Return to Video

01ps-02 Optional Improvements

  • 0:00 - 0:04
    宿題をするためには確認した変数の値域が必要です
  • 0:04 - 0:07
    本気ならもう少し詳しい情報を集めましょう
  • 0:07 - 0:10
    変数のタイプを記録しましょう
  • 0:10 - 0:14
    例えばxは2と同じタイプだとかです
  • 0:14 - 0:17
    あるいは決まったパターンを見つけましょう
  • 0:17 - 0:23
    例えば変数xは値2、4、16の配列にあると
    リポートすることができますね
  • 0:23 - 0:25
    そして変数間の関係です
  • 0:25 - 0:31
    square_root関数では
    y変数は常に戻り値と同じ値になります
  • 0:31 - 0:36
    返されるのはyなので驚くことではありませんが
    面白い特徴です
  • 0:36 - 0:39
    同様にsquare_root関数の戻り値は
  • 0:39 - 0:44
    平方根で算出する値より少ないか
    等しいかのどちらかです
  • 0:44 - 0:48
    変数間の相関関係を知るためには次のようにします
  • 0:48 - 0:51
    まずはパターンを見つけて
  • 0:51 - 0:56
    そのパターンを全変数でインスタンス化します
  • 0:56 - 1:02
    そして複数の実行で
    そのパターンが有効であることを確認しましょう
  • 1:02 - 1:07
    それを基に独自の動的不変条件チェッカを
    作成してください
  • 1:07 - 1:12
    そうすれば次の世代が
    アサーションを書きやすくなるでしょう
Title:
01ps-02 Optional Improvements
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
CS259 - Software Debugging
Duration:
01:13

Japanese subtitles

Revisions