YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 私は死という現実をどう味方にしたか

持ち味である機知と知恵で、エミリー・ラビーンがコメディアン兼哲学者としての究極の挑戦に挑みます。死ぬことを面白くするのです。この私的なトークで彼女は、どう現実と親しくなり、死と和解したかの道のりについて話します。命はとてつもない贈り物なのだとラビーンは言います。「出来る限り豊かにするよう努めて、それからお返しするんです」

Get Embed Code
29 Languages

Showing Revision 22 created 06/06/2019 by Yasushi Aoki.

  1. はじめにお話しするのは
    私のおばあさんなら
  2. 「オイ」の警告音を5回
    発するようなことです
  3. 「オイ オイ オイ オイ オイ」ってね
  4. (笑)
  5. 話というのは―
    心の準備はいいですか?
  6. いいですね
  7. 私はステージ4の
    肺癌の告知を受けています
  8. 「ああ なんて可愛そうな私」
  9. そうは思っていませんよ
  10. 全然大丈夫です
  11. 確かに私には
    いくつかの強みがあります
  12. 誰もが動じない態度を
    取れるわけではないでしょうしね
  13. 私には幼い子供が
    いるわけでもなく
  14. 賢く 幸せで 素晴らしい
    大人の娘がいるだけです
  15. 経済面でのストレスもありませんし
  16. 私の癌はそれほど攻撃的でなく
  17. その積極性の無さは
    まるで民主党指導者のようで—
  18. (笑)

  19. 勝てる自信がないのです

  20. 基本的にじっとしたまま
  21. ゴールドマン・サックスからの
    入金を待っています
  22. (笑)

  23. (拍手)

  24. あと最高だったことは

  25. 誇りにできる偉業を
    成し遂げたことです
  26. そうです
  27. 1年前に誰かがツイートするまで
    知らなかったことですが
  28. これがそうです
  29. 「あなたの責任です
  30. アメリカ男性が軟弱になったのは」
  31. (笑)

  32. (拍手)

  33. 私だけの手柄ではないですけどね

  34. (笑)

  35. でも そんな強みを持たない人は
    どうしたら良いのでしょう?

  36. 私にできるただ一つの助言は
    私がやったようにすること—
  37. 現実を味方にすることです
  38. 現実との関係が かつての私ほど
    悪い人はいないでしょう
  39. 最初から
  40. 現実には少しも興味がありませんでした
  41. 現実に出会った時
    Tinder(出会い系アプリ)があったら
  42. 左にスワイプして
  43. お引き取り願ったところです
  44. (笑)

  45. それに 現実と私では

  46. 価値感も目標も合わずー
  47. (笑)

  48. 実のところ 私には目標なんてありません

  49. 空想ならあります
  50. それは目標と同じようなものですが
    努力の必要がありません
  51. (笑)

  52. (拍手)

  53. 努力は
    あまり好きではないんです

  54. しかし現実は
  55. 果てしない無理強い
  56. 仲介者である 脳の遂行機能を通じて
    そうさせるんです
  57. 死を「やった!」と思うことの一つです
  58. もう脳の遂行機能に
    蹴り回されることもなくなりますから
  59. (笑)

  60. でも あることが起きて

  61. 気づかせてくれたんです
  62. 現実というのは
    現実でないのかも と
  63. こういうことです
  64. 私は基本的に 現実から逃避したいと
    思っていたけれど
  65. それには 干渉されない
    素敵なお家と
  66. ウォルフのガスコンロと
    サブゼロの冷蔵庫と
  67. プライベートのヨガレッスンが
    必要だったので
  68. 結局のところディズニーと
    企画開発契約を結び
  69. 新しい職場で
    働くことになりました—
  70. 小人のドーピー通り2番地で
  71. (笑)

  72. 現実からしてみれば
    これは誇りに思えってことらしく—

  73. (笑)

