Return to Video

紛争地帯でも子育て支援の手を差し伸べよう

  • 0:01 - 0:06
    世界では 15億人以上もの人が
    戦争に巻き込まれています
  • 0:07 - 0:10
    その結果 人々は
    国を離れることを余儀なくされ
  • 0:10 - 0:13
    1500万人が難民となっています
  • 0:14 - 0:15
    戦争の犠牲者である子供は
  • 0:15 - 0:17
    全くの無実でありながら
    最大の犠牲者に違いありません
  • 0:19 - 0:21
    戦争の犠牲者と言っても
    体を傷つけられるだけでなく
  • 0:21 - 0:25
    目には見えない形で
    心に傷を負う家族も多いのです
  • 0:26 - 0:29
    戦争を経験する子供は
    非常に高い確率で
  • 0:30 - 0:32
    情緒や行動の問題を
    抱えるようになります
  • 0:34 - 0:36
    想像でしかありませんが 子供は
  • 0:36 - 0:38
    不安や恐れ 危険を感じるでしょう
  • 0:39 - 0:40
    しかし朗報があります
  • 0:40 - 0:44
    家庭でしっかりとした育児ができれば
  • 0:44 - 0:48
    子供の心身の健康状態に
    非常に大きなプラスの影響があり
  • 0:48 - 0:51
    その影響力は戦争体験によるマイナスより
    大きいかもしれません
  • 0:52 - 0:55
    つまり 戦時中や戦後でも
  • 0:55 - 1:00
    温かく揺るぎない愛情を注げば
    子供たちを守ることができるのです
  • 1:02 - 1:05
    2011年 私は博士課程の1年生として
  • 1:05 - 1:08
    マンチェスター大学で
    心理学を専攻していました
  • 1:09 - 1:10
    ここにいる皆さんと同じように
  • 1:11 - 1:14
    テレビに映るシリア情勢を
    目にしていました
  • 1:15 - 1:17
    私の家族はシリア出身で
  • 1:17 - 1:18
    とても幼い頃から
  • 1:18 - 1:21
    非常に恐ろしい形で
    親族を何人も亡くしています
  • 1:22 - 1:24
    家族と集まっては
    一緒にテレビを見たものです
  • 1:25 - 1:27
    皆 ひどい状況を目にしました
  • 1:27 - 1:29
    爆弾で破壊される建物
  • 1:29 - 1:30
    混乱や荒廃
  • 1:31 - 1:33
    叫び 逃げ惑う人々
  • 1:33 - 1:37
    人々の叫び声や逃げ惑う姿に
    いつも心が締め付けられる思いでした
  • 1:37 - 1:40
    怯えた子供たちの姿は
    目にするのもつらかったです
  • 1:41 - 1:45
    私にも好奇心旺盛な年頃の
    子供が2人いて
  • 1:45 - 1:47
    当時は5歳と6歳でしたが
  • 1:47 - 1:50
    この年齢の子供らしく
    やたらと質問を繰り返し
  • 1:50 - 1:52
    満足できる答えを求めてきました
  • 1:53 - 1:56
    そんな状況だったので
    ある疑問が浮かびました
  • 1:56 - 1:59
    紛争地域や難民キャンプで
    子育てをしていたら
  • 2:00 - 2:02
    私の子供たちはどうなるかと
  • 2:03 - 2:06
    娘の明るく幸せな瞳は
    輝きを失うだろうか?
  • 2:07 - 2:12
    穏やかで呑気な性格の息子は
    臆病になって 心を閉ざしてしまうだろうか?
  • 2:13 - 2:14
    私はどう対応するのか?
  • 2:15 - 2:17
    私も変わるのだろうか?
