Return to Video

Thomas Hirschhorn: "Gramsci Monument" | Art21 "Extended Play"

  • 0:07 - 0:13
    [トーマス・ヒルシュホーン "グラムシ・モニュメント" ]
  • 0:18 - 0:21
    [ Forest Houses, Bronx, New York ]
  • 0:23 - 0:26
    [ "グラムシ・モニュメント" (2013) ]
  • 0:26 - 0:30
    [ "グラムシ・モニュメント" オープニング ]
  • 0:36 - 0:37
    ちょっと、ごめん
  • 0:37 - 0:39
    みなさん
  • 0:40 - 0:41
    この人です
  • 0:42 - 0:46
    この人が、エリックと全てを持ってきてくれた人です
  • 0:47 - 0:49
    [YASMIL RAYMOND] トーマスは「あればあるほどいい」って信じてる
  • 0:49 - 0:55
    ミース・ファン・デル・ローエの"Less is more"の語呂合わせね
  • 0:55 - 0:59
    この「あればあるほどいい」っていうトーマスの哲学には
  • 0:59 - 1:03
    常時、とにかくたくさんのアクティビティがあるということ
  • 1:03 - 1:06
    何が起きてるのかわからなくなるほどね
  • 1:07 - 1:10
    トーマスがこのコミュニティにしてくれていることは…
  • 1:10 - 1:12
    いや、僕は…
  • 1:12 - 1:14
    僕はこのコミュニティのために何かをしてるんじゃない
  • 1:14 - 1:16
    僕がしてるのは、アートのために望んでいること…
  • 1:16 - 1:17
    OK
  • 1:17 - 1:20
    そしてアートを理解すること
  • 1:20 - 1:22
    それが僕の...僕の目的なんだ
  • 1:23 - 1:24
    [LEX BROWN] トーマスがいつもいうのは
  • 1:24 - 1:26
    僕は人々を助けるためにきたんじゃない
  • 1:26 - 1:31
    僕がここにきたのは、Forest Housesとここに住む人に
  • 1:31 - 1:34
    このアート作品を作るのを手伝ってほしいからだって
  • 1:38 - 1:40
    そしてそこには本当に大きな違いがある
  • 1:40 - 1:43
    このふたつにはものすごく大きな違いがある
  • 1:46 - 1:52
    [FREDDY VELEZ] グラムシが獄中書いたノートをスペイン語に訳してって
  • 1:52 - 1:54
    トーマスに頼まれたんだけど、すごくよかった
  • 1:54 - 1:58
    定年を迎えるはずだったんだけど
  • 1:58 - 2:01
    彼の作品のためにまた仕事始めて
  • 2:01 - 2:04
    それで今日ここにいるってわけさ
  • 2:04 - 2:05
    2ヶ月後の今も毎日
  • 2:05 - 2:07
    楽しくていい感じだよ
  • 2:11 - 2:15
    [JANET BETHEA] ここの半数の男性スタッフより、私の方が強かったわ
  • 2:15 - 2:16
    あの建物を建てたり
  • 2:16 - 2:20
    あそこの下にある台車も、あの床のところにある
  • 2:20 - 2:22
    みんなと一緒に全部やったの
  • 2:22 - 2:23
    屋根以外はね
  • 2:24 - 2:26
    高い所は苦手なの(笑)
  • 2:37 - 2:38
    僕の名前は「スタン」
  • 2:38 - 2:39
    「スタン?」
  • 2:39 - 2:40
    そう、「スタン」
  • 2:40 - 2:40
    あ、サイン、見たわ
  • 2:40 - 2:41
    そうそう
  • 2:42 - 2:43
    僕は愛のために仕事をするんだ
  • 2:44 - 2:44
    わかるわ
  • 2:44 - 2:46
    お金のためじゃない
  • 2:46 - 2:46
    お金じゃない…
  • 2:46 - 2:48
    お金じゃないんだ
  • 2:48 - 2:50
    僕が作るものは、心がこもってるんだ
  • 2:50 - 2:52
    心を込めて作ったことが一度でもあれば
  • 2:52 - 2:54
    お金は後からついてくるってわかる
  • 2:55 - 2:57
    だからこのモニュメントに参加したんだ
  • 2:57 - 2:58
    アートみたいだから
  • 2:58 - 2:59
    食べ物ってアートみたいだろう
  • 2:59 - 3:01
    料理っていうのは
  • 3:01 - 3:03
    何もないところから作る
  • 3:03 - 3:05
    おいしそうに作ると
  • 3:05 - 3:06
    美味しいかどうか
  • 3:06 - 3:07
    食べてみようって思うだろう
  • 3:13 - 3:16
    [インタビュー] どんなプロジェクトかと聞かれた時、何と答えるんですか?
  • 3:16 - 3:19
    [DANNION JORDAN] パンフレットのところにつれていく
  • 3:19 - 3:22
    [JANET BETHEA] 何かのモニュメントって答えるかな
  • 3:22 - 3:25
    [FREDDY VELEZ] 芸術と勉強のためのポジティブな場所
  • 3:25 - 3:27
    [DANNION JORDAN]スムージー・バーがある
  • 3:27 - 3:29
    [JANET BETHEA] 図書館にいって、本が読める
  • 3:29 - 3:32
    [DANNION JORDAN] WiFiがあるよって
  • 3:32 - 3:33
    [ERIK FARMER] モニュメントっていうのは、大体こう
  • 3:33 - 3:35
    固定されたもの、動かないでしょう