  74. 私は 仕事始めのお祝いにいただいた
    贈り物を眺めていました

  75. 他の人が受け取ったと聞いていた
    ラリックの花瓶とか グランドピアノではなく
  76. 身長1メートルの
    ミッキーマウスのぬいぐるみで—
  77. (笑)

  78. カタログが付いていました

  79. 私の美的感覚にそぐわない品を
    もっと追加注文したい時のために
  80. (笑)

  81. この1メートルのミッキーマウスが
    果たして いくらするのか

  82. カタログで見ようと思ったら
  83. こう書かれていました
  84. 「実物大」と
  85. (笑)

  86. そこで私は気づいたのです

  87. 現実って「現実」じゃないんだと
  88. 現実はペテン師でした
  89. そこで量子物理学や
    カオス理論を学び始めました

  90. 本物の現実を見つける為です
  91. ちょうど映画の製作も終えました
  92. そうです やっと終わりました
  93. そのことについては
  94. 話さなくていいでしょう
  95. ともあれ 現実に気づいたのは
    映画撮影の終了後です
  96. その時 足を骨折し
    治らなかったため
  97. 1年後に再び手術を
    しなければならず
  98. それには1年かかり
  99. 2年間の車椅子生活です
  100. そこで本当の現実に
    直面したんです
  101. 限界です
  102. 私がそれまで一生かけて 否定し

  103. 押しのけ
    無視してきたものである限界が
  104. 現実のものとなり
  105. 対処しなければ
    ならなくなりました
  106. それには想像力と 創作力と
    私が持っている全ての能力が必要でした
  107. すると 自分は現実と上手くやっていくことに
    長けていると分かったのです
  108. 現実と単に折り合える
    だけでなく
  109. 惚れてしまったのです
  110. ただ 気付いているべきでした
  111. 私の 時代精神との
    心もとない関係を思えば—
  112. 私のベータマックスを
    欲しい方がいるか分かりませんが—
  113. (笑)

  114. 気付いているべきだったんです
    私が現実に惚れてしまったとき

  115. 他の人達はみんな
    反対方向に向かっていたことに
  116. (笑)

  117. でも私が話したいのは トランプ大統領や
    オルタナ右翼や地球温暖化懐疑論者や

  118. これの製作者のことではありません
  119. 箱と呼びたいところですが
  120. ここにはっきりと書いてあります
  121. 「これは箱ではありません」と
  122. (笑)

  123. 私の正気を
    奪おうっていうんです

  124. (笑)

  125. (拍手)

  126. 私が本当に話したいのは

  127. 現実への私自身の挑戦のことで
  128. 私は個人的に受け止めています
  129. その前置きとして言っておきたいのは
    私は科学をとても愛しているということ
  130. 私は
  131. 科学者ではないですが
  132. 科学について全てを理解できる
    不思議な力を持っているんです
  133. 実際の科学は例外ですがー
  134. (笑)

  135. それは数学ですから

  136. でも ものすごくとっぴな概念が
    私には理解できるんです
  137. 弦理論ー
  138. 現実の全てのものは ちっぽけな
    弦の振動によるものだというアイデア
  139. 「ビッグ・ビョーン」理論です
  140. (笑)

  141. 粒子と波動の二重性ー

  142. 1つのものが別の2つの姿で
    現れるというアイデア
  143. 知ってますか?
  144. 光子は粒子としても波としても
    現れうるという理論で
  145. 私の一番深い所にある
    直感と一致してます
  146. 人は善でも悪でもある
  147. アイデアは良くも悪くもある
  148. ペニス羨望というフロイトの考えは
    正しかったけれど
  149. 羨望するのが誰かは
    間違っていた
  150. (笑)

  151. (拍手)

  152. ありがとうございます

  153. (拍手)

  154. 二重性のアイデアには
    少し違うバージョンがあります

  155. 現実は 2つのもののように見えて
  156. 実は その2つのものの
    相互作用なのです
  157. 例えば 空間と時間
  158. 質量とエネルギー
  159. それに 生と死
  160. だから 私には分からない ―
  161. 理解できないんです
  162. 「死を打ち負かす」とか「死を乗り越える」とか
    躍起になっている人の考え方が
  163. そんなこと どうしたら出来るのか
  164. どうしたら 生命を根絶せずに
    死を打ち負かせるんでしょう?
  165. 理にかなっていません
  166. こうも言っておかなければ
    なりません