  • 2:19 - 2:21
    心理学者や「ペアレント・トレーナー」たちは
  • 2:21 - 2:25
    子育てに必要な能力が身につくように
    親を支援していけば
  • 2:25 - 2:27
    子供の心身の健康状態に
    大きな効果があると知っています
  • 2:28 - 2:30
    これが「ペアレント・トレーニング」です
  • 2:31 - 2:33
    ここで 私には疑問がありました
  • 2:33 - 2:36
    ペアレント・トレーニングが
    通常の家族に役に立つのと同じように
  • 2:36 - 2:39
    紛争地帯や難民キャンプに
    住む場合でも有効だろうか
  • 2:39 - 2:42
    困難な状況を
    乗り切れる手助けとなるような
  • 2:42 - 2:44
    助言や訓練を
    提供することはできるだろうかと
  • 2:46 - 2:49
    私は指導教員に相談しました
  • 2:49 - 2:50
    レイチェル・カラム教授です
  • 2:50 - 2:54
    大学で学んだことを
    実社会に生かしたいと伝えました
  • 2:55 - 2:57
    具体的に何をしたいのか
    明確ではありませんでしたが
  • 2:58 - 3:00
    教授は熱心に私の話に耳を傾けてくれ
  • 3:00 - 3:01
    嬉しいことに こう言われました
  • 3:02 - 3:04
    「それがあなたのやりたいことで
    あなたにとって意味のあることなら
  • 3:04 - 3:06
    やりましょう
  • 3:06 - 3:09
    ペアレント・トレーニングのプログラムが
    戦争に巻き込まれた家族にも
  • 3:09 - 3:11
    有効なのか検証する手法を
    考えましょう」と
  • 3:12 - 3:15
    それから5年にわたり 私と
    博士課程で一緒に活動した
  • 3:15 - 3:17
    カラム教授とキム・カートライト博士とで
  • 3:17 - 3:20
    戦争や避難を経験した家族を
  • 3:20 - 3:22
    支援する方法を模索してきました
  • 3:24 - 3:27
    紛争を経験した家族を
    手助けする方法や
  • 3:27 - 3:28
    子供を支援する方法を知るには
  • 3:28 - 3:32
    彼らが何に悩んでいるのか
    聞くことが先決でしょう
  • 3:32 - 3:33
    どうですか?
  • 3:34 - 3:35
    当たり前ですよね
  • 3:35 - 3:37
    それでも たいていの場合
    支援の対象にしようとしている
  • 3:37 - 3:39
    最も傷ついている人々とは
    接触が少ないものです
  • 3:39 - 3:40
    最も傷ついている人々とは
    接触が少ないものです
  • 3:40 - 3:43
    対象者とまず接触しなくても
    正しい支援の方法なんてわかっていると
  • 3:43 - 3:47
    決めつけたケースは多いはずです
  • 3:47 - 3:51
    私はシリアとトルコの
    難民キャンプを訪れ
  • 3:51 - 3:53
    家族と向かい合って 話を聴きました
  • 3:54 - 3:57
    子育ての難しさを教えてもらい
  • 3:57 - 3:59
    子育ての悩みに耳を傾け
  • 3:59 - 4:01
    彼らが助けを求めていると知りました
  • 4:02 - 4:04
    言葉に詰まる状況もありましたが
  • 4:04 - 4:06
    そういった場合は 彼らの手を握って
  • 4:06 - 4:08
    涙を流し お祈りすることしか
    できませんでした
  • 4:09 - 4:11
    何に悩んでいるのか教えてもらい
  • 4:11 - 4:15
    つらくて厳しい
    難民キャンプでの生活状況のせいで
  • 4:15 - 4:18
    綺麗な水の入手など
    日常的な雑用以外のことには
  • 4:18 - 4:20
    目を向けられないと聞きました
  • 4:21 - 4:23
    子供が心を閉ざしてゆく姿を
    目の当たりにしたそうです
  • 4:24 - 4:27
    悲しみや抑うつ 怒りを抱える姿や
  • 4:27 - 4:30
    おねしょや おしゃぶり
    騒音に怯える姿
  • 4:30 - 4:32
    悪夢に怯える姿をです
  • 4:32 - 4:34
    非常に恐ろしい悪夢です
  • 4:35 - 4:39
    私たちがテレビで目にした惨状を
    実際に経験していた人々なのです
  • 4:39 - 4:40
    キャンプにいる母親は
  • 4:40 - 4:43
    約半数が 戦争で未亡人になったり
  • 4:43 - 4:45
    夫の生死すら分からない
