YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 06-30 Anonymous Functions Solution

Get Embed Code
3 Languages

Showing Revision 1 created 10/23/2014 by Udacity.

  1. 返り値の最初はfunctionという文字列です

  2. これにより数値などとの区別をつけて
  3. あとで関数でないものを
    呼び出そうとした時に分かるようにします
  4. そのあと引数のリストを
    抽象構文木から取ったとおりに入れます
  5. 本体もまた抽象構文木から取り
    環境は定義されているenvを使います
  6. グローバル環境やその他の環境ではなく
    ここでの環境envを使うのは
  7. ローカル関数がローカル変数を
    参照できるようにするためです
  8. これのおかげでmakegreeterのような例が
    動くようになります
  9. 今これが定義された時のスコープにある変数を
    参照することができるようになります
  10. 以前見た関数定義のコードと似ていると
    気づいた人も多いでしょう
  11. 前のコードでは環境にこの値を加えるという
    段階がある点が違いました
  12. 無名関数ではユーザが代入をしない限り
    環境には加えません
  13. よく見覚えがあるコードのはずです
  14. ほとんど同じものがトップレベルで
    関数定義要素を扱う時にあります