  167. とても恩知らずだと思うのです
  168. 人々は このすばらしい天の恵み ―
  169. 生命というものを
    授かったというのに
  170. まるでサンタにロールス・ロイスを
    頼んだら
  171. サラダスピナーをもらったとでも
    言うように
  172. 生命が有効期限付きなことに
  173. 文句を言っているのです
  174. 死ぬなんて我慢ならないと
  175. 私にはそんな考え
  176. 理解できません
  177. 罰当たりだと思うんです
  178. 自然に対して失礼です
  179. 自然を支配しようとか
  180. 自然を知り尽くすとか
  181. 自然はか弱すぎて
    人間の知性に敵わないなんて考え—
  182. 私はそうは思いません
  183. 皆さんが私のように
    量子物理学について読んでいたら—
  184. まあ 量子物理学について読んだ人からの
    メールを読んだだけなんですがー
  185. (笑)

  186. 私達はニュートンが論じた

  187. 時計仕掛けの宇宙には住んでいないと
    理解しなければなりません
  188. 私達はバナナの皮で出来た
    宇宙に住んでいて
  189. 不可能なんです
    全てのことを知るとか
  190. 全てのものを支配するとか
  191. 全てことを予測するとか
  192. 自然は自動運転車のようなものです
  193. 私達になれるのは せいぜい
    あの笑い話のおばあさんくらいー
  194. 皆さんご存知か知りませんが
  195. おばあさんが運転していて
  196. 助手席には 中年になる娘さんが
    座っています
  197. おばあさんは赤信号を無視して
    突っ切ります
  198. 娘は無神経なことは
    言いたくありません
  199. 「歳なんだから運転は無理よ」とか
  200. だから黙っています
  201. しかし おばあさんは2つ目の赤信号も
    無視して突っ切ります
  202. そこで娘は出来る限り
    もの柔らかに注意します
  203. 「お母さん 気付かなかった?
  204. さっきの信号2つとも赤だったよ」
  205. するとおばあさんは
    「あら 私が運転してるの?」と
  206. (笑)

  207. (拍手)

  208. そんなわけで

  209. ここで思い切って
    精神的跳躍をしてみます
  210. 精神的跳躍のエベル・ナイベル
    (伝説のスタントマン)である私には簡単なこと
  211. 私のナンバープレートは
  212. “我思う ゆえに我突っ走る”です
  213. 皆さんにも分かっていただけると
    いいのですが
  214. 死に打ち勝つという考え方が
    大きな問題だと思う理由は
  215. 死を否定するのは
  216. 生を否定することになり
  217. それは私にとっては
    自然を否定することであり
  218. 女性を否定することにも
    つながるからです
  219. なぜなら女性は歴史を通じて
    自然と同一視されてきたからです
  220. ソースはハンナ・アーレント
  221. 『人間の条件』を書いた
    ドイツ出身の哲学者です
  222. 彼女はその中で
    仕事は昔から
  223. 男と関連付けられている
    と言っています
  224. 「仕事は頭から出てくるものであり
  225. 考案し
  226. 創作し
  227. そうやって
    世界に足跡を残していくもの
  228. それに対し労働は
    体と関連付けられ
  229. 労働を遂行する者や
    使役を余儀なくされる者と
  230. 関連付けられている」
  231. だから私には
  232. 人間の生体リズムや
  233. 宇宙の循環的なリズムを
  234. 否定する考え方は
  235. 女性や労働に関わる人々にとって
  236. 住みやすい環境を作らないものです
  237. 言い換えれば
  238. 奴隷として連れてこられた人々の子孫や
  239. 肉体労働に励む人々のことです
  240. それではバナナの皮の宇宙の
    視点から見てみましょう