    といった状況だそうで
  • 4:45 - 4:48
    こういった状況に対応する難しさを
    語ってくれました
  • 4:49 - 4:54
    子供の変化を目の当たりにしながら
    何をしてやればいいかわからず
  • 4:54 - 4:57
    子供の質問にどう答えていいかも
    わからないと語ってくれました
  • 4:57 - 5:01
    子供を支えたいという
    家族の意欲を知って
  • 5:01 - 5:06
    私はとても驚き 刺激を受けました
  • 5:06 - 5:08
    さまざまな困難があるにもかかわらず
  • 5:08 - 5:10
    子供を助けようと必死なのです
  • 5:10 - 5:14
    さまざまな方面に支援を求め
  • 5:14 - 5:16
    NGO団体や難民キャンプの教師
  • 5:16 - 5:17
    医療関係者 他の親などと
    連絡を取っていたのです
  • 5:17 - 5:18
    医療関係者 他の親などと
    連絡を取っていたのです
  • 5:19 - 5:22
    ある母親はキャンプ生活
    たった4日目にして
  • 5:22 - 5:24
    すでに2回も支援を求め
  • 5:24 - 5:26
    8歳の娘を助けようと
    奔走していました
  • 5:26 - 5:28
    娘さんは ひどい悪夢で
    苦しんでいたそうです
  • 5:30 - 5:33
    残念ながら こういう努力は
    あまり効果がない場合が多いです
  • 5:34 - 5:36
    難民キャンプの医師と話ができても
  • 5:36 - 5:38
    彼らは忙しすぎて手が回らないか
  • 5:38 - 5:42
    子育て支援の基礎知識がなかったり
    そういった支援に時間が取れないのです
  • 5:42 - 5:45
    難民キャンプの教師や他の親たちも
    似たような状況です
  • 5:46 - 5:50
    彼らも 新たなニーズに悩む
    難民コミュニティの住人に過ぎません
  • 5:51 - 5:53
    そこで 私たちは考えました
  • 5:54 - 5:56
    どうやったら
    子育て支援ができるだろうかと
  • 5:57 - 6:01
    彼らの悩みは 自力で対応できないほど
    大きな問題なのです
  • 6:01 - 6:03
    シリア危機で明らかになったのは
  • 6:03 - 6:08
    個別の事情に対応していくのが
    いかに非現実的かということでした
  • 6:08 - 6:10
    その代わりに何ができるでしょう?
  • 6:10 - 6:14
    集団レベルでお金をかけずに
    彼らを支援できる方法はあるでしょうか?
  • 6:14 - 6:16
    集団レベルでお金をかけずに
    彼らを支援できる方法はあるでしょうか?
  • 6:17 - 6:20
    こんなに恐ろしい状況でも
    有効な方法でなければなりません
  • 6:21 - 6:23
    NGO団体の職員と
    何時間も話し合いを重ねたのち
  • 6:23 - 6:26
    素晴らしく革新的なアイデアが出ました
  • 6:26 - 6:31
    配給用のパンの包み紙に
    子育てに関するリーフレットを添えるのです
  • 6:31 - 6:35
    シリアの紛争地帯では人道支援団体から
    各家族にパンの配給がありました
  • 6:35 - 6:37
    シリアの紛争地帯では人道支援団体から
    各家族にパンの配給がありました
  • 6:37 - 6:39
    それが私たちの取り組みでした
  • 6:39 - 6:42
    配給用のパンの包み紙は
    従来と全く同じでしたが
  • 6:42 - 6:44
    包み紙と一緒に2枚の紙を
    添えるようにしました
  • 6:45 - 6:50
    1枚目は親への基本的なアドバイスや
    情報が書かれたリーフレットで
  • 6:50 - 6:53
    親が体験していることや
    子供が体験していることは
  • 6:53 - 6:55
    この状況では起こって当然だと知らせ
  • 6:55 - 6:59
    自分や子供を支えるための
    方法についても記載しました
  • 6:59 - 7:03
    子供に話しかける時間を
    設けることや
  • 7:03 - 7:05
    愛情をもっと示してあげること
  • 7:05 - 7:07
    根気強く子供に接してあげることや
  • 7:07 - 7:09
    話しかけること といった内容です
  • 7:09 - 7:12
    2枚目は親からの感想を求める
    アンケート用紙でした
  • 7:12 - 7:14
    もちろん ペンも添えました
  • 7:14 - 7:18
    単なるリーフレットの配布に
    終わったのでしょうか?
  • 7:18 - 7:21
    それとも 温かみがあり 安心で
    愛情あふれる子育てに繋がるような
  • 7:22 - 7:25
    心理面の応急処置として
    有効な方法だったのでしょうか?
  • 7:25 - 7:29
    私たちはなんとか1週間で
    3000部のリーフレットを配布し
  • 7:30 - 7:34
    アンケートの回収率は
    驚くことに60%もありました
  • 7:34 - 7:38
    3000世帯のうち
    60%から反応があったのです
  • 7:38 - 7:41
    今日は研究者の方が
    何人いるのか分かりませんが
  • 7:41 - 7:43
    これは素晴らしい回収率と
    言えるでしょう
  • 7:43 - 7:46
    マンチェスターでも こんな数字が出れば
    大きな成果だと言えるのに
  • 7:46 - 7:49
    ましてやシリアの紛争地帯です
  • 7:49 - 7:53
    このようなメッセージが難民世帯にとって
    いかに重要だったかが分かります
  • 7:55 - 7:59
    回答を見るのが待ち遠しく
    期待で胸がいっぱいだったのを覚えています
  • 7:59 - 8:02
    彼らは何百もの言葉をくれました
  • 8:02 - 8:04
    非常に好意的で励みになるものばかりでした
  • 8:04 - 8:06
    私のお気に入りは
  • 8:06 - 8:09
    「私たちや子供たちのことを
    覚えてくれていてありがとう」です
  • 8:10 - 8:12
    結論として 私たちが行った支援では
    心理面の応急処置を提供できる他
  • 8:12 - 8:15
    結論として 私たちが行った支援では
    心理面の応急処置を提供できる他
  • 8:15 - 8:17
    家族からの感想も もらえることが
    わかりました
  • 8:17 - 8:20
    このやり方は
    他の配給品でも活用できます
  • 8:20 - 8:24
    例えば 粉ミルクや
    生理用品の配給
  • 8:24 - 8:26
    食料品だって同じです
  • 8:28 - 8:30
    でも もっと身近に考えましょう
  • 8:30 - 8:31
    難民問題は
  • 8:31 - 8:34
    私たち1人1人に
    影響を与えているのですから
  • 8:35 - 8:39
    難民に関する統計データや写真は
    日常的に目にする情報ですし
  • 8:39 - 8:41
    驚くことではありません
  • 8:41 - 8:42
    なぜなら 先月までに
  • 8:42 - 8:45
    100万人以上もの難民が
    ヨーロッパに到達したのです
  • 8:45 - 8:46
    100万人です
  • 8:47 - 8:50
    難民が私たちの地域社会に加わり
  • 8:50 - 8:52
    隣人となりつつあります
  • 8:52 - 8:54
    彼らの子供は私たちの子供と
    同じ学校に通っています
  • 8:55 - 8:59
    そこで リーフレットに手を加え
    ヨーロッパの難民のニーズに合うようにし
  • 9:00 - 9:02
    大量の難民が流入した地域では
  • 9:02 - 9:05
    オンラインで自由に閲覧できるようにしました
  • 9:05 - 9:08
    例えば スウェーデンの
    ヘルスケア系ウェブサイトでは
  • 9:08 - 9:10
    リーフレット掲載後 最初の45分で
  • 9:10 - 9:13
    343件のダウンロードがありました
  • 9:13 - 9:15
    この取り組みで明確になったのは
  • 9:15 - 9:18
    心理面の応急処置に関するメッセージを
  • 9:18 - 9:21
    ボランティアや医療従事者 親が
    自由に見られることの重要性です
  • 9:23 - 9:29
    2013年 私は難民キャンプのテントで
    固く冷たい床に座っていました
  • 9:29 - 9:33
    母親たちに囲まれ
    グループ面接調査を実施していたのです
  • 9:33 - 9:36
    向かいには老婦人が座っており
  • 9:36 - 9:39
    傍らには 13歳くらいの女の子が
