Japanese feliratok

← 05-07 Using Memcache for Announcements

05-07 Using Memcache for Announcements

Beágyazókód kérése
4 Languages

Showing Revision 1 created 01/13/2015 by Udacity.

  1. Objectifyを使っているなら
  2. エンティティデータの保存や取得に
    Memcacheを使うように
  3. アプリケーションを構成するのは簡単ですが
  4. Memcacheを使うためのコードの書き方を
    知っておくのも便利です
  5. 売り切れ間近の会議の告知を
    Memcacheを使って保存、取得してみましょう
  6. 想像してみてください
  7. 皆さんのWebアプリケーションに
  8. 売り切れ間近の会議へ参加を促すための
    広告バナーを表示させるのです
  9. または特別講演の開催など特別なお知らせを
  10. 通知したいかもしれません
  11. しかしここではレッスンを簡単にするために
  12. 売り切れ間近の会議の告知だけを作っていきます
  13. ここでの目的はMemcacheの使い方を
    学ぶことです
  14. 告知はDatastoreではなく
  15. Memcacheに保存すべきデータのよい例です
  16. 告知がMemcacheからクリアされても
    実際の会議のデータは失われませんし
  17. 問題にはなりません
  18. 仕事上のやり取りに影響を与えることもなければ
    誰かが会議の席を失ってしまうこともありません
  19. すぐに次の告知がやってくるでしょう
    告知は一時的なものです
  20. 長期間保存したり
    バックアップを取る必要もありません
  21. ですからMemcacheのみに保存するのには
    最適なのです
  22. Datastoreに保存する必要はありません
  23. こうすれば割当リソースを消費せずに
  24. 告知を取得することができます
  25. プロジェクトに
    Announcementクラスを加えます
  26. とてもシンプルなクラスですが
  27. エンドポイントの関数がString型のオブジェクトを
    返すことができないので必要になります
  28. Announcementクラスは
    messageフィールドに
  29. 告知のテキストを保持します
  30. このクラスはエンティティのアノテーションが
    付加されません
  31. Datastoreに告知を保存しないからです