Japanese feliratok

← Debugging Shaders

Beágyazókód kérése
2 Languages

Showing Revision 1 created 03/11/2014 by Fran Ontanaya.

  1. 次は異なるプロシージャルテクスチャを例に
  2. デバッグのやり方について説明しましょう
  3. シェーダ内にブレークポイントを設定できないため
  4. スクリーン自体にシェーダの計算結果を送ります
  5. つまりgl_FragColorには最終的な値でなく
  6. 中間値を入れるわけです
  7. ここに単一色のチャンネルが3つあります
    これにdiffuse、uGainAlpha、Attenuationの
  8. 3つのプログラム値を各チャンネルへ送ります
  9. これらの値は0~1の範囲内にあるので
    調整する必要はありません
  10. 結果 このような画像が現れます
  11. 操作画面上のgain alphaスライダで緑のチャンネルから
  12. 自分が選択する値へ変えられます
  13. またシェーダ内の
    コンピュート・バイアスと呼ばれるC言語タイプの
  14. サブルーチンを使用することもできます