    横たわっていました
  • 9:39 - 9:42
    彼女は頭を老婦人の膝にのせていました
  • 9:42 - 9:45
    面接調査が続く間
    その子は静かに横たわり
  • 9:45 - 9:46
    一言も喋りませんでした
  • 9:46 - 9:48
    膝を胸に抱えて
    じっとしたままでした
  • 9:49 - 9:51
    調査が終わりに近づき
  • 9:51 - 9:54
    私が母親たちに向かって
    感謝の言葉を述べると
  • 9:54 - 9:57
    老婦人が私を見つめながら
    その子を指さしてこう言いました
  • 9:57 - 9:59
    「…してくれますか?」と
  • 10:00 - 10:02
    私は何を求められているのか
    よくわからないまま
  • 10:02 - 10:04
    女の子の方を見てにっこり笑い
  • 10:04 - 10:06
    アラビア語で尋ねました
  • 10:06 - 10:08
    「Salaam alaikum. Shu-ismak?」
  • 10:08 - 10:09
    「あなたのお名前は?」と
  • 10:10 - 10:12
    彼女は非常に混乱し うつろな様子で
    私の方を見て
  • 10:12 - 10:14
    「Halul」と言いました
  • 10:15 - 10:19
    「Halul」は アラビア語の女性名「Hala」に
    対応する愛称であり
  • 10:19 - 10:22
    非常に幼い女の子にしか
    使われない呼び名です
  • 10:23 - 10:27
    その時点で 彼女はおそらく
    もっと年上なのだと気付きましたが
  • 10:28 - 10:32
    実は3人の子を持つ
    25歳の母親でした
  • 10:33 - 10:37
    彼女は自信たっぷりで 快活で明るく
    愛情深くて面倒見の良い母親でしたが
  • 10:37 - 10:38
    彼女は自信たっぷりで 快活で明るく
    愛情深くて面倒見の良い母親でしたが
  • 10:38 - 10:40
    戦争で人生が一変しました
  • 10:41 - 10:45
    爆弾の攻撃を受けた町で
    生活を送ってきたのです
  • 10:45 - 10:48
    爆発を切り抜けたのでした
  • 10:48 - 10:51
    住んでいた建物の周りに
    戦闘機が飛び回り
  • 10:51 - 10:52
    爆弾を落とした時
  • 10:52 - 10:55
    彼女の子供たちは叫び
    騒音に怯えていました
  • 10:55 - 10:58
    彼女は必死で枕を手繰り寄せ
    子供たちの耳を塞ぎ
  • 10:58 - 10:59
    騒音を遮ろうとしました
  • 10:59 - 11:01
    その間 彼女は叫んでいました
  • 11:02 - 11:04
    難民キャンプにたどり着いて
  • 11:04 - 11:07
    ある程度の安全が
    やっと確保できたと知った彼女は
  • 11:07 - 11:10
    まるで子供に戻ったように
    完全に心を閉ざしてしまったのです
  • 11:11 - 11:13
    家族を完全に拒絶し
  • 11:14 - 11:16
    母でも 妻でもなくなりました
  • 11:17 - 11:19
    もはや耐えきれなかったのです
  • 11:21 - 11:23
    これは 非常に厳しい結末を迎えた
    子育ての悩ましい事例ですが
  • 11:24 - 11:25
    残念なことに よくある話なのです
  • 11:25 - 11:28
    武力衝突を経験した人や
    その結果 住む場所を追われた人は
  • 11:28 - 11:31
    深刻な心の苦しみを抱えることになります
  • 11:32 - 11:34
    これは私たち全員に関わる話でもあります
  • 11:35 - 11:38
    もし悲惨な状況に置かれてしまったり
  • 11:39 - 11:42
    大事な人やものを
    失ってしまったりしたら
  • 11:43 - 11:45
    どうやって対応していきますか?
  • 11:47 - 11:50
    そんな状況でも自分や家族を
    気にかけることができるでしょうか?
