Japanese subtitles

← 04-21 Weather Table Columns Solution

04-21 Weather Table Columns Solution

Get Embed Code
6 Languages

Showing Revision 2 created 04/26/2015 by Udacity.

  1. Weatherテーブルには とても重要な
  2. 天気が発生する場所の位置データは格納しません
  3. 場所については別のテーブルを使うからです
  4. 別のテーブルを使うことには長所があります
  5. 各レコードに位置をコピーする必要がないので
    効率がよくなるだけでなく
  6. 天気予報のレコードを1つ1つアップデートせずに
  7. 位置情報をアップデートできるようになるのです
  8. これを実装するため LocationテーブルのIDを
    参照したWeatherテーブルに列を追加し
  9. WeatherとLocationのテーブルを関連づけます
  10. この列は別のテーブルで一意のIDを持つ
    外部キーとして識別され
  11. 制約がついて作成されます
  12. どのように見えますか?
  13. Weatherテーブルの列のリストには
    LOCATION_IDがあります
  14. そのIDはLocationテーブルのIDを指しています
  15. 内部結合と呼ばれる操作を行うために
    このLOCATION_IDを使うことができます
  16. 内部結合は異なるテーブルの2つの行から
    クエリしたデータを結合して1つの行にします
  17. こうしてテーブルを作成すると
    両方のテーブルから列の組み合わせを得られます
  18. この場合 Locationテーブルから
    Location Queryが得られ
  19. 日付、説明、最低気温と最高気温が
    Weatherテーブルから得られます