Return to Video

大人が地球を守らないなら子供で守ります

  • 0:01 - 0:03
    おばあちゃんへ
  • 0:03 - 0:05
    ご無沙汰しています
  • 0:05 - 0:08
    メキシコの懐かしいお家にいる
    おばあちゃんを離れ
  • 0:08 - 0:10
    私はアメリカで
  • 0:10 - 0:12
    未来のために戦っています
  • 0:12 - 0:14
    おばあちゃんは
    バラに水をやり
  • 0:14 - 0:16
    桃の木の手入れをし
  • 0:16 - 0:19
    カメの餌がちゃんとあるか
    気にかけていることでしょう
  • 0:19 - 0:22
    私が特に恋しく思うのは
  • 0:22 - 0:24
    花を楽しみながら
  • 0:24 - 0:27
    おばあちゃんから子供の頃の話を
    聞くことです
  • 0:28 - 0:32
    私たちは2015年から
    ニューヨークに住んでいますが
  • 0:32 - 0:36
    この1年で ものすごく
    変化がありました
  • 0:36 - 0:39
    はじめのうちは
    ニューヨークといえば
  • 0:39 - 0:41
    美術館であり
    公園であり
  • 0:41 - 0:43
    学校であり
    友達でした
  • 0:43 - 0:48
    今は 地球を守るため
    活動している仲間と
  • 0:48 - 0:51
    繋がる場になっています
  • 0:51 - 0:53
    そうなったきっかけは
  • 0:53 - 0:56
    お父さんと
    その知恵でした
  • 0:56 - 1:00
    おばあちゃんの英知の全てを
    お父さんは世界中に広めています
  • 1:00 - 1:03
    自然とバランスを取って
    生きるという
  • 1:03 - 1:07
    人間としての責任についての
    お父さんの言葉はすべて
  • 1:07 - 1:09
    私に伝わっています
  • 1:09 - 1:12
    地球との繋がりをみんなが
    失っていることに気付いて
  • 1:12 - 1:15
    おばあちゃんの言葉を
    思い出しました
  • 1:15 - 1:18
    「何でも受け取った時より
    きれいにして返すこと」
  • 1:19 - 1:22
    お皿のことを言っていたのは
    分かってるけど
  • 1:22 - 1:25
    これは地球にも
    当てはまるんです
  • 1:25 - 1:27
    最初は何をすればいいのか
    分かりませんでした
  • 1:27 - 1:29
    世界はあまりにも大きく
  • 1:29 - 1:31
    良くない慣行も
    たくさんあります
  • 1:31 - 1:35
    15歳で何ができるのか
    分からなかったけど
  • 1:35 - 1:37
    やらずにいられませんでした
  • 1:37 - 1:39
    自分の想いを実行に移すため
  • 1:39 - 1:42
    学校の環境クラブに入りました
  • 1:42 - 1:47
    でも 他の子たちは
    リサイクルについて話したり
  • 1:47 - 1:49
    海のドキュメンタリーを
    見たりするばかりで
  • 1:49 - 1:51
    よくある環境問題の見方は
  • 1:51 - 1:56
    気候を守るには
    効果的でありません
  • 1:56 - 1:59
    気候危機を消費者のせいにして
  • 1:59 - 2:02
    気温が上がっているのは
  • 2:02 - 2:06
    お店にエコバッグを持っていくのを
    忘れるからだと言うんですから
  • 2:06 - 2:09
    母なる地球を守るには
  • 2:09 - 2:13
    みんなでする決断の1つ1つが大事だと
    教えてくれましたよね
  • 2:13 - 2:17
    クラブのみんなの考え方を
    変えられたことを
  • 2:17 - 2:18
    誇りに思っています
  • 2:18 - 2:21
    リサイクルの話をする代わりに
  • 2:21 - 2:24
    政治家に手紙を書いて
  • 2:24 - 2:27
    プラスチック包装を全て
    禁止するよう求めました
  • 2:27 - 2:30
    それから 予想もしなかった
    展開があって
  • 2:30 - 2:33
    私たちは学校ストライキを
    始めました
  • 2:34 - 2:36
    ニュースでもう
    見たかもしれないし
  • 2:36 - 2:38
    今では珍しくもない
    かもしれないけど
  • 2:38 - 2:42
    その頃にはすごく
    大きなことだったんです
  • 2:42 - 2:46
    みんなに世界を救ってほしくて
    子供たちが学校に行かないって言うんだから
  • 2:46 - 2:49
    (群衆)世界は変えられる!
    私たちは止まらない!
  • 2:49 - 2:51
