Japanese subtitles

← 32-06 New Interval Solution

Get Embed Code
3 Languages

Showing Revision 1 created 08/22/2014 by Udacity.

  1. これが私の計算結果です
    -0.0881と0.08662です
  2. 前より信頼区間が広がっています
  3. つまり検知頻度が少なくなり統計上でも
    株取引で問題が発生する頻度が減るということです
  4. それではAppleの株価が暴落した
    2010年5月6日に戻って
  5. 暴落を検知してリスクの高い取引を
    回避できたか見てみましょう