Japanese subtitles

← Reversing the Process

Get Embed Code
4 Languages

Showing Revision 3 created 03/11/2014 by Fran Ontanaya.

  1. すべての光を処理するのはコストがかかりすぎます
  2. この作業を簡素化する方法はたくさんあります
  3. 画像を作成するためには
    カメラに入ってくる光のみ算出すれば十分です
  4. どの光が重要かを調べるためには
    どうしたらいいでしょう?
  5. 光源から出る光はどこで終わるか分からないので
    逆にトレースします
  6. つまりカメラからの方から
    ピクセルごとに光をたどっていけばいいのです
  7. そして表面に当たる光の情報を
    記録していくのです
  8. 光の情報をすべて入力し終わると
  9. 実際の表面により近い画像が得られるでしょう
  10. テーブルの上に物が何もなく
    表面全体に光が当たっているので
  11. 影ができていません
  12. そう考えると作業量がかなり減ります
  13. レンダリングはさらに簡素化できます
  14. 例えば光を排除し
    単色でオブジェクトを描くこともできます
  15. そして光を描くことで
    リアルさが増して画像に奥行きが出るのです
  16. ライトありとなしで比較しましょう
  17. 両極端な例ですね 右側は光を丁寧に追跡され
    とてもリアルな画像になっています
  18. 左側はカメラが見えている物を判断し
    どの光が表面に届くか大まかに計算したものです
  19. この方法は非現実的ですが
    作業が非常に早く終わります
  20. まずは右側を例に取り
    これらを修正する方法を学びます
  21. その中に影をつける方法なども含まれます