Return to Video

05-08 Return Statement

  • 0:01 - 0:03
    これで入力と出力が分かりました
  • 0:03 - 0:07
    ほとんど関数が自ら記述します
    特に関数を定義する前に
  • 0:07 - 0:10
    実行する必要があるコードが分かっているので
  • 0:10 - 0:13
    このコードを修正する関数を書いていきます
  • 0:15 - 0:19
    まず行うことは少しスペースを作ることです
  • 0:19 - 0:24
    関数で変換したい4行に
    含まれていないコードを消去します
  • 0:24 - 0:28
    完全にコードを修正していません
    今あるものはほとんど
  • 0:28 - 0:31
    関数の主要部分に必要なものです やりたいことは
  • 0:31 - 0:37
    必要なことを入力に入れるために修正し
    関数に変換することです
  • 0:37 - 0:41
    関数作成にはdef構文を使う必要があります
  • 0:41 - 0:45
    では関数を定義していきます
    次のターゲットを取得します
  • 0:45 - 0:50
    ここでパラメータが必要です
    パラメータは関数の入力になります
  • 0:50 - 0:52
    入力が何かは決まっています
  • 0:52 - 0:55
    Webコンテンツです
    コンテンツをWebページへ与える文字列です
  • 0:55 - 0:58
    これが変数pageで保持していたものです
  • 0:58 - 1:01
    ここにもう一度そのpageを呼び出します
  • 1:01 - 1:04
    これが入力として渡したものです これで関数の
  • 1:04 - 1:07
    主要部分ができました
    コードは以前のコードとまったく同じです
  • 1:07 - 1:09
    ですが今回はここにあるものを何でも
  • 1:09 - 1:13
    pageにするのではなく
    関数の入力として渡したものが
  • 1:13 - 1:18
    pageになります そしてpageの名前を変更できます
    名前の変更は意味があります
  • 1:18 - 1:21
    渡したものが何であれこのコードは機能します
  • 1:21 - 1:26
    Webページである必要はなく
    渡したあらゆる文字列をこのコードが見つけます
  • 1:26 - 1:31
    なのでより一般的な名前がいいでしょう
    名前をsに変更します
  • 1:31 - 1:35
    もしパラメータの名前を変更したら
    pageを使うすべての場所で
  • 1:35 - 1:37
    pageの値がなくなります
  • 1:37 - 1:40
    あるのはsの値です これはパラメータの名前です
  • 1:40 - 1:44
    ですからこれをすべて同じようにsに変更できます
  • 1:44 - 1:46
    これでほぼ終了です
  • 1:46 - 1:50
    1つ重要なことが残っています
    どう出力を取得するかです
  • 1:50 - 1:56
    出力はurlとend_quoteにする必要があると言いました
  • 1:56 - 2:02
    returnを使ってこれらを戻します
    returnはPythonの特別な命令文です
  • 2:02 - 2:05
    キーワードのreturn それに続いて
  • 2:05 - 2:10
    関数から返す必要のあるもの全部のリストがあります
  • 2:10 - 2:15
    返すのはコンマで区切られた式の全数値のリストです
  • 2:15 - 2:20
    ゼロのreturn式があります
    これは出力がないことを意味します
  • 2:20 - 2:24
    出力がない関数には実際に役に立つものです
  • 2:24 - 2:27
    入力を出力に対応づけるものとして
    関数を考えるのは誤りです
  • 2:27 - 2:29
    しかし関数も別のことができます
  • 2:29 - 2:34
    副作用と呼んでいるもので
    見ることができるものです
  • 2:34 - 2:37
    ですが出力ではありません
  • 2:37 - 2:42
    例えば何かを表示したらどんな結果になったか
    見ることができます
  • 2:42 - 2:48
    コードや関数を実行して起きることを
    見ることができますが出力として取得しません
  • 2:48 - 2:52
    ですからこの場合get_next_targetから
    出力を得る必要があります
  • 2:52 - 2:55
    結果を返す必要があります
    どのように続けるか分かっています
  • 2:55 - 2:57
    出力を何にするか決めています
  • 2:57 - 3:01
    それはurlの値です
    ですから次のターゲットの文字列を
  • 3:01 - 3:05
    見つけなければなりません
    そしてend_quoteの値です
  • 3:05 - 3:10
    見つかった位置が分かっています
    return文を終了する方法を理解できていますか?
  • 3:10 - 3:16
    皆さんの目標はこの手順を終了するために
    returnの後ろに必要なコードを作ることです
Title:
05-08 Return Statement
Description:

05-08 Return Statement

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
CS101 - Intro to Computer Science
Duration:
03:17

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions