Retourner vers la vidéo

Lynne Ramsay - The Poetry of Details

  • 0:09 - 0:12
    Every Frame a Paintingへようこそ
  • 0:12 - 0:15
    映画が詩的と言うと どう思う?
  • 0:15 - 0:19
    ゆっくり? 壮大? 中身なし?
  • 0:21 - 0:24
    "起きて何かするのか?"
  • 0:24 - 0:26
    決まり文句だ
  • 0:26 - 0:26
    "いえ"
  • 0:27 - 0:30
    僕にとっては 話とは関係なく
  • 0:30 - 0:34
    画や音がユニークであることだ
  • 0:42 - 0:48
    何度も観た映画が私の血肉となりました
  • 0:48 - 0:52
    話というよりキャラクターがです
  • 0:52 - 0:56
    そしてとても変わったアプローチも
  • 0:56 - 0:59
    「間違えられた男」がそうです
  • 0:59 - 1:02
    カメラの動きが恐れを生む
  • 1:02 - 1:06
    恐怖や不安がカメラと顔で作られる
  • 1:07 - 1:08
    "同じ"
  • 1:08 - 1:10
    リン・ラムジーも同じだ
  • 1:11 - 1:15
    すべてをカメラと顔と細部に込めている
  • 1:18 - 1:22
    撮るものは全部コントロールしています
  • 1:22 - 1:26
    正しく配置されるよう時間をかけている
  • 1:27 - 1:31
    細部はシーンのすべてだからです
  • 1:31 - 1:34
    細部から学ぼう
  • 1:36 - 1:40
    このシーン 息子がわざと行儀を悪くし
  • 1:40 - 1:42
    父親が来ると
  • 1:42 - 1:43
    "おーい"
  • 1:43 - 1:47
    "パパ どうだった?写真は撮った?"
  • 1:47 - 1:50
    父親は画面の端にいる
  • 1:50 - 1:53
    周りを見てないからだ
  • 1:54 - 1:56
    母親の恐怖も無視する
  • 1:56 - 2:00
    "まだ子供なんだ そういうもんさ"
  • 2:01 - 2:04
    まだ顔は見えずに このショット
  • 2:06 - 2:08
    何がわかるか
  • 2:08 - 2:11
    散らかりはひどくなっていく
  • 2:11 - 2:15
    これは何を意味しているのだろう
  • 2:16 - 2:18
    ラムジーの作品では
  • 2:18 - 2:21
    話が細部から暗示される
  • 2:21 - 2:24
    物はあまり置かれない
  • 2:24 - 2:28
    そうして一つの細部に焦点を当てる
  • 2:28 - 2:31
    ロベール・ブレッソンが言っていました
  • 2:32 - 2:35
    映像に音はなく
  • 2:35 - 2:37
    音に映像はない
  • 2:37 - 2:40
    過大に考えるなと
  • 2:54 - 2:56
    映画の偉大な点だ
  • 2:56 - 2:59
    映像と音だけで精神に訴える
  • 3:00 - 3:05
    フレームと人の顔と細部によって
  • 3:08 - 3:09
    一つずつ行こう
  • 3:09 - 3:11
    まずフレーム
  • 3:12 - 3:15
    ラムジーは重要な情報を
  • 3:15 - 3:17
    よくフレームから外す
  • 3:17 - 3:19
    ここでは女性の目
  • 3:20 - 3:24
    ここではキャラがドアで半分隠れている
  • 3:26 - 3:31
    全部は見えなくても心情は想像できる
  • 3:37 - 3:40
    心情が語られてはいないから
  • 3:40 - 3:42
    少し謎めいている
  • 3:42 - 3:45
    2番目は 顔
  • 3:46 - 3:50
    スクリーンは人をそれっぽくさせる
  • 3:51 - 3:53
    プロでなくても
  • 3:53 - 3:59
    ラムジーはプロも素人も作品に起用した
  • 3:59 - 4:02
    素人こそ最高の役者です
  • 4:03 - 4:08
    カメラの意識をなくせば
  • 4:08 - 4:12
    カメラがないのと同じで リアルに感じる
  • 4:12 - 4:17
    会話なしで感情を伝えていく
  • 4:17 - 4:21
    "ライアンにそっくり 目が同じ"
  • 4:21 - 4:24
    3番目 細部の繰り返し
  • 4:25 - 4:29
    映像の繰り返しに注意してみよう
  • 4:29 - 4:33
    これは母と息子のボディランゲージ
  • 4:33 - 4:37
    次に10年後 同じことをする
  • 4:38 - 4:41
    息子は指でこうする
  • 4:42 - 4:46
    そのあと母が卵の殻で同じことをする
  • 4:48 - 4:50
    より前の映画で説明しよう
  • 4:50 - 4:54
    一つのイメージと別のを見る
  • 4:54 - 4:57
    つながりが見えるだろう
  • 4:57 - 5:00
    ではこの短編映画を観よう
  • 5:00 - 5:03
    「ガス男」1997年
  • 5:04 - 5:08
    内容よりも細部を紹介するが
  • 5:09 - 5:11
    わかるだろうか
  • 5:11 - 5:14
    "おぶって パパ"
  • 5:16 - 5:22
    リンネと父親は線路で女の子に出会う
  • 5:23 - 5:26
    ドレスをつかみ 手をつなぐ
  • 5:26 - 5:28
    顔は見えない
  • 5:34 - 5:38
    その後 また手をつなぐが 今度は
  • 5:40 - 5:41
    "どうした?"
  • 5:41 - 5:42
    "痛い"
  • 5:44 - 5:47
    父親は二人を持ち上げる
  • 5:51 - 5:55
    最初でも同じことをしていた
  • 5:56 - 5:58
    最後 女の子は母に会う
  • 5:59 - 6:02
    線路にはリンネの後ろ姿
  • 6:04 - 6:06
    何が起きたのか?
  • 6:07 - 6:09
    これを観せよう
  • 6:11 - 6:13
    わかった?
  • 6:13 - 6:16
    前後の描写が子供の心情を表す
  • 6:16 - 6:19
    対象的な場面を通して
  • 6:19 - 6:23
    間接的で 詩的な映画製作だ
  • 6:23 - 6:27
    すぐに響かなくても 後から来る
  • 6:27 - 6:31
    魅惑的な目があると言うのですね
  • 6:31 - 6:35
    視点が映画には置かれている
  • 6:35 - 6:38
    映画に実際現れている画として
  • 6:39 - 6:44
    画家のように 美が描かれている
  • 6:47 - 6:49
    "カーテンをどうするの!"
  • 6:51 - 6:53
    映画には全可能性がある
  • 6:54 - 6:57
    音も 視点も 形式も
  • 6:57 - 6:58
    その通り
  • 6:58 - 7:02
    違った映画作りを教える映画は多くない
  • 7:03 - 7:05
    大きくより 小さく
  • 7:06 - 7:08
    細部を見せ
  • 7:08 - 7:11
    多くより 少なく見せる
  • 7:12 - 7:15
    簡潔でいて 詩的
  • 7:16 - 7:19
    もし詩的とは何かと聞かれたら…
  • 7:21 - 7:24
    わからない 逃げよう
Titre:
Lynne Ramsay - The Poetry of Details
Description:

plus » « moins
Langue de la vidéo:
English
Durée:
07:38

sous-titres en Japanese

Révisions