Return to Video

08-17 FizzBuzz

  • 0:00 - 0:03
    ではクイズです。
  • 0:03 - 0:09
    変数nの値までFizzBuzzを行うテンプレートを作ってください。
  • 0:09 - 0:12
    FizzBuzzを知っていますか?
  • 0:12 - 0:15
    FizzBuzzは簡単なプログラムテストで、
  • 0:15 - 0:18
    簡単なプログラムを書けるかどうか判別するものです。
  • 0:18 - 0:20
    FizzBuzzを行う時は、
  • 0:20 - 0:22
    このロジックを使ってください。
  • 0:22 - 0:26
    nが3で割り切れる時は"Fizz"を表示
  • 0:26 - 0:31
    5で割り切れる時は"Buzz"を表示
  • 0:31 - 0:39
    もし3でも5でも割り切れる時は"FizzBuzz"と表示
  • 0:39 - 0:43
    3でも5でも割り切れない時はnを表示してください。
  • 0:43 - 0:45
    動作させるとどんな風に表示されるか、
  • 0:45 - 0:46
    お見せしましょう。
  • 0:46 - 0:48
    動作するFizzBuzzアプリです。
  • 0:48 - 0:51
    後ほどFizzBuzz用にテンプレートをコピーしてもらいます。
  • 0:51 - 0:52
    まずはどんなものか見てください。
  • 0:52 - 0:56
    nを100にすると
  • 0:56 - 1:00
    このように表示されます。
  • 1:00 - 1:03
    1、2、3は3で割り切れるので"Fizz"
  • 1:03 - 1:06
    5は5で割り切れるので"Buzz"。4は割り切れません。
  • 1:06 - 1:09
    6は3で割り切れるので"Fizz"です。
  • 1:09 - 1:12
    15は"FizzBuzz"と表示されます。
  • 1:12 - 1:16
    3か5で割り切れるものは、"Fizz"か"Buzz"か
  • 1:16 - 1:19
    その両方が表示されます。
  • 1:19 - 1:22
    どちらでも割り切れない場合は数字が表示されます。
  • 1:22 - 1:26
    ソースはこのようになります。これは順序付きリストで
  • 1:26 - 1:31
    アイテムを表示しています。nが100になるまで追加しています。
  • 1:31 - 1:35
    下の方を見ればnが100と時まであるでしょう。
  • 1:35 - 1:37
    ハンドラーの設定はこのようにしています。
  • 1:37 - 1:40
    先ほど作業していたファイルの最後に
  • 1:40 - 1:42
    このコードを追加します。
  • 1:42 - 1:45
    FizzBuzzHandlerを呼び出す/FizzBuzzというURLを作成します。
  • 1:45 - 1:49
    ここでHandlerクラスを継承して作成しています。
  • 1:49 - 1:54
    リクエストから、デフォルトを0にしたnの値を取得し、
  • 1:54 - 1:56
    整数に変換します。n and int(n) は
  • 1:56 - 2:00
    nが存在するなら n == int(n) と同じ意味です。
  • 2:00 - 2:04
    そして n=n を渡して、fizzbuzz.html を出力します。
  • 2:04 - 2:08
    このクイズではfizzbuzz.htmlを生成してください。
  • 2:07 - 2:11
    上手く動いたら、こに貼り付けてください。
  • 2:11 - 2:13
    頑張って!
Cím:
08-17 FizzBuzz
Leírás:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Projekt:
CS253 - Web Development
Duration:
02:14
政裕 大窪 edited Japán subtitles for 08-17 FizzBuzz

Japanese subtitles

Felülvizsgálatok