YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 03-32 Using The Web UI

03-32 Using The Web UI

Get Embed Code
4 Languages

Showing Revision 1 created 01/13/2015 by Udacity.

  1. アプリを調べ 機能を確認するために
    APIs Explorerを使用してきました

  2. getProfileとsaveProfileを得ましたね
  3. しかしConference Centeralアプリケーションは
    フルWebユーザインターフェースを含んでいます
  4. Webユーザインターフェースの各ページが
    バックエンドで
  5. エンドポイントAPIの呼び出しを行います
    バックエンドの機能を実行すると
  6. アプリケーション内のWebページが
    機能し始めます
  7. 今はまったく機能していません
  8. 例えばShow Conferencesを選択しても
    カンファレンスを探そうとはしません
  9. これはカンファレンスを探すためのコードを
    まだ書いていないからです
  10. しかしこのレッスンではプロファイルを得て
    配置するためのコードを実行したので
  11. My Profileのページは機能します
  12. もしプロファイルを変更したらどうなるか
    見てみましょう
  13. TシャツのサイズをXSに変更します
  14. ディスプレイネームもJocelyn Bにします
    これでプロファイルを更新します
  15. ちゃんと更新されました
    私がUpdate profileのボタンをクリックした時
  16. 画面の後ろに隠れているこのページでは
    皆さんが実行していた
  17. saveProfileのエンドポイント機能に
    中止を送信します
  18. このコースの目的は
    JavaScriptについて学ぶことではなく
  19. App Engineのアプリケーションを
    開発できるようになることです
  20. しかしgetProfileとsaveProfileを呼び出す
    コードは示しておきたいと思います
  21. 今私たちはEclipseにいます
    Webページあるいは
  22. Webユーザインターフェースのためのコードは
    SRCの中のwebappにあります
  23. その中にはcss、fonts、img
  24. index.htmlとjsつまりJavaScriptという
    フォルダがあります
  25. そしてさらにpartialsと呼ばれるものがあり
  26. HTMLページが含まれています
    まず見ておきたいのはcontrollers.jsです
  27. この中にgetProfileとsaveProfileメソッドを
    呼び出すコードがあるからです
  28. ではgetProfileを見てみましょう
  29. これがgetProfileのエンドポイント機能を
    呼び出すコードです
  30. ここにgapi.clientという
  31. クライアントライブラリを呼び出すものがあります
  32. そしてconferenceはAPIの名前です
    getProfileはメソッドの名前ですね
  33. そしてexecuteがあります
  34. ここにあるのはリクエストが正常に
    実行された場合に呼び出されるコードです
  35. このケースではコードが
    1列に並んでいるのが分かります
  36. 別々の機能ではありません
  37. getProfileの呼び出しが成功した時に
    呼び出しを行うためのコールバックです
  38. ではsaveProfileを見てみましょう
  39. 検索します
  40. ありました もう一度確認しますが
  41. ここにgapi.clientという呼び出しがあります
  42. そしてconferenceはエンドポイントの名前で
    saveProfileは呼び出しのメソッドの名前です
  43. このケースでは1つの引数を受け渡し
    リクエストを実行するためexecuteを呼び出します
  44. そしてここにも呼び出しがあります
  45. こちらはsaveProfileが
    うまく完成される場合に呼び出される
  46. コールバックの中で実行するためのコードです
  47. 私が強調したかったのはここです
  48. ユーザインターフェースコードについての
    詳細はここでは説明しません
  49. JavaScriptがエンドポイント機能に
    呼び出しを命令することを紹介したかったのです
  50. このコースを続けていくうちに
    エンドポイント機能を実行するでしょう
  51. それがどのようにユーザインターフェースから
    呼び出されるか知っておいてください