    (シエ)グレタ・トゥーンベリの呼びかけた
  • 2:51 - 2:53
    最初の世界的な
    気候ストライキのとき
  • 2:53 - 2:58
    私は学校の仲間を600人集めて
    一緒に行進しました
  • 2:58 - 3:02
    グレタは気候のためのストライキを始めた
    まだ十代の子です
  • 3:02 - 3:05
    彼女の勇気が
    すごい刺激になって
  • 3:05 - 3:10
    子供でも社会問題について
    大衆の考えを動かせるんだって
  • 3:10 - 3:12
    驚いたんです
  • 3:12 - 3:14
    この運動は爆発的に
    広がりました
  • 3:14 - 3:15
    (映像)閉鎖しろ!
  • 3:15 - 3:17
    (シエ)私はこの運動の
    中心的存在の一人になりました
  • 3:17 - 3:20
    ニューヨークで アメリカで
    そして世界で
  • 3:20 - 3:22
    (シエ)欲しいのは?
    (群衆)気候正義!
  • 3:22 - 3:24
    (シエ)いつ欲しい?
    (群衆)今すぐに!
  • 3:24 - 3:27
    (シエ)私は気候正義や 先住権や
    世代間の協力について
  • 3:27 - 3:29
    声を上げるようになりました
  • 3:29 - 3:31
    でも それは始まりに
    すぎませんでした
  • 3:31 - 3:34
    2019年9月20日からの1週間は
  • 3:34 - 3:38
    私の人生で最も慌しかった時
    ということになるでしょう
  • 3:38 - 3:44
    私たちが呼びかけた気候ストライキで
    ニューヨークに30万人が集まりました
  • 3:44 - 3:46
    おばあちゃんもいたら
    よかったのにと思います
  • 3:46 - 3:49
    ウォール街を行進して
    気候正義を訴えました
  • 3:49 - 3:52
    (群衆)石炭やめろ! 石油やめろ!
    炭素を土から出すな!
  • 3:52 - 3:55
    (シエ)その月に
    国連の気候サミットに参加して
  • 3:55 - 3:58
    アル・ゴアと
    パネル ディスカッションをしました
  • 3:58 - 4:00
    ジェイ・インスレーや
    ナオミ・クラインや
  • 4:00 - 4:05
    ビル・マッキベンや
    国連総会議長に会いました
  • 4:05 - 4:07
    私の人生で最高の1週間でした
  • 4:07 - 4:10
    私の知っているみんなが
    ひとつになったからです
  • 4:10 - 4:13
    先生たちも 友達もみんな
  • 4:13 - 4:18
    私の大好きなお店まで
    ストライキに参加してくれました
  • 4:19 - 4:21
    何でこんなことをしているのかと
    聞かれたら
  • 4:21 - 4:25
    「しない訳にいかないから」
    としか答えられません
  • 4:26 - 4:29
    私がこの活動を始めて
    1年になり
  • 4:29 - 4:32
    大変だと思うときもありますが
  • 4:32 - 4:36
    おばちゃんの教えてくれた
    粘り強さがあります
  • 4:36 - 4:39
    おばあちゃんが家族のため
    30年間毎日
  • 4:39 - 4:42
    メキシコシティに働きに出ていたのを
    忘れはしません
  • 4:42 - 4:46
    神聖な土地を
    大企業の手から守るために
  • 4:46 - 4:50
    20年間活動していたのも
    知っています
  • 4:50 - 4:53
    家族が乗り越えてきた
    苦労に比べたら
  • 4:53 - 4:55
    私の1年なんて
    何でもありません
  • 4:55 - 4:58
    私たちの苦労が
    世界を良くするのなら
  • 4:58 - 5:01
    私たちを良い人間にも
    してくれることでしょう
  • 5:01 - 5:03
    難しい時もありました
  • 5:03 - 5:05
    世の人たちは
  • 5:05 - 5:08
    子供がすべてを
    知っていることを
  • 5:08 - 5:10
    期待しているみたいで
  • 5:10 - 5:13
    私が世界のしくみを
    何でも知ってるかのように
  • 5:13 - 5:15
    彼らの投げかける質問に
    私は答えています
  • 5:15 - 5:18
    みんな希望を求めていて
    私たちがそれを与えているんです
  • 5:19 - 5:24
    気候や政策について 運動を組織し
    執筆し 演説し 調査するという活動を
  • 5:24 - 5:27
    この1年 ほとんど毎日
    やってきましたが
  • 5:27 - 5:30
    まだ足りないんじゃないかと
  • 5:30 - 5:32
    少し心配しています
  • 5:32 - 5:36
    私にとって 18歳で
    世界を救おうとするのは
