Retourner vers la vidéo

移民や難民のメンタルヘルス

  • 0:04 - 0:05
    こんにちは
    スーザン・ソングです
  • 0:05 - 0:09
    ジョージ・ワシントン大学の
    児童・青年・家族精神医学の
  • 0:09 - 0:10
    所長であり
  • 0:10 - 0:12
    国内外への避難を
    余儀なくされた人々の
  • 0:12 - 0:15
    人道的保護顧問です
  • 0:15 - 0:17
    世界中で避難民の数が
  • 0:17 - 0:19
    想定外に急増しています
  • 0:19 - 0:23
    難民、亡命希望者
    不法移民
  • 0:23 - 0:25
    付添人のない
    未成年者などです
  • 0:25 - 0:28
    世界中で現在
    6,500万人以上が
  • 0:28 - 0:32
    戦争、武力紛争
    迫害から避難しています
  • 0:32 - 0:36
    2018年初頭
    世界の約3,100万人の子供が
  • 0:36 - 0:38
    暴力や紛争で避難しました
  • 0:38 - 0:40
    現在のような状況が続くなら
  • 0:40 - 0:43
    近い将来 100人に1人が
    難民になります
  • 0:43 - 0:46
    残念ながら
    多くの難民や避難民が
  • 0:46 - 0:48
    診療科の不足
    公認ケアへのアクセスの不足
  • 0:49 - 0:52
    心の病に対する烙印などで
    必要なメンタルヘルスケアを
  • 0:53 - 0:54
    受診できなくなるでしょう
  • 0:55 - 0:57
    難民とは 事実に基づいた
    迫害の恐怖により
  • 0:57 - 1:00
    母国から逃れてきた人々であり
  • 1:00 - 1:03
    原因は人種、宗教
    国籍、政治的見解
  • 1:03 - 1:05
    特定の社会団体の会員などです
  • 1:06 - 1:08
    難民が海外での保護を要求すると
  • 1:08 - 1:11
    アメリカへの入国が許可されます
  • 1:11 - 1:14
    亡命希望者にも 事実に基づいた
    迫害の恐怖が認められます
  • 1:14 - 1:17
    しかし 彼らはアメリカ国内にいるのに
    保護を求めるのです
  • 1:17 - 1:19
    難民や紛争による
    影響を受けた人々の
  • 1:19 - 1:22
    PTSDやうつ病の有病率は
  • 1:22 - 1:23
    15-30%であり
  • 1:24 - 1:29
    難民でない人々のPTSDの有病率は
    3.5%と報告されています
  • 1:29 - 1:32
    メンタルヘルスに悪い状態を
    最も強く想定させるのは
  • 1:32 - 1:35
    拷問を受けたり
    衝撃的な出来事が重なることです
  • 1:35 - 1:39
    拷問、家族との離別
    ストレスの溜まる亡命プロセス
  • 1:39 - 1:41
    孤立、受け入れ国での
    不利な立場などです
  • 1:41 - 1:43
    すべて心の病を悪化させます
  • 1:43 - 1:47
    主に 長期に渡る拘留
  • 1:47 - 1:49
    不安定な移民の立場
  • 1:49 - 1:53
    サービスへのアクセスの悪さ
    仕事や教育の制限など移民後の環境が
  • 1:53 - 1:54
    心の病を悪化させることもあります
  • 1:55 - 1:58
    これらが感情面の問題の
    すべての問題ではありませんが
  • 1:58 - 2:00
    多くの紛争による亡命者は
  • 2:00 - 2:03
    複雑性悲嘆
    複雑なトラウマ
  • 2:03 - 2:07
    絶望、孤立、怒り
    信頼の欠如に直面します
  • 2:07 - 2:10
    多くの人々は
    とても異常な体験に対して
  • 2:10 - 2:12
    正常な反応だと感じています
  • 2:12 - 2:15
    時と共に 大半の難民の症状は
    弱くなったり なくなったりします
  • 2:16 - 2:18
    少数には 緩やかな
    回復パターンが見られたり
  • 2:18 - 2:20
    ごく少数は 長く患います
  • 2:21 - 2:25
    そのため 極度の不安からくる状況型と
    難民の明らかな心の病との違いを
  • 2:25 - 2:27
    診断する必要があります
  • 2:27 - 2:30
    過去のトラウマ体験に晒された―
  • 2:30 - 2:32
    ダイナミックな相互作用
  • 2:33 - 2:34
    継続的な日常のストレス要因
  • 2:34 - 2:37
    その中核に組み込まれる心理社会系に
    焦点をあて これを行います
  • 2:38 - 2:40
    精神科医は 難民や亡命希望者との
  • 2:40 - 2:43
    臨床業務での文化的交流を
    上手くすることで 助けられのです
  • 2:44 - 2:47
    亡命の査定を行う政治レベルや
  • 2:47 - 2:50
    アクセスの公平性を促す
    擁護レベルでの
  • 2:50 - 2:54
    難民や避難民への
    サービスの持続可能性と
  • 2:54 - 2:57
    弁護士、教員者、為政者などの
  • 2:57 - 2:59
    学際的なコミュニティ・メンバーと
    提携することで
  • 3:00 - 3:02
    難民や避難民が信頼できる―
  • 3:02 - 3:05
    安全なシステムを提供します
Titre:
移民や難民のメンタルヘルス
Description:

ジョージ・ワシントン大学の児童・青年・家族精神医学の所長であるスーザン・ソング博士が、移民や難民のメンタルヘルスの必要性について説明します。難民や紛争による影響を受けた人々のPTSDやうつ病の有病率は15-30%であり、難民でない人々のPTSDの有病率は3.5%です。

不法移民として扱われるストレスとトラウマのツールキットは、https://bit.ly/ImmRefYT2021 を確認してください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1844年に創立した米国精神医学会は、アメリカで最も古い医師会です。米国精神医学会は世界最大の精神学会であり、精神疾患の診断、治療、予防、研究を専門とする37,400人の医師で構成されます。 米国精神医学会のビジョンは、良質の精神科診断と治療へのアクセスを確保することです。詳細は、 www.psychiatry.orgをご覧ください。

plus » « moins
Langue de la vidéo:
English
Équipe:
Amplifying Voices
Projet :
Mental Health
Durée:
03:13

sous-titres en Japanese

Révisions Comparer les révisions