Return to Video

04-15 Improve Your Code To Reduce Churn

  • 0:00 - 0:03
    コードが複雑にならないよう微調整する方法があります。
  • 0:03 - 0:05
    comparison view を見てみましょう。
  • 0:05 - 0:08
    各行で文字列を結合するよりも
  • 0:08 - 0:12
    StringBuilderで各行を一つの文字列として扱いましょう。
  • 0:12 - 0:14
    StringBuilderインスタンスはループ外で生成するので
  • 0:14 - 0:16
    メモリは一度しか確保されません。
  • 0:16 - 0:18
    初期化したループのイテレーションを
  • 0:18 - 0:20
    バッファするのにStringBuilderを使います。
  • 0:20 - 0:24
    整数の文字列をイテレーションが示す行に追加します。
  • 0:24 - 0:27
    このコードの詳細は下記ノートを参照してください。
  • 0:27 - 0:29
    それでは検証してみましょう。
  • 0:29 - 0:33
    memory_churn_optimizedという名前の改善したコードを読み込んで
  • 0:33 - 0:38
    trace viewとmemory monitorで確認チェックし、
  • 0:38 - 0:40
    GCの頻発が軽減されていることを確認しましょう。
  • 0:40 - 0:43
    allocation trackerを使って検証しても良いです。
  • 0:43 - 0:46
    allocation trackerを使ったり、
  • 0:46 - 0:49
    trace viewやmemory monitorで予期しないことが起きたら
  • 0:49 - 0:51
    画面ショットをフォーラムで共有してください。
  • 0:51 - 0:53
    何が起きたか関心があります。
  • 0:53 - 0:58
    修正の結果、Perf pirateはまだカクつきますが
  • 0:58 - 1:00
    その時間はだいぶ短くなりました。
  • 1:00 - 1:03
    このファンクションはおそらくバックグラウンドで
  • 1:03 - 1:05
    動作させるのが良いのかもしれません。
Title:
04-15 Improve Your Code To Reduce Churn
Description:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
ud825 - Android Performance
Duration:
01:05

Japanese subtitles

Revisions