YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 02-12 Fixing_Overdraw_with_Canvas_API

02-12 Fixing_Overdraw_with_Canvas_API

Get Embed Code
13 Languages

Showing Revision 5 created 03/30/2016 by Natalia Savvidi.

  1. ここでAndroid Studioに戻り
  2. Androidカードビューの
    ソースを表示します
  3. これはカスタム ビューです
  4. 積み重ねたプレイカードを構築したのは
    このカスタム ビューでした
  5. 例えば各カードには
    それ自体のビットマップがあり
  6. onDraw 方式をオーバーライドさせて
    画面にそれらを描きます
  7. onDraw 方式をオーバーライド
    させることによって
  8. Androidはこのビューのレンダリング
    を最適化できません
  9. 不要なオーバードロウを避けるために
    画面に描かれた
  10. 各カードを適切にクリップするのは
    開発者の仕事です
  11. Canvas APIはカードをもっと
    効率よく描くために
  12. 適切な方法を提供してくれます
  13. 文書を検討します
    コードを改善するために
  14. canvas.clipRect方式を
    使います
  15. パラメータとして4つのフロートを得られる
    このバリアントを使用します
  16. Android Studioに戻ります
  17. オーバードロウを減らすために各カスケード
    されたカードの描き方を絞ります
  18. Android Studioが差異表示
    できる機能を使います
  19. それによりコード改善の前後を表示できます
  20. ここは比較表示で
  21. 特にオーバーライドする1つである
    onDraw 方式を検討します
  22. 左にループの従来の状態が表示され
  23. 右にこれから行う改善が表示されます
  24. 何枚ものカードの上で繰り返す
    改善の各段階を調べましょう
  25. 第1にカードのポジションを計算します
  26. 次にこの機能canvas.saveを
    呼び出す必要があります
  27. これは既存のキャンバス状態を保存します
  28. 言い換えると
  29. clipRect API を適用する前に
    画面の既存の状態を維持します
  30. clipRect 方式を呼び出すとき
  31. 基本的には幾何学的制約を行っています
  32. これらのパラメータにパスすると
    基本的にはシステムは
  33. 表示させたいカードの一部しか
    描かないと言えます
  34. 明らかにその残りは非表示です
  35. 制約の範囲内にあるカードの一部だけが
  36. 描かれます
  37. 最後にcanvas.restoreを
    呼び出します
  38. それはキャンバスをクリッピング
    されていない状態に戻します
  39. 言い換えると
  40. それはclipRectを呼び出したときに
    設定された制約を元に戻します
  41. 次いで最上部のカードを除き
    すべてのカードにこのループを繰り返します
  42. 特別に 最上部または
  43. 最後のカードをその下の兄弟とは
    異なった方法で処理します
  44. これにはクリッピングは必要なく
  45. その全容を描きます
  46. ここの記述によってこの状況が分かります
  47. コードを構築または改善し
  48. オーバードロウ減少を確かめます
  49. けっこうです
    すばらしい
  50. お分かりのように
    オーバードローはわずかです
  51. キャンバスAPIで カスタムビューで
    作業する場合
  52. 効率よく描く簡単な方法が得られます
  53. さらにキャンバスAPIを
    詳しく研究したい場合
  54. インストラクターメモの文書全部を
    必ず確認してください
  55. これらの表示は独自の
  56. 人を引き付けるUXを作成するのに
    役立ちますが パフォーマンスで
  57. Androidが表示するのに役立つ情報を
    システムに伝えなければなりません
  58. カスタム ビューを作成するときは
    常にオーバードローをチェックし
  59. clipRect方式を
    アクティブにしてください
  60. けっこうです よくできました
  61. 完璧な知識のために
    coltを見直しましょう