YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 04-43 Datastore Commit Process

04-43 Datastore Commit Process

Get Embed Code
6 Languages

Showing Revision 1 created 01/13/2015 by Udacity.

  1. もう一度Datastore Commit Processを
    見てみましょう
  2. このプロセスはデータ保存のルールの
    一貫性を表しています
  3. Datastoreには2つのモデルがあります
    結果整合性と強い一貫性です
  4. これらについてもっと詳しく見てみましょう
  5. この使用事例ダイアグラムには
    3つのことがあります
  6. アプリケーション、
    アプリケーションが呼び出すDatastore API、
  7. アプリケーションが関わっていない作業をする
  8. Datastoreバックエンドです
  9. アプリケーションがエンティティを
    保存しようとする時
  10. Datastore APIに向かってput操作を行います
  11. Datastoreバックエンドは
    エンティティをログに書き込みます
  12. 書き込みが完了した時
    コントロールはアプリケーションに返されます
  13. この時点でDatastoreバックエンドは
  14. エンティティをデータストアに書き込むことを
    約束します
  15. しかし書き込まれたわけではありません
  16. ログに書き込まれただけです
  17. Datastoreバックエンドは
    すべてに一貫性を持たせる方向に働きます
  18. エンティティ保存を更新するためのログイン情報を
    使うことによってこれを行い
  19. すべてのインデックスを更新します
  20. したがってコントロールが
    アプリケーションに返される時
  21. データストアはデータ更新のために要求される
    作業を完了していないかもしれません
  22. これはよいことですか よくないことですか?
  23. よいことですね アプリケーションの中の
  24. 待ち時間が少ないことを意味するからです
  25. 問題になるのは
    アプリケーションがデータストアに入れるように
  26. 要求してきたデータを検索するクエリが出された時
  27. どうなるかということです
  28. 結果整合性ではDatastore APIは
    これが起きるのを待ってはいません
  29. すでに存在しているデータを
    マッチングすることを考慮するだけです
  30. データはput呼び出しより以前に
    データストアの中にあったものです
  31. そしてそれは結果を返します
  32. ゆえに結果整合性と呼ばれるのです
  33. クエリは最終的にDatastore APIに
    存在するものに対して行われた
  34. put操作と結果整合性を保ちます