Return to Video

The Internet: IP Addresses and DNS

  • 0:02 - 0:06
    インターネット
    IPアドレス(アイ ピー アドレス) と ―
  • 0:07 - 0:10
    DNS(ディー エヌ エス)
  • 0:10 - 0:14
    ハイ!名前は パオラ、
    マイクロソフトの ソフトウェア エンジニア です
  • 0:14 - 0:17
    インターネットが
    どのように動くのかお話します
  • 0:17 - 0:21
    わたしの仕事は、ネットワークで
    だれかと話しができるようにすること
  • 0:22 - 0:26
    でも1970年代には
    スタンダードは、ありませんでした
  • 0:26 - 0:31
    ヴィントン・サーフとロバート・カーンは
    インターネット プロトコルを発明し
  • 0:31 - 0:34
    コミュニケーションが
    できるようになりました
  • 0:35 - 0:39
    これが、インターネットになりました
  • 0:39 - 0:42
    ヴィントン
    インターネットの父
  • 0:42 - 0:46
    インターネットは、ネットワークのネットワークで
    世界中の100億(おく)をこえるデバイスをつなぎます
  • 0:46 - 0:51
    パソコンやスマホを
    WiFiにつなげると
  • 0:51 - 0:56
    WiFiはインターネット・サービス・プロバイダ ISPにつながり
  • 0:56 - 1:02
    ISPは世界中の
    たくさんのネットワークにつながり ―
  • 1:02 - 1:04
    そこから
    すべてのデバイスにつながります
  • 1:05 - 1:13
    インターネットはデザイン哲学であり
    プロトコル集合で表現されたアーキテクチャなのです
  • 1:16 - 1:20
    プロトコルは、ルールと
    スタンダードの集まりです
  • 1:20 - 1:24
    すべての人が合意して
    問題なくコミュニケートできます
  • 1:25 - 1:30
    インターネットが物理的にどう動くかより
    このデザインにより ―
  • 1:32 - 1:36
    インターネットを使う
    新しいテクノロジーは
  • 1:38 - 1:43
    ただ、どのプロトコルを使うかを
    決めれば、よいのです
  • 1:45 - 1:49
    インターネットでは
    すべてのデバイスが、べつべつのアドレスをもちます
  • 1:49 - 1:53
    アドレスは住所の意味ですが
    じっさいは電話番号のような、数字です
  • 1:54 - 1:58
    コンピュータやデバイスごとに
    ちがう番号です
  • 1:59 - 2:03
    家と会社では、住所がちがいます
    これと同じですね
  • 2:03 - 2:07
    手紙を送るときも、相手がどんな人かよりも
    相手のアドレスが大切です
  • 2:08 - 2:12
    行き先のアドレスを
    キチンと書く事が大切です
  • 2:15 - 2:22
    コンピュータのアドレスも同じです
    インターネットでアドレスを決めるのが
  • 2:22 - 2:26
    インターネット プロトコル = IP です
  • 2:27 - 2:30
    コンピュータのアドレスは
    IP アドレスと言います
  • 2:31 - 2:35
    ウェブサイトをみるとき、あなたのコンピュータは
    相手のコンピュータにインフォメーションを求めます
  • 2:37 - 2:44
    このメッセージを、相手のIPアドレスに送り
    返事のために、自分の IP アドレスを付けておくのです
  • 2:45 - 2:50
    IP アドレスを見ましたか?
    数字が、ならんでましたね
  • 2:50 - 2:54
    これらの数字は
    住所のように意味を持っています
  • 2:55 - 3:02
    住所の、国、都県
    市町村、番地に、にています
  • 3:02 - 3:06
    デジタルデータなので
    これらはビットで表されます
  • 3:08 - 3:13
    それぞれが8ビット
    全体で32 ビットの長さです
  • 3:14 - 3:18
    さいしょは国
    そして地方のネットワーク
  • 3:20 - 3:23
    サブネットワーク
    さいごにデバイスを表します
  • 3:25 - 3:29
    このバージョンの IP アドレスを
    IPv4 と、よびます
  • 3:29 - 3:35
    1973年につくられ、1980年代には
    40億(おく)のデバイスがインターネットに、つながりました
  • 3:39 - 3:45
    ところが、インターネットは、
    開発者が考えたよりも、大きくなったので
  • 3:45 - 3:49
    40億で、アドレスが足りなくなってきました
  • 3:49 - 3:52
    これから数年をかけ
    長い IP アドレスに、かえていく所です
  • 3:53 - 3:57
    IPv6 です
    128ビットの長さで―
  • 4:00 - 4:03
    340澗(かん)のアドレスが作れます
  • 4:05 - 4:10
    地球上の砂粒(すなつぶ)
    ぜんぶよりも多い数です
  • 4:11 - 4:15
    ほとんどの人は、IP アドレスを
    見たことがありませんが ―
  • 4:16 - 4:23
    ドメイン・ネーム・システム = DNS が
    たとえば www.example.com と言う名前を IP アドレスに、かえます
  • 4:23 - 4:28
    コンピュータは、ドメイン名をみつけるため DNSを使います
  • 4:28 - 4:33
    あなたのコンピュータと、他のコンピュータをつなぐための
    IP アドレスを教えてくれます
  • 4:33 - 4:35
    こんな感じに・・・
  • 4:35 - 4:39
    あのー、ぼく www.code.org へ行きたいんですが
  • 4:39 - 4:49
    えー、シラナイな、そのIPアドレスは・・・
    ホカのひとにキイてみよう・・・ヘイ、code.org をシッテる?
  • 4:53 - 4:58
    わしは知ってる
    そりゃ、174.129.14.120 だ
  • 5:00 - 5:06
    アリガトウ。今後のために、メモってオクよ
    キミキミ、アドレスわかったよ、IP アドレス。
  • 5:07 - 5:09
    どうも、ありがとう!
  • 5:14 - 5:21
    何十億ものデバイスと、何十億ものウェブサイトは
    どのように動いているでしょうか?
  • 5:21 - 5:28
    もしもDNSが1つだったら
    何十億のデバイスに、答えられません
  • 5:28 - 5:33
    たくさんのDNSのサーバーたちが
    階層的(かいそうてき)に分散(ぶんさん)して ―
  • 5:33 - 5:40
    ゾーンにわかれて、仕事をします
    それらは .org, .com, .net などです
  • 5:41 - 5:48
    DNSは、オープンで
    パブリックなプロトコルとして作られました
  • 5:50 - 5:55
    DNSは、そのオープンさから
    サイバーアタックが行われやすいものです
  • 5:55 - 6:01
    たとえば、DNSの「なりすまし」です
    ハッカーは DNS サーバーに、ニセのIPアドレスを送り
  • 6:03 - 6:06
    ドメイン名とIPアドレスを書きかえます
  • 6:08 - 6:12
    これにより、悪者が作った
    ニセのウェブサイトを見ることになるのです
  • 6:12 - 6:19
    これは、本当にあぶないことです
    ニセ物のウェブサイトを、本物だとおもって使ってしまうからです
  • 6:22 - 6:26
    インターネットは、巨大で
    毎日、大きくなっています
  • 6:26 - 6:30
    しかし、DNSとIPは
    これに対応(たいおう)できます
  • 6:31 - 6:35
    どれほどインターネットが
    大きくなっても
Title:
The Internet: IP Addresses and DNS
Description:

more » « less
Video Language:
English
Duration:
06:45

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions