Return to Video

06-30 Anonymous Functions Solution

  • 0:00 - 0:03
    返り値の最初はfunctionという文字列です
  • 0:03 - 0:07
    これにより数値などとの区別をつけて
  • 0:07 - 0:11
    あとで関数でないものを
    呼び出そうとした時に分かるようにします
  • 0:11 - 0:15
    そのあと引数のリストを
    抽象構文木から取ったとおりに入れます
  • 0:15 - 0:23
    本体もまた抽象構文木から取り
    環境は定義されているenvを使います
  • 0:23 - 0:27
    グローバル環境やその他の環境ではなく
    ここでの環境envを使うのは
  • 0:27 - 0:33
    ローカル関数がローカル変数を
    参照できるようにするためです
  • 0:33 - 0:36
    これのおかげでmakegreeterのような例が
    動くようになります
  • 0:36 - 0:42
    今これが定義された時のスコープにある変数を
    参照することができるようになります
  • 0:42 - 0:48
    以前見た関数定義のコードと似ていると
    気づいた人も多いでしょう
  • 0:48 - 0:54
    前のコードでは環境にこの値を加えるという
    段階がある点が違いました
  • 0:54 - 0:59
    無名関数ではユーザが代入をしない限り
    環境には加えません
  • 0:59 - 1:01
    よく見覚えがあるコードのはずです
  • 1:01 - 600:00
    ほとんど同じものがトップレベルで
    関数定義要素を扱う時にあります
Title:
06-30 Anonymous Functions Solution
Description:

Other units in this course below:
Unit 1:http://www.youtube.com/playlist?list=PL3FEF9299137945CC
Unit 2:http://www.youtube.com/playlist?list=PLBF6FC32358457242
Unit 3:http://www.youtube.com/playlist?list=PL30EF9EB86B4D2E54
Unit 4:http://www.youtube.com/playlist?list=PL6881C8D2E9D63242
Unit 5:http://www.youtube.com/playlist?list=PL62AF1F6D3B654E14
Unit 6:http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FCC9D9C45A6640E
Unit 7:http://www.youtube.com/playlist?list=PL9533BCB71FD88E38

Q&A: http://www.youtube.com/playlist?list=PLE0EB375FA373A866

To gain access to interactive quizzes, homework, programming assignments and a helpful community, join the class at http://www.udacity.com

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
CS262 - Programming Languages
Duration:
01:08

Japanese subtitles

Revisions