YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 27-05 Date Converter

27-05 Date Converter

Get Embed Code
4 Languages

Showing Revision 1 created 07/21/2014 by osawakjvta.

  1. この関数では変換プログラムを書いていきます
  2. 入力として日付とディクショナリを使います
  3. ディクショナリで月の序数から月の名前に変換し
  4. 日付は月/日/年の形式にします
  5. ここに書いたようになります
    順番を忘れないでください
  6. 出力は日、月の名前、年の形式になるはずです
  7. どのように月、日、年を分割するのでしょう?
  8. 分割する方法は
    文字列でスラッシュを見つけ出すことです
  9. 1つ目のスラッシュは
    月と日の間の位置に見つけることができます
  10. 1つ目のスラッシュまでのすべてが月になります
  11. 月は1つ目のスラッシュまでの
    すべてと等しい つまり排他的です
  12. これにスラッシュ自体は含まれません
  13. 2つ目のスラッシュは1つ目のスラッシュより
    先を探すことで見つけられます
  14. 2つ目のスラッシュを見つけるために
    1つ目のスラッシュ以降を探します
  15. その場所がどこだか分かっていますが
  16. それがちょうど2ステップ後なのか
    1ステップ後なのかは言えません
  17. なぜなら日は1桁の時もあれば2桁の時もあるからです
  18. 日は1つ目のスラッシュと
    2つ目のスラッシュの間にあります
  19. スラッシュより1つ後ろの位置に進むために
  20. 1つ目のスラッシュに1を足す必要があるのです
  21. これはこの1つ目の場所に対し包括的で
    2つ目の場所に対して排他的になります
  22. 年は2つ目のスラッシュの
    1つあとの位置からの日付になります
  23. これで日、月、年がそろいました
  24. それを返すために
    フォーマットに変換する必要があります
  25. 日とスペースの文字列を返します そして月と年です
  26. ここで月をディクショナリで検索する必要があります
  27. ディクショナリで検索しますが
    すぐに月を登録できません
  28. なぜなら月は文字列なのですが
  29. ディクショナリはインデックスとして
    数字を使用するからです
  30. そこで文字列を整数に変換しなければなりません
  31. ここで再びスペースが必要になります
    これでようやく最後に入る年です
  32. これが1つ目のメソッドです
  33. 2つ目のメソッドはもっと短いものです
  34. 以前学習した関数を使用しますが
    知らない部分もあるかもしれません
  35. 万全を期すためにご説明しましょう
  36. 日付で分割しその分割の入力を使用することで
  37. 月、日、年が取得できます
  38. 今度は入力のないsplitで空白を分割します
  39. また入力のあるsplitでどんな入力も分割します
  40. date.split で月、日、年に分割します
  41. すぐに結果を得るためにトリプルで代入を行います
  42. そして以前返したものとまったく同じものを
    返さなければなりません
  43. これは記述するにはとても簡単な方法です
    そして1つ目とまったく同じことを行います