  • 5:36 - 5:39
    気候のための活動家になる
    ということです
  • 5:39 - 5:41
    以前なら それは
    専門の勉強をして
  • 5:41 - 5:44
    医者や 政治家や 研究者になる
    ということだったかもしれませんが
  • 5:44 - 5:47
    成長して何かになるのを
    待ってはいられません
  • 5:48 - 5:49
    地球は苦しんでいて
  • 5:49 - 5:52
    もう時間の余裕はないんです
  • 5:53 - 5:57
    十代の子が世界を救うには
    言葉を上手く使い
  • 5:57 - 6:00
    気候危機の背後にある
    科学を理解し
  • 6:00 - 6:04
    目を引くような
    独自の視点を示し
  • 6:04 - 6:07
    そして それ以外はすべて
    忘れるということです
  • 6:07 - 6:10
    でも 他のことを
    気にかけたくなる時もあります
  • 6:10 - 6:14
    歌ったり 踊ったり
    体操したりしたいです
  • 6:14 - 6:17
    みんなが地球のことを
  • 6:17 - 6:21
    習慣として 文化として
    気にかけるようになったら
  • 6:21 - 6:25
    気候のための専従の活動家なんて
    いらなくなると思います
  • 6:25 - 6:27
    企業がサスティナビリティを重視し
  • 6:27 - 6:31
    電力に再生可能エネルギーを使い
  • 6:31 - 6:37
    地球を気にかけるのも人間性の一部だと
    学校で教えるなら
  • 6:38 - 6:41
    私もまた体操をしていられるように
    なるかもしれません
  • 6:41 - 6:43
    そう思わない おばあちゃん?
  • 6:43 - 6:44
    できることなんです
  • 6:44 - 6:46
    私が活動しているのは
  • 6:46 - 6:50
    みんなが前向きな考え方を
    できるようにするためです
  • 6:50 - 6:52
    でも 結構大変です
  • 6:52 - 6:53
    欲や
  • 6:53 - 6:55
    見栄や
  • 6:55 - 6:56
    お金や
  • 6:56 - 6:58
    物質主義の問題があります
  • 6:58 - 7:00
    聞いてもらうのは簡単ですが
  • 7:00 - 7:04
    教えるのは難しいんです
  • 7:05 - 7:08
    いつも最善を尽くすための自信を
    みんなに持ってほしい
  • 7:08 - 7:13
    おばあちゃんが教えてくれた
    世界を愛する心と勇気を
  • 7:13 - 7:15
    みんなに持ってほしいです
  • 7:15 - 7:17
    この手紙は
    お礼を言うために書きました
  • 7:17 - 7:19
    私が生まれた時から
  • 7:19 - 7:22
    世界を愛せるように
    してくれたことに
  • 7:22 - 7:24
    何にでも笑ってくれたことに
  • 7:24 - 7:26
    どんな問題に対しても
  • 7:26 - 7:30
    希望と楽観で対するのが一番だと
  • 7:30 - 7:32
    教えてくれたことに
  • 7:32 - 7:34
    私がこの活動をしているのも
  • 7:34 - 7:37
    違いを生み出すには
    粘りと 愛と 知恵だけで十分だと
  • 7:37 - 7:39
    示してくれたお陰です
  • 7:39 - 7:42
    メキシコに帰って
    会いに行きたいです
  • 7:42 - 7:45
    私がしてきたことを
    写真で見せてあげたいです
  • 7:45 - 7:47
    私たちが通した
  • 7:47 - 7:49
    気候の法案を見せたいです
  • 7:49 - 7:52
    おばあちゃんのそばで
    花の香りを楽しみながら
  • 7:52 - 7:54
    気候正義のために
    戦いたいです
  • 7:54 - 7:55
    テ キロ ムチョ
  • 7:55 - 7:57
    大好きです
  • 7:57 - 7:58
    シエより
  • 7:58 - 8:02
    [大好きです シエより]
Title:
大人が地球を守らないなら子供で守ります
Speaker:
シエ・バスティーダ
Description:

シエ・バスティーダが祖母への心動かされる手紙の中で、気候のための学校ストライキの展開や、グレタ・トゥーンベリとともに国連気候サミットで意見を述べることを通じ、世界的な環境活動家となっていった経緯を回想し、自分の決意や粘り強さ、地球への深い愛が、自分の受け継いだ価値観に由来することを語ります。「私が生まれた時から世界を愛せるようにしてくれてありがとう おばあちゃん」

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TEDTalks
Duration:
08:37

Japanese subtitles

Revisions