  • 3:35 - 3:38
    これは一時的なモニュメントで、僕は今までにこんなのは全く聞いたことがない
  • 3:38 - 3:40
    だけど、トーマスが何をしたいか説明してくれて
  • 3:40 - 3:45
    ここの住人に仕事をしてもらったり、
  • 3:45 - 3:47
    子供たちのアート教室を開いたりして
  • 3:47 - 3:50
    このモニュメントと一つになってほしいとね
  • 3:53 - 3:57
    [DANNION JORDAN]トーマスは何にも介入してほしくなかったんだ
  • 3:57 - 3:59
    雨にも、Dia (Dia Foundation) にも
  • 4:01 - 4:01
    NYCHA (New York City Housing Authority)にも
  • 4:01 - 4:04
    何にも介入されたくなかったんだ
  • 4:04 - 4:07
    介入さえしなければ、大丈夫
  • 4:07 - 4:09
    [インタビュー]じゃ、介入した時は?
  • 4:09 - 4:12
    [DANNION JORDAN] 笑
  • 4:12 - 4:15
    それは…ものすごく怒ったよ
  • 4:15 - 4:16
    叫び始めたりとか、指を使ったりとか…
  • 4:16 - 4:18
    [HIRSCHHORN] 日曜日… 日曜日も
  • 4:18 - 4:20
    [YASMIL]ええ、でも、土曜日も日曜日も私ずっといるわ
  • 4:20 - 4:21
    [HIRSCHHORN] 僕がアーティスト
  • 4:21 - 4:23
    前は誰もそこに座ってなかったよ
  • 4:23 - 4:24
    僕がアーティスト
  • 4:26 - 4:28
    [MARCELLA PARADISE] もし3時、4時までいられないなら
  • 4:28 - 4:30
    私たちいつも4時までいるから
  • 4:30 - 4:32
    クラスやったらいいじゃない
  • 4:32 - 4:33
    いいかい?
  • 4:33 - 4:35
    僕たちは観察者じゃないんだ
  • 4:35 - 4:38
    観察者はいないんだ
  • 4:38 - 4:40
    トーマスは白人じゃない、ヨーロッパ人でもない
  • 4:40 - 4:42
    黒人
  • 4:51 - 4:52
    私は… とても
  • 4:53 - 4:57
    トーマスのポスターを見てとても刺激を受けたんですが
  • 4:57 - 5:00
    そこには「全ての人間は知識人である」と書いてあって
  • 5:01 - 5:05
    今日は、ある引用で始めたいんですが
  • 5:05 - 5:07
    その概念からとったものです
  • 5:08 - 5:12
    [LEX BROWN]グラムシの「全ての人間は知識人である」というアイデアは
  • 5:12 - 5:14
    とても重要なアイデア
  • 5:14 - 5:16
    これはこのプロジェクトの大きな部分で
  • 5:16 - 5:19
    プロジェクトの全てを通して触れていること
  • 5:21 - 5:22
    [ADAM GUESSONGO] 僕の名前はアダム
  • 5:23 - 5:24
    グラフィティを描いてる
  • 5:24 - 5:25
    絵も描く
  • 5:26 - 5:28
    彫刻もする
  • 5:28 - 5:30
    これは… まだ終わってないけど
  • 5:32 - 5:36
    これは終わってないけど、ゲームのキャラクターを作ろうと思ってたんだ
  • 5:44 - 5:47
    [DANNION JORDAN] 学んだり、 教えたり、
  • 5:48 - 5:52
    でも、トーマスがここにいるから
  • 5:52 - 5:55
    みんなが集まって、お互いのことを学んでる
  • 5:55 - 5:57
    一緒に仕事してるこいつらのこと、実はよく知らない
  • 5:57 - 6:00
    他の人づたいで知ってるだけ
  • 6:00 - 6:02
    でもお互い知り合って、お互いから学ぶ
  • 6:02 - 6:04
    そういうことなんだ
  • 6:04 - 6:06
    [ 破壊は難しい; 創造と同じぐらい ] (グラムシ獄中メモ6)
  • 6:06 - 6:08
    ここで歴史が始まっているんだ
  • 6:08 - 6:10
    今までになかったこと
  • 6:11 - 6:14
    誰かに話したら、他の人がしようとするかもしれない
  • 6:14 - 6:18
    でも最初にしたのは、Forest Houseでなんだ
  • 6:19 - 6:21
    すごいことだよ
  • 6:21 - 6:24
    [クオリティは人間が作り出すもの、モノではない]
  • 6:24 - 6:27
    [LEX BROWN] みんなここ、モニュメントに、 見にこなくちゃいけない
  • 6:27 - 6:30
    このプロジェクトは「ここ」で行われていて
  • 6:30 - 6:34
    真に「サイト・スペシフィック」なプロジェクト
  • 6:34 - 6:39
    モニュメントがここに2ヶ月半あるということと
  • 6:39 - 6:43
    2ヶ月半後にはないということは、同じぐらい大事なこと
  • 6:44 - 6:47
    緊急性があるということ
  • 6:47 - 6:49
    そしてその緊急性がなければ
  • 6:49 - 6:51
    同じじゃないわ
Titolo:
Thomas Hirschhorn: "Gramsci Monument" | Art21 "Extended Play"
Descrizione:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Art21
Progetto:
"Extended Play" series
Duration:
07:17

Japanese subtitles

Revisioni Compare revisions