Japanese subtitles

← Getting Past Errors

Get Embed Code
13 Languages

Showing Revision 5 created 10/06/2015 by Nobuko Hamaguchi.

  1. 前回エラーを作り それを修正するよう
    求めた理由は
  2. 開発者の重要な技術はー
  3. エラーを乗り越えられる事だからです
  4. 最初にコードを完璧に書く開発者はいません
  5. それを考えてみると
  6. Google 検索製品全体は一日で完璧に
    書かれたのではなくー
  7. 何年にも亘り多くの版があり
    これからもそれは続きます
  8. だから 新米開発者でも熟練開発者でも
    関係なく
  9. 最終目標に達するには
    必ずしも道はまっすぐではありません
  10. 道中で障害に出くわし
    発想を豊かにしてー
  11. 回り道をする他のソリューションを
    考え付かねばならないのです
  12. 一旦回り道をしても
    また別の障害に出くわします
  13. そうして常に回り道の方法を
    考え続けねばならないのです
  14. そして遂に多くの作業の後に
    目標への道を見つけー
  15. 非常に困難だったにしろ
    最後には甲斐があります
  16. なぜなら力がつき 自信ができ
    自分の仕事を誇りに感じるからです
  17. だから真に良い開発者は
    エラーから立ち直り ー
  18. 作業を続行する方法を知っています
  19. ここに 彼らがエラーの
    デバッグ又は修正に使うー
  20. 習慣や戦略があります
  21. まず エラーメッセージを読みます
  22. 例えば Google ドキュメントを書いてるなら
  23. つづりミスなら 赤い下線がついています
  24. 同様に Android Studio では
    XML を間違って入力したなら
  25. 赤い波の下線がつくか
    赤で強調されます
  26. 又 ここのサイドバーで
  27. 赤いバーにマウスを載せると
    メッセージが表示されます
  28. XML Visualizer では又
    重宝なエラーメッセージがあります
  29. この引用符を除いてエラーを作ると
  30. 奇数の引用符の数があるので
    修正する必要があると教えてくれます
  31. 何行目が問題か教えてくれる時もあります
  32. 行番号は左側のここにあります
  33. それで6行目に
    問題があると分かります
  34. これで問題箇所を限定するで
  35. コード全部を読み通して
    どこが問題か探さなくて済みます
  36. それでもエラーメッセージの意味が
    分からなければ
  37. 理解する語と理解しない語を識別しなさい
  38. 分からない単語は
    いつでも Google で検索できます
  39. エラーメッセージ全体をGoogle 検索に
    単にコピペしてもいいです
  40. 他の技法は処理コードサンプルを使いー
  41. それと比較し
    どこが悪かったか見つけます
  42. 前のビデオのいくつかで
    見る為のコードをもう教えてあります
  43. 別の良いリソースは私達が提供する
    Common Android Views Cheat Sheet です
  44. ここに様々なビューの名があり
  45. 又コードのスニペットもあってー
  46. デバイスでどう見えるかの
    プレビューがついています
  47. いつでも
    あなたのコードをここにあるものと比べー
  48. 違いがあるか見れます
  49. 3番目の技法は取り消しを使うことです
  50. 入力する際注意していれば
  51. すぐ入力ミスが分かります
  52. 最後の数入力を取り消してみて
    エラーが直るか見なさい
  53. 前に示したように
    変更を取り消すには Cmd+Z
  54. 変更をやり直すには
    Cmd+Shift+Z を押します
  55. Windows では 取り消しが Ctrl+Z で
    やり直しは Ctrl+Shift+Z です
  56. 又は XML Visualizer では取り消しと
    やり直しの重宝なボタンがあります
  57. どうしても分からない場合はいつでも
    この Reset Code ボタンを押せます
  58. すると私達が与えた元々のコードに戻り
  59. それは動くはずです
  60. 4番目の技法は 助けを求めることです
  61. レッスンのピアチャットやフォーラムで
    他の生徒達に働きかけられます
  62. ただ他の人と話すだけでも
  63. エラーを解決できる時があります
  64. 助けを呼ぶのを恐れないで下さい
  65. コミュニティには とても親切な
    Android 開発者が沢山いてー
  66. 喜んで助けてくれます
  67. 実は 助けを求める事ができるのが
    開発者の重要な技術なのです
  68. 悪い質問はありません
  69. 実践すればするほど 速く答えを得るには
    誰に訊き 何を訊くかを
  70. 知ることができます
  71. また携帯でも XML Visualizer でも
    作業しているものの画像をキャプチャし
  72. それをコードと共に
    フォーラムやチャットで共有して
  73. 人々が 尋ねているコンテキストを
    分かるようにします
  74. 詳しくは講師注記を参照してください
  75. では それらの技法を実践する機会です
  76. ここにエラーのあるコードがあります
  77. 下のリンクをクリックすると
    XML Visualizer に行きます
  78. そこに既にこのコードが入力してあります
  79. 沢山のエラーメッセージがあるので
    それらを読んで
  80. エラーを解いてください
  81. 次に戻って来て 解決したエラーを
    少なくとも2つ説明しなさい
  82. 4つの問題全てを発見したら
    おまけのポイントが得られます