  241. 私はこの考え方 を
    「エミリーの世界」と呼んでいます
  242. まず第一に
  243. 私は命を
    とても有難く思っていますが
  244. 不死になりたくはありません
  245. 私の名前を死後
    残すことに興味がありません
  246. というか 残したくありません
  247. 私が観察してきたところによると
  248. どれだけ優しく 聡明で
  249. 才能のある人でも
  250. 死んで50年も過ぎれば
    叩かれるようになります
  251. (笑)

  252. 実際に証拠があります

  253. ロサンゼルス・タイムズの見出しから
  254. 「実はそんなにいい子ではなかった
    アンネ・フランク」
  255. (笑)

  256. 加えて 私は宇宙の循環的なリズムと

  257. 同調するのが好きなんです
  258. これこそ生命が素晴らしい理由です
  259. それは誕生と
  260. 死と
  261. 新生という循環です
  262. 「私」はただの粒子の
    集まりでしかありません
  263. このように形作られましたが
  264. いつかは分解し
  265. 全ての成分は 自然界で利用可能になり
  266. 新しい形へと 再形成されます
  267. 私にはそれが面白くてたまらないのです
  268. その過程の一部になることは
    ますますありがたいことです
  269. というのも

  270. 私は今 ドイツの生物学者の観点で
    死について見ているんです
  271. アンドレアス・ヴェーバーは
  272. 贈与経済の一部として
    死の考察をしています
  273. 私たちはこの「生命」という
    とてつもない贈り物を与えられ
  274. それを出来る限り
    豊かにするよう努めて
  275. そしていつか返すのです
  276. メイム叔母さんは言いました
    「人生とは宴である」と
  277. でも 私はもうお腹いっぱいです
  278. 私は人生に対し
    ずば抜けた食欲を持っていて
  279. 人生を食べ尽くしました
  280. でも死が来た時には
    私が食べ尽くされるんです
  281. 私はあるがまま
    土に還され
  282. そこであらゆる微生物や
  283. 腐食者や
  284. 分解者が
  285. 堪能できるように招待します
  286. 私はかなり美味しいと思いますよ
  287. (笑)

  288. 本当にそう思います

  289. 私の死に対する態度の良いところは
    それが本音だということです

  290. 皆さんにも見えることだし
  291. 観察できるでしょう
  292. 実際に起こるんです
  293. 生命という賜物を
    私が豊かにしているか
  294. それは分かりませんがー
  295. でも確かに私の人生は
    他の人々によって豊かになりました
  296. 例えば TEDのおかげで
  297. あらゆる人々との
    つながりができ
  298. 私の人生を豊かに
    してくれました
  299. 中でも私のウェブサイトのデザイナー
    トリシア・マクギリスさんは
  300. 私の素晴らしい娘と協力し
  301. ウェブサイトを
    価値あるものにしてくれました
  302. 私はブログを書くだけでいいんです
  303. 脳の遂行機能を
    使わないで済むとはー
  304. ハッハッハッ 私の勝ちよ!
  305. (笑)

  306. 皆さんにも
    とても感謝しています

  307. 「観客」という風に呼びたくありません
  308. 私たちが別々の存在だと
    思わないからです
  309. これも量子物理学の観点(二重性)
    で考えています
  310. 波が粒子になるとき
    何が起こるのか
  311. 量子物理学者にも
    よく分からないんです
  312. 異なった理論があって
  313. 波動関数の収縮と
  314. 量子状態間の干渉の消失ですが
  315. どちらも
    ある点で一致しています
  316. 現実は相互作用があることで
    存在するということです
  317. (涙をこらえ)皆さんもです
  318. これまでにお会いした
  319. 全ての観客の皆さんへ
  320. 私の人生を本物にしてくれて
    ありがとう
  321. (拍手)

  322. ありがとう

  323. (拍手)

  324. ありがとう

  325. (拍手)

  326. ありがとう

  327. (拍手)

  328. ありがとう