YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 01-19 Dataframe Columns

01-19 Dataframe Columns

Get Embed Code
5 Languages

Showing Revision 2 created 03/18/2015 by Udacity.

  1. データフレームの作り方が分かったところで
  2. データにアクセスする方法を見てみましょう
  3. 辞書のキーのように呼び出すことで
    特定の列を操作できます
  4. 例えばnameの列だけを取り出したいなら
  5. df[’name’]と入力します
  6. 列の名前のリストを渡せば
  7. 複数の列を取り出すこともできます
  8. nameとageの列を取り出したい時は
  9. df[[’name’,’age’]]と
    入力すればいいのです
  10. locというメソッドを使えば
    インデックス値を引数として
  11. 特定の行を呼び出すこともできます
  12. 例えばインデックスがaのBraundという乗客の
    行データが欲しいなら
  13. df.loc[’a’]と入力します
  14. trueとfalseのステートメントを列に使うことで
    サブセットも取り出せます
  15. 例えば年齢が30歳以上の乗客の
  16. 行データだけが欲しいとします
  17. その場合は
    df [df [’age’]>=30]とすればいいのです
  18. すると年齢が30歳以上の乗客である
  19. bとdの行だけが取り出せました
  20. インデックスに
    true、falseのステートメントを使って
  21. サブセットを取得する場合には
  22. 行全体ではなく
    特定の列だけ操作することも可能です
  23. 例えばbとdの行から
    生存状況だけを取り出したいなら
  24. df[’survived?’][df[’age’]>=30]
    と入力します
  25. このステートメントは少し複雑なので
    意味を確認しましょう
  26. 最初のdf[’survived?’]で
  27. データフレームから生存者の列だけを取得します
  28. この部分は年齢が30歳以上のインデックスだけを
    取得するという意味です
  29. そしてこの配列は後ろにあるステートメントが
  30. trueになるインデックスの値だけ
    取得するという意味です