Return to Video

03-06 Drawing a Square

  • 0:01 - 0:03
    今度はコンピュータを使って
  • 0:03 - 0:07
    四角を描いてみましょう
  • 0:07 - 0:11
    mindstorms.pyという新しいファイルを作成します
  • 0:11 - 0:13
    ファイルにはまず初めに
  • 0:13 - 0:16
    draw_squareという空の関数を記述します
  • 0:16 - 0:20
    Pythonにはturtleと呼ばれるモジュールがあります
  • 0:20 - 0:24
    これはコンピュータ上でものを動かして
  • 0:24 - 0:26
    ものを描くことができます
  • 0:26 - 0:28
    なぜdogやcatではなく
  • 0:28 - 0:30
    turtleなのか考えてみてください
  • 0:32 - 0:35
    turtle.Turtle()と入力します
  • 0:35 - 0:38
    この構文は不思議に見えますが
  • 0:38 - 0:42
    映像の最後でその意味が分かります
  • 0:42 - 0:44
    このTurtleを使うために
  • 0:44 - 0:48
    bradという変数に代入します
  • 0:48 - 0:51
    まずbradを前進させます
  • 0:51 - 0:54
    そのためにforward関数を使います
  • 0:54 - 0:57
    前進させる距離を数字で指定します
  • 0:57 - 0:59
    コードを実行してみましょう
  • 0:59 - 1:03
    その前に1つ忘れていました
  • 1:03 - 1:08
    Turtleの動きを見るための画面を
    用意していませんでした
  • 1:08 - 1:13
    プログラム上に赤いカーペットを
    用意する必要があります
  • 1:13 - 1:16
    画面を表示させる構文を追加します
  • 1:16 - 1:18
    画面の背景は赤色にして
  • 1:19 - 1:24
    クリックすると画面が閉じるように設定し
    プログラムを保存して実行します
  • 1:28 - 1:33
    赤い背景の画面が表示されました
  • 1:33 - 1:37
    bradという名前のTurtleが100歩前に進みました
  • 1:37 - 1:42
    それではコードに戻って四角を完成させましょう
  • 1:42 - 1:47
    100歩前に進んだら右に90度曲がります
  • 1:47 - 1:53
    そのためにbrad.right(90)と記述します
  • 1:53 - 1:58
    この2つのステップを4回繰り返すので
  • 1:58 - 2:02
    この2行をコピーして貼りつけましょう
  • 2:04 - 2:06
    2回目の分を貼りつけます
  • 2:06 - 2:12
    続いて3回目、4回目と貼りつけ
    保存して実行してみましょう
  • 2:16 - 2:18
    これで最初の四角ができました
Cím:
03-06 Drawing a Square
Leírás:

03-06 Drawing a Square

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Projekt:
UD036 - OOP
Duration:
02:20

Japanese subtitles

Felülvizsgálatok