  • 11:51 - 11:55
    子供が 心身ともに
    すくすくと育っていくには
  • 11:55 - 11:58
    幼少期に質の良い生活を送ることが
    欠かせないことや
  • 11:58 - 12:03
    15億人もの人々が
    武力衝突を経験しており
  • 12:03 - 12:06
    身近な地域社会にも
    多くの避難民が加わっていることを考えると
  • 12:06 - 12:08
    彼らを見過ごす訳にはいきません
  • 12:08 - 12:11
    戦争や避難を経験している人々が
    助けを求める声に手を差し伸べましょう
  • 12:13 - 12:15
    紛争に巻き込まれた家族の声を
    重視しなければなりません
  • 12:15 - 12:20
    国内で避難民となった家族も
    国外で難民となった家族も同じです
  • 12:21 - 12:26
    NGO職員や 政策立案者
    WHO、UNHCRに限らず
  • 12:26 - 12:30
    私たち1人1人が 彼らの助けを求める声を
    重視しなければなりません
  • 12:30 - 12:34
    社会で果たす役割は違ってもです
  • 12:36 - 12:41
    紛争の中で生きる人々を
    1人1人認識するようになり
  • 12:41 - 12:45
    人々の顔に浮かぶ 複雑な感情に
    気がつけるようになれば
  • 12:45 - 12:47
    同じ人間だと 理解できるでしょう
  • 12:48 - 12:51
    助けを求める彼らの声が
    聞こえるようになりますし
  • 12:51 - 12:52
    その声は 生身の人間のものです
  • 12:54 - 12:57
    彼らの声が 重視されるようになれば
  • 12:57 - 13:00
    人道的な活動として
    子供たちに与えられる支援でも
  • 13:00 - 13:05
    家庭の大きな役割が認識され
    重視もされるでしょう
  • 13:06 - 13:08
    家庭内のメンタル・ヘルスは
    国際的な問題として
  • 13:08 - 13:10
    大きく 広まることでしょう
  • 13:11 - 13:15
    子供は 避難先の国で
    社会福祉サービスを利用しなくて済むでしょう
  • 13:15 - 13:16
    子供は 避難先の国で
    社会福祉サービスを利用しなくて済むでしょう
  • 13:16 - 13:19
    早いうちから
    家庭がサポートを受けられるからです
  • 13:21 - 13:23
    そして 地域社会に流入する避難民に
    私たちはもっと心を開き
  • 13:23 - 13:25
    友好的で 気遣いがあり
  • 13:25 - 13:29
    彼らにとって
    信頼しやすい隣人となるでしょう
  • 13:30 - 13:32
    戦争は終わりにしなければなりません
  • 13:33 - 13:37
    飛行機からプレゼントが降ってくる夢を
    子供が見られるような世界を築かねばなりません
  • 13:37 - 13:39
    爆弾ではダメです
  • 13:39 - 13:43
    世界中で巻き起こる戦争を
    終わらせない限り
  • 13:43 - 13:46
    家族は避難を余儀なくされ
  • 13:46 - 13:47
    子供たちの状況は危険なままです
  • 13:48 - 13:51
    子育てに対する支援を
    改善できれば
  • 13:51 - 13:56
    戦争と心理的な問題の関係性を
    弱めることができるのかもしれません
  • 13:56 - 13:58
    子供たちにとっても 家族にとっても
  • 13:59 - 14:00
    ありがとうございました
  • 14:00 - 14:02
    (拍手)
Title:
紛争地帯でも子育て支援の手を差し伸べよう
Speaker:
アーラ・エル=カーニ
Description:

戦争で家を破壊された家族は、どうやって子供たちの安全を確保し、安心感を再び与えられるのでしょう?心が温まるようなこのトークでは、心理学者のアーラ・エル=カーニが自身の研究を紹介し、シリアの内戦で影響を受けた難民の家族に対する支援活動や、彼らから学んだことを教えてくれます。エル=カーニは、「温かくて揺るぎない愛情を必要とする子供たちに寄り添えるよう、親たちを支援するにはどうしたらいいでしょう?」と問いかけます。

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Project:
TEDTalks
Duration:
14:16

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions