Japanese subtitles

← 自己中心的な学者の日本昔話 ― イーサルト・ギレスピー

Get Embed Code
24 Languages

Showing Revision 8 created 10/12/2020 by Moe Shoji.

  1. 古都京都にて 敬虔な神道学者は
    質素な生活を送っていましたが
  2. 祈りの最中 街の喧騒に
    しばしば気をとられていました
  3. 彼は隣人たちに 自分の魂を
    穢(けが)されていると感じ
  4. 自らの身を清めるため
    祓(はらえ)を行うことにしました
  5. 身と心を清める儀式のことです
  6. 彼は崇敬される日枝神社に
    参詣することにしました

  7. その旅は 丸一日かかる
    きつい登りが続きました
  8. しかし 彼は旅によってもたらされる
    孤独に喜びを感じ
  9. 帰宅時に感じた心の平安は
    深遠なものでした
  10. その学者は できるだけ長く
    この明晰さを保つため
  11. この参詣を あと99回
    行うことを誓いました
  12. 道を独りで歩み
    心の安定を追求しながら雑念を振り払い
  13. 決して迷うことは
    ありませんでした
  14. その男は自分の誓いを守り
    参詣が数日どころか数週間に及んでも

  15. 激しい雨の中や
    灼熱の太陽のもとを歩きました
  16. 時が経つにつれ 彼が一意専心する中で
    現世とともに存在する―
  17. 目に見えない神の世界を
    感じるようになりました
  18. 彼は神の気配を感じるようになりました
    足元の岩々や
  19. 彼を冷やす風や野原で草を食む動物たち
    すべてに精気が宿りました
  20. それでも彼は神とも人とも
    誰とも話しませんでした

  21. 彼は道を踏み外して
    穢れてしまった者たちとは
  22. 関わるまいと決意していました
  23. 穢れゆえに忌み嫌われるのは
    病人や死者だけでなく
  24. 土地を汚した者や
    凶悪犯罪を犯した者も同様でした
  25. 精神を清めんとする この学者に
    降りかかる あらゆる脅威の中で
  26. 穢れは圧倒的でした
  27. 80回目のお参りをした後

  28. 彼は再び家路につきました
  29. しかし暗くなるにつれ
    彼は夜風の中に嗚咽を聞きました
  30. 学者は うめき声を無視し
    突き進もうとしましたが
  31. その絶望的な叫び声に
    圧倒されてしまいました
  32. 顔をしかめながら 彼は道を外れ
    声が聞こえる方をたどることにしました
  33. 彼がやがて窮屈な小屋に着くと
    外には女がくずおれていました

  34. 憐れみを抱いた学者は その女性に
    彼女の悲しみを教えてくれと懇願しました
  35. 彼女は母親が亡くなったばかり
    にもかかわらず
  36. 埋葬の手伝いをしてくれる人が
    いないと言いました
  37. そう聞いて 彼の心は沈みました
  38. 遺体に触れれば
    彼の魂が穢れてしまい
  39. 生命力は奪われ
    神に見捨てられてしまうでしょう
  40. しかし 彼女の嘆きに耳を傾けるうちに
    女性への同情心があふれてきました
  41. そして 母親が霊界へ無事に行けるよう
    彼らは老婆を埋葬しました
  42. 埋葬は終えたものの
    死の禁忌が学者に重くのしかかりました

  43. 彼の最も重要なルールを無視し
  44. 神聖な旅路を堕落させてしまうなんて
    なんと愚かなことをしたのでしょう
  45. 一晩苦しんだ後
  46. 彼は身を清めるために
    神社に戻ることを決意しました
  47. 驚いたことに いつもは静かな社が
    人でいっぱいになっていました

  48. 神と直に言葉を交わす祈祷師の周りに
    人が集まっていたのです
  49. 男は身を隠し 穢れた魂を
    誰にも悟られぬよう近寄りませんでした
  50. しかし 祈祷師は別の方法で見透して
    彼に群衆の前に出るよう言いました
  51. 見捨てられる覚悟で
    学者は聖なる女性に近づきました

  52. しかし 祈祷師はただ微笑みました
  53. 彼女は彼の不純な手を取り
  54. 彼にしか聞こえない
    祝福の言葉をささやき
  55. 彼の優しさに感謝しました
  56. その瞬間 学者は
    大いなる神聖な真義を見いだしました
  57. 汚染と堕落は
    全く別物だということです
  58. 洞察に満たされた学者は
    再び自らの旅路に身を投じました

  59. しかし 今回は出会った人たちを
    助けるために足を止めました
  60. 彼は行く先々で霊界の美しさが
    見えるようになっていきました
  61. 以前は敬遠していた街でもです
  62. 他の人たちは 彼が穢れの危険を
    冒していると警告しましたが
  63. 病人や恵まれない人たちと
    自由に接する理由を
  64. 彼は決して語りませんでした
  65. 人々が祓を真に理解するには
  66. 自ら旅をするしかないと
    彼は知っていたのでした