Return to Video

None

  • 0:00 - 0:06
    前回CarクラスとSimulationクラスの
    2つを変更し
  • 0:06 - 0:11
    その結果Carクラスは
    このArrayListを返すようになりました
  • 0:11 - 0:18
    乗客が目的地に着く度に
    ArrayListに乗客を足していきます
  • 0:18 - 0:24
    そして最後にそのArrayListを
    メソッドの戻り値として返します
  • 0:24 - 0:28
    addReturn文を追加するには
    Javadocを変更しないといけませんよ
  • 0:28 - 0:33
    driveCarsメソッドでは
    ArrayListを返すものをdriveメソッドと呼びます
  • 0:33 - 0:37
    ArrayListにいる人の降車履歴を表示します
  • 0:37 - 0:43
    私はdriveメソッドの戻り値を
    変数に保存しませんでしたが
  • 0:43 - 0:48
    もちろん保存して
    コードを理解しやすくしてもかまいません
  • 0:48 - 0:54
    しかし私の場合ここでc.driveがArrayListを返し
  • 0:54 - 1:00
    ArrayListにいる人をループしています
  • 1:00 - 1:04
    これで再編成は完了です Carクラスは
    system.outについてはもう何も知りませんが
  • 1:04 - 1:08
    Simulationクラスは知っています
  • 1:08 - 1:12
    しかしSimulationクラスは
    ユーザー入力を読む
  • 1:12 - 1:18
    system.inも知る必要があるのでこれで大丈夫です
  • 1:18 - 1:21
    幸いにもCarクラスとPersonクラスは
    それらについて知りません
  • 1:21 - 1:28
    複雑な例題をやり遂げましたね
    実際はこのようにたくさんのクラスを扱います
  • 1:28 - 1:35
    次のレッスンでは
    クラスの編成について見ていきます
Title:
None
Description:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
cs046: Intro to Programming
Duration:
01:37

Japanese subtitles

Revisions