Return to Video

06-18 Designing the Movie Website

  • 0:00 - 0:04
    クラスやオブジェクトに関連した用語を学んだので
  • 0:04 - 0:07
    今度は映画のWebサイト作りに進みます
  • 0:07 - 0:09
    これが完成版です
  • 0:09 - 0:13
    自分の好きな映画をサイトに載せましょう
  • 0:13 - 0:15
    前のレッスンでやったように
  • 0:15 - 0:18
    クリックすると予告編が流れるようにします
  • 0:18 - 0:21
    コードに戻って始めましょう
  • 0:21 - 0:26
    今までにtoy_storyとavatarの
    2つのオブジェクトを作りましたが
  • 0:26 - 0:29
    もう少し作りたいと思います
  • 0:29 - 0:31
    あと4つ追加します
  • 0:31 - 0:34
    その前にすべてのコードが見やすくなるように
  • 0:34 - 0:37
    画面を少し大きくします
  • 0:37 - 0:40
    以前作成したインスタンスが2つあります
  • 0:40 - 0:42
    toy_storyとavatarです
  • 0:42 - 0:47
    先に進む前にすでに書いた出力文を
    コメントアウトします
  • 0:47 - 0:50
    print文とshow_trailerメソッドのところに
  • 0:50 - 0:52
    #を書き加えます
  • 0:52 - 0:54
    この2箇所に書いて完了です
  • 0:54 - 1:00
    今度は「スクール・オブ・ロック」という映画の
    オブジェクトを作りましょう
  • 1:00 - 1:02
    こちらです お気づきでしょうか?
  • 1:02 - 1:08
    私はすでに映画のタイトル、あらすじ、
    ポスター、予告編のリンクを変更しました
  • 1:08 - 1:12
    次にまた別の映画のオブジェクトを作ります
  • 1:12 - 1:16
    「レミーのおいしいレストラン」というアニメ映画です
  • 1:16 - 1:19
    今度は「ミッドナイト・イン・パリ」です
  • 1:19 - 1:21
    私のお気に入りの映画です
  • 1:21 - 1:24
    最後に追加する映画のオブジェクトは
  • 1:24 - 1:27
    「ハンガー・ゲーム」という映画です
  • 1:28 - 1:31
    これで6つの映画オブジェクトができました
  • 1:31 - 1:33
    順調に進んでいます
  • 1:33 - 1:38
    これを映画のWebサイトにするには
    不要物を取り除くコードが必要です
  • 1:38 - 1:40
    コード名はfresh_tomatoes.pyです
  • 1:40 - 1:45
    なおこのファイルは
    講師メモからダウンロードできます
  • 1:45 - 1:48
    まずこのファイルの役割を説明しておきます
  • 1:48 - 1:52
    ファイルfresh_tomatoes.pyの中には
  • 1:52 - 1:56
    open_movies_pageという関数が含まれています
  • 1:56 - 1:59
    この関数の役割を見ていきましょう
  • 1:59 - 2:03
    インプットとして映画のリストを受け取り
  • 2:03 - 2:08
    アウトプットとしてHTMLやWebサイトを
    作成または開き
  • 2:08 - 2:11
    そして予告編を再生します
  • 2:11 - 2:13
    次はいよいよ
  • 2:13 - 2:16
    ファイルfresh_tomatoes.pyを使って
  • 2:16 - 2:18
    コードにopen_movies_page関数を入れます
Cím:
06-18 Designing the Movie Website
Leírás:

06-18 Designing the Movie Website

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Projekt:
UD036 - OOP
Duration:
02:19

Japanese subtitles

Felülvizsgálatok Compare revisions