YouTube

Got a YouTube account?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtitles

← 12-10 Add or Remove Parameters

Get Embed Code
13 Languages

Showing Revision 1 created 10/20/2015 by sp11.

  1. 異なるインプットの数を持ったメソッドの例を
  2. 見ていきたいと思います。
  3. Android Studioのプロジェクトウィザードを
    使って新しいアプリを作り始めました。
  4. なので、Just Javeアプリとは関係ありません。
  5. main.activityにそのメソッドを加えました。
  6. creatWeatherMessageというものです。
  7. インプットパラメータはありません。
    出力は文字列です。
  8. 市名と気温を表すメッセージを
  9. 作るメソッドです。
  10. メソッドは、この練習ののテンプレートとして
    見ることができます。
  11. なので、気温をインプットパラメータにすることができます。
  12. 数字なので、int temperatureとします。
  13. これをここで使うことができます。
  14. これは列定数で、
  15. 気温に連結されています。
  16. そしてdegree Fahrenheitというもう一つの
    文字列と連結されています。
  17. メッセージはインプットなので、気温に応じて
  18. カスタマイズすることができます。
  19. 言うのを忘れていましたが、activityが作られる時に呼ばれる
  20. main activityのonCreateというメソッドで、
  21. createWeatherMessageを呼ぶことができます。
  22. 以前はインプットはありませんでしたが、
    今度は一つパラメータがあります。
  23. 77を渡してみます。
  24. エラーが消えて、このメソッドコールは正しくなりました。
  25. もう一つはメソッドのコメントを変えることです。
  26. 一行空けて、
  27. 気温であるインプットパラメータを説明を入れます。
  28. @param temperatureと記入して、
  29. これは市の気温だという説明書きを加えます。
  30. パラメータの名前が分かりにくい時があるので、
  31. 説明書きはとても便利です。
  32. そして、メソッドがパブリックであれば、
    他の人も
  33. このメソッドを呼ぶことができます。
  34. メソッドの中の指令がどんなものかは分からないかもしれません。
  35. なので、java docでパラメータんお説明を読むのは
  36. とても便利なんです。
  37. さっきメソッドはテンプレートだといいました。
  38. サンフランシスコではなく、他の市を入れたい場合は
    どうすればよいでしょうか。
  39. 市をパラメータにすればいいですよね。
  40. ここにコンマを加えて、
  41. 市市名はテキストなので、文字列のタイプを使います。
  42. サンフランシスコを消して、cityNameという変数を使います。
  43. ここの前後にスペースを加えるのを忘れないでください。
  44. これで、市名と温度をカスタマイズできる
  45. メソッドが出来上がりました。
  46. java docの説明を変えて、
  47. もう一つパラメータがあるということと、
    cityNameという説明を入れておきました。
  48. メソッドのシグナニチャを変えたので、エラーが発生しています。
  49. 1つのインプットではなく、
  50. 2つのインプットを渡さなければいけません。
  51. コンマをいれて、SanFrancisco文字列を入れます。
  52. これでエラーが消えました。
  53. createWeatherMessage(77を呼ぶと、
    これは気温になります。
  54. サンフランシスコは市名ですね。
  55. ここで適切な文字列を作ります。
  56. つぎに、calculatePriceメソッドに戻って、
  57. メソッドシグニチャを変えて、
  58. 異なるインプット数を持つようにします。
  59. パラメータが0、1、そして2というように
  60. 作っていきます。
  61. メソッドシグニチャを変えてインプット数を変えることが
  62. どのように、メソッドの呼ばれ方を変えるかを
  63. アプリを作るとき、
  64. 普通は決まったインプット数を使いますが、
  65. そしてそのインプット数はメソッドの
  66. 内容によって決まります。
  67. メソッドで使うパラメータだけをインプットにするのが
  68. 最善の方法です。
  69. 使う情報以上のものを渡しても
  70. 意味がありませんよね。
  71. この練習のためのガイドです。
  72. まずmain activityのアプリでcalculatePriceメソッドを定義してください。
  73. 指導書から使えるコードをコピーペイストしてください。
  74. calculatePriceメソッドを変えて、インプットパラメータが
  75. 一つになるようにします。
  76. submitOrderメソッドで、calculatePriceを呼んで、
  77. 量をインプットとして渡します。
  78. 次に、calculatePriceメソッドが二つのインプットを受け取るように
    変更します。
  79. submitOrderで
  80. calculatePrice(quantity, 10)を呼んでみます
  81. 最後に、calculatePriceを変えて、インプットパラメータを無しにしてください
  82. submitOrderでは、calculatePriceとだけ呼びます。
  83. こんな感じです。
  84. 最初のステップを一緒にやってみましょう。
  85. 指導書にあるリンクを開きます。
  86. GISTにcalculatePriceメソッドのコードを乗せました。
  87. 全てをコピーしてください。
  88. Android Studioにそれをペイストします。
  89. submitOrderの下にペイストして、
  90. 一行空けておきます。
  91. これで読みやすくなります。
  92. そしてsubmitOrderメソッドで、このメソッドを呼びます。
  93. メソッドを呼ぶのは一番下にしておきます。
  94. 後にここのコードと統合します。
  95. 今のところはこれで大丈夫でしょう。
  96. 一つインプリケーションパラメータを忘れていました。
    量を渡さなければいけません。
  97. このインプットパラメータを変えて、
  98. 他の二つのエクササイズもやってみてください。
  99. このエクササイズをやるうえで、参考がほしければ、
  100. JavaメソッドをGoogleで検索してもいいと思います。