01:38

Japanese subtitles

改訂