YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← Nir Eyal on Good Product Notifications UXUI Design Product Design Udacity

Get Embed Code
14 Languages

Showing Revision 7 created 10/01/2015 by Nobuko Hamaguchi.

  1. 良い「通知」の要素は何ですか?
  2. それは良い質問ですね
  3. 私が「フックモデル」を
    教える時 しばしば、聞いた人は
  4. 「誘因の段階を理解したよ
    ユーザーが動作をするように促すことが必要だ
  5. しかし これがスパムにならないように
    どうすればいいだろう?
  6. どうやって 自分たちが
    勧誘メールを送りすぎていないと
  7. 判断するんだ?」
  8. それには秘密があります
  9. その秘密とは 外部からの誘因きっかけ
  10. つまり行動を起こさせるためのメッセージと
  11. 内的誘因を密につなげるようにすることです
  12. 内的誘因とは状況、感情、習慣、場所
  13. ユーザーが自ら行動を起こすことを
    誘発するもの 何でもです
  14. つまり これらの2つがちゃんと
    結束できているものです 分かりますか?
  15. その通知と
    製品を必要とする感覚や衝動を
  16. しっかりと結び付けるほど
  17. それは魔法ですよ
  18. 魔法とスパムの違いです
    その背景内容です
  19. カギなのです
  20. あなたがこれら2つを
    固く結ぶことを可能にするには
  21. もちろん 試すことから始まります
    ユーザーが1日の内で
  22. 最もこの製品を必要としそうな時を
    探るのです
  23. ですから 1日に何度も
    やみくもに「通知」を送らないことです
  24. ユーザーが実際に
    その解答を必要としている時に合わせて
  25. これらの通知を送るのです
  26. ベストな瞬間があって
    そこに確実につなげるのですね
  27. そうです 
    ユーザーがそれを必要とする瞬間があります
  28. 例えば 私が音楽再生アプリを
    組み立てているとしますよ
  29. 音楽サービスとか
    ニュースサービスのことです
  30. その必要につながる好機は
    習慣としてラジオをつける
  31. その瞬間です
  32. もし あなたが位置情報などのデータや
  33. タイムスケジュール、カレンダーの予定、
    毎日の過ごし方など
  34. ユーザーが与えている何らかの情報を使って
    あなたはその瞬時に的確に
  35. 誘因を送ることができれば
    それこそ魔法の様です
  36. おっと ラジオをつけるところだったけど
  37. 代わりにこのアプリを使おう
    ということになるでしょう