Japanese subtitles

← アートでプラスチックゴミによる海洋汚染に立ち向かう

アレハンドロ・デュランはアートを使って、進行中の海洋エコシステムの破壊にスポットライトを当てています。このはっとさせるようなトークで、彼は世界中からメキシコのカリブ海沿岸に流れ着いた、ペットボトルから義肢に至るまで様々なプラスチックゴミを、注意深く並べて再利用する方法について語ります。それらを用いて、彼は人々を魅了し驚かせるような色鮮やかな環境アート作品を制作しているのです。

Get Embed Code
35 Languages

Showing Revision 31 created 07/21/2020 by Moe Shoji.

  1. ここはシアンカーン
  2. メキシコのカリブ海沿岸の町
    トゥルムのすぐ南にある
  3. 自然保護区で
  4. ユネスコの世界遺産でもあり
  5. 地球上で最も生物多様性の高い
    地域のひとつです
  6. しかし 2010年に初めて訪れた時
  7. 私は驚き すっかり混乱してしまいました
  8. 海岸がゴミで覆われていたからです
  9. 世界のあらゆる場所から ゴミが
    流れ着いてきたのだとすぐに気づきました
  10. その最初の旅以来

  11. 年に数回
  12. 自分が生まれた国メキシコの
    シアンカーンへ戻り
  13. ゴミを集めています
  14. これまでに
  15. 6大陸にまたがる58の国や地域から
    漂着して来たゴミを記録してきました
  16. 全てこのメキシコの楽園のような海岸へと
    流れ着いたのです
  17. ゴミが捨てられた場所は分かりませんが

  18. それがどこで作られたものなのかは
    ラベルから判別することができました
  19. 赤い部分はシアンカーンで見つかった
    ゴミの元々の生産場所を
  20. 示しています
  21. さまざまな形や大きさの
    ハイチ製バター容器
  22. ジャマイカ製のペットボトル
  23. 当然 多くのゴミが
    近隣のカリブ諸国から来たものですが
  24. 他にもあらゆる国から流れ着いています
  25. これは様々な国の
    ペットボトルの一例です
  26. そして皮肉にも 私が見つけたゴミの多くは
  27. 掃除や 美化のための製品でした
  28. 例えば このアメリカ製の製品は
  29. プラスチックを保護するための製品です
  30. (笑)

  31. 韓国製のシャンプー容器

  32. コスタリカ製の漂白剤容器
  33. ノルウェー製のトイレ洗浄剤容器
  34. そして 私たちにとって
    非常に身近なこの製品
  35. 少なくとも 皆さんにとって歯ブラシは
    身近なものであって欲しいですが
  36. (笑)

  37. 台所用品

  38. おもちゃ
  39. 焼却後のプラスチックゴミもありました
  40. これは発がん性のあるガスを発生させます
  41. 「見つけたものの中で
    一番興味深かったものは?」と聞かれますが

  42. その答えは 間違いなく
    この義肢です
  43. ちなみに 背後には小さな水色の
    ボトルキャップが見えますが
  44. 私が見つけたときには
  45. そこに この小さなヤドカリが
    住みついていました
  46. 可愛いでしょう
  47. (笑)

  48. (笑)

  49. こうした 興味深くもあり

  50. 同時に恐ろしくもあるような
  51. さまざまな由来のゴミを用いて
  52. ほんの短い間だけ楽しめる
    環境アートを制作しています
  53. それは 2010年2月の
    この写真がきっかけで始まりました

  54. 初めてシアンカーンを訪れた時です
  55. 青色が プラスチックに最もよく使われる
    色だと気づきました
  56. 紫色が最も珍しく
    私にとっては 金のように価値がある色です
  57. 青色は最も多くあったので
  58. 青色のプラスチックをいくつか集め
  59. 青い空と青いカリブ海を背景に
  60. この小さな作品を創りました
  61. カメラでテスト撮影をした時
  62. まるで雷に打たれたような衝撃が走り
  63. またいずれ ここに戻って来て
  64. この場所で一連の
    インスタレーション作品を作って
  65. 写真におさめなければと思いました
  66. これがその構想スケッチとなり

  67. 3年後に作品が出来上がりました
  68. それから10年後にも
  69. 制作を続けているとは 当時
    思いもよりませんでした
  70. でも問題は今も起きています
  71. これから いくつかお見せするのは

  72. 「漂着―ゴミで埋もれた風景を変える」
    というシリーズの写真です
  73. ゴミに着色は一切していないということを
    踏まえて見てください
  74. ゴミを集め
    色ごとに配置しているだけです
  75. そのゴミを拾ったのと
    同じ海岸で行っています
  76. これは 2015年に撮影した
    私の大切なゴミの山です

  77. 「ムセオ・デ・ラ・バスラ」
    つまり「ゴミの美術館」を
  78. 初めて披露した後です
  79. 私が意図することは
    まさに こうしたゴミを大切に扱い
  80. その価値を高め
  81. 皆の目にとまる場所に配置し
  82. 見てもらうことです
  83. お腹がプラスチックで
    いっぱいになった動物が

  84. 死んでゆく悲惨な画像は
    皆 目にしたことがあるでしょう
  85. そうしたものを まさにこの目で見て
  86. 考えることも大切です
  87. しかし 私は世界中で棄てられたゴミを
    芸術的に あるいは美しく
  88. アレンジした作品を制作することで
  89. 作品を見る人たちの注目を集め

  90. 世界の恐るべきゴミの現実に
    感覚が麻痺してしまった人々の関心を高め
  91. 別の方法で 何が今起きているのかを
    理解してもらおうとしています
  92. 太平洋ゴミベルトのことを
    テキサス州の2倍ほどの

  93. 島のようだと表現する人もいますが
  94. それはスモッグのようで
    目で認識しづらいと
  95. 聞いたことがあります
  96. そこで 私のアート作品を通して
  97. 私たちの環境に何が起こっているのか
    現実を描き出し
  98. 目に見えないものを
    見えるようにと 試みています
  99. プロジェクトを始めた当初
    頭をよぎった最大の疑問は

  100. 「終わった後 ゴミをどう処分するのか?」
    というものでした
  101. ある人々には
    「役には立たないんじゃないか
  102. どのゴミも大海を横断し
    風雨に晒された後
  103. 劣化し もはや再利用ができないほどに
    傷んでいるかもしれない」と言われました
  104. 埋め立て処理も 良い終着点とは
    言えませんでした
  105. そして ついに気づき始めたのです
  106. 私自身 そして手伝ってくれた人々が
  107. こうしたゴミを集め 洗浄し
    整理しなおした後
  108. 手元に置いておくべきだと
  109. そこで 決めました
  110. これらを使い 永久的に再利用して
  111. もっとアート作品を作り
  112. そして環境アート作品制作に
    地域の人々を巻き込む計画です
  113. これは昨年 地域が主体となって
    作ったアート作品の一例です

  114. シアンカーンのプンタ・アレンに住む
    現地の若者たちと一緒に制作しました
  115. このコミュニティワークの鍵となる部分は
    海岸の清掃と
  116. 教育プログラムです
  117. プロジェクトに関わる
    コミュニティが大きくなるとともに
  118. 私のゴミのコレクションも増え
  119. その影響力も大きくなると
    心から信じています
  120. 年々次第に

  121. 私のゴミ収集熱は 少しばかり増してきて
  122. ゴミをスーツケースに詰め込んで
    一緒に旅をするようになりました
  123. ゴミを旅行に連れて行ったりもしました
  124. (笑)

  125. 最新の作品では

  126. 写真という2次元の枠組みを
    脱する試みを始めました
  127. この新しい作品にはワクワクしています
  128. これらは時間とともに変化し成長する
  129. 生きたアート作品と考えています
  130. 私の最大の願いは
    作品に使う素材がなくなって
  131. 手に入らなくなることですが
  132. まだ道半ばです
  133. このプロジェクトの次の段階では
  134. 地域の人々と共同して制作を続けながら
  135. 自分でも
    より大規模な作品を作るつもりです
  136. この問題の深刻さを反映するためです
  137. 毎年 800万トンのプラスチックゴミが
    海洋に流出し

  138. 生態系を破壊しています
  139. 今この瞬間にも原油の流出のように
    プラスチックが海に流れ込んでいます
  140. このプロジェクトは助けを求め
    行動を起こすよう呼びかけるものです
  141. 私たちの健康と未来は
    海の健康と未来と
  142. 切っても切れない関係にあるのです
  143. 「漂着―ゴミで埋もれた風景を変える」という
    このプロジェクトによって
  144. 私自身も変わり
  145. 自分自身の振る舞いや消費活動を
    考え直すきっかけになりました
  146. もしこのプロジェクトによって
    他の人々にも問題を意識してもらえたら
  147. そこに意義があるのだと思います
  148. ありがとうございました

  